2018年11月19日

ニンニクの様子

うちではジャンボニンニクをずっと累代栽培してきました。
他のニンニクも何度か挑戦はしてきたのですがことごとく失敗しました。
ジャンボは匂いが控えめで残らないので仕事に行く前でも食べれる便利さはあるのですが、
やはり匂いも旨みの一部ととらえると多少の物足りなさもあります。
そこで今回はニンニクの増産に踏み切りました。

とりあえず、ニンニクの様子です。

ニンニク2018.11.16.jpg

わかり辛いとは思いますが左がここ何年かジャンボを栽培してきたニンニク専用スペースでして、
右が今回ニンニク専用にすることにしたスペースです。
約3倍くらいに増やしました。

ではまずは今回初めて栽培を始めた品種です。

平戸2018.11.16.jpg

見た目ではわからないと思いますが平戸という品種です。
暖地系で匂いと味の強さが特徴なんだそうです。
タネを28個埋めまして25株発芽しました。

こんな感じの株です。

平戸ニンニク2018.11.16.jpg

細くてヒョロっとしていて何だか頼りないです。
こういう品種なのかどうなのか・・・
順調なのかどうなのか・・・

次は3年ぶりとなるこの品種です。

赤丸2018.11.16.jpg

豆を栽培中の場所です。
これも見た目ではわからないと思います。
赤丸という品種です。
これも暖地系でピリ辛な味が特徴です。
8個埋めましてすべて発芽しました。

こんな感じになっています。

赤丸ニンニク2018.11.16.jpg

やたらに葉っぱが多いですよね。
本来1本だけ発芽してくるはずなのですがすべて複数本出てきました。
多いのは5本もあります。
これって1本に減らした方がいいのでしょうか?
何か問題が起こっているのか・・・
でもどうなってしまうのか見てみたくなってしまうのが馬鹿な私の性でして・・・
とりあえずこのままで行きます。

最後はジャンボです。

ジャンボ2018.11.16.jpg

こちらも豆を栽培中です。
18個埋めましてすべて発芽しました。
9年目の累代栽培です。

こんな感じです。

ジャンボニンニク2018.11.16.jpg

太くてしっかりとした葉っぱが元気よく伸びています。
もう見るからに順調という感じです。
同じ土地でずっと栽培してきましたのでうちの過酷な粘土質にも適応したようですね。
今回はかなり期待できそうな予感がしています。

そしておまけです。

ジャンボむかご2018.11.16.jpg

わかり辛いとは思いますが細いのが3株あります。
これはジャンボを収穫する時に毎回ついてくるムカゴのようなタネを埋めておいたんです。
10個くらいは埋めましたが3個だけ発芽しました。
これまで何度もムカゴを埋めてきたんですが発芽したのは今回が初めてなんです。
土の中に残ってしまったのが自然に発芽したことはあったのですが、
自分で意図的に埋めたのはこれまでことごとく発芽しませんでした。
なので今回のこの3株は大いなる進歩であります。
ジャンボの収穫時期は7月ですがその時にはまだ鱗片に分かれていないはずです。
でも再来年に収穫するためのタネとしては有望な大きさになっているはずです。

いろいろと栽培している野菜の中ではジャンボニンニクが比較的うまく行っているので、
平戸や赤丸がうまく行くめどが立ったら更なる増産も検討しています。
実は今月中にスペイン産の紫ニンニクを埋めて栽培を開始しようかと思っているんです。
ニンニクを主力野菜にすべく頑張ります!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:52| Comment(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

大浦太ゴボウを収穫しました

粘土質で硬いうちの畑では最も困難だと思われるゴボウの栽培に久しぶりに挑戦しました。
春にタネを蒔いて生長とともに間引いて1本にして順調に来ているように見えていました。
そろそろ収穫期に入った頃なので試し掘りをしてみることにしました。

とりあえず、ゴボウの様子です。

ごぼう2018.11.7.jpg

もの凄いことになっていまして・・・
里芋でも生えているみたいな感じですね。
ワサワサで何がどうなっているのやら・・・

猛暑の中でもグングンと生長を続けまして大きな株になりました。

ごぼう葉っぱ2018.11.7.jpg

こう見るとどんなもの凄いのが埋まっているんだろうという感じがします。
大きな葉っぱが広がっているので雑草が抑えられています。

ごぼう株元2018.11.7.jpg

若い茎は食べれるそうなのですがまぁいいかなと。
ここまで立派な株になるとは予想を超えていました。

ということで2本だけ掘り出してみました。

ごぼう収穫2018.11.7.jpg

しょぼい・・・
地上部があれだけ立派な割りに根っこは普通の太さでして・・・
左のは横に伸びたり2本に分かれていたりでうまく生長できていません
右のは普通のゴボウならいい太さですがこの品種の太さでは無いですね。
そしてどちらも途中で折れてしまいました・・・
土が硬過ぎて引っこ抜けないどころかスコップで掘るのも一苦労でして・・・
土に栄養が足らなくて太らなかったのでしょうか?
それにしては葉っぱは大きいですよね。
それとも本格的な冬までにもっと太くなるのでしょうか?
今はなんとも判断しかねます。
冬の間にぼちぼちと収穫していきます。

収穫したゴボウを早速食べてみました。
普通ですねぇ・・・
普通のゴボウの味と食感でしてこの品種ならではというのは感じませんでした。
まぁそれも今はまだ判断しかねます。
次は12月にでも収穫してみます。
その時には極太のが収穫できるといいのですが・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:55| Comment(0) | ゴボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

富有を収穫しました

今年は落葉果樹が散々でして桃も梨もほぼ全滅でした・・・
台風を呪いたくなりましたよ・・・
でもそんな中、柿は無事でした。
とりあえず、柿の様子です。

柿2018.11.3.jpg

樹齢40年以上の西村早生は既に収穫を終えています。
この富有は晩成なので11月からが収穫時です。
台風の被害はほぼ無かったのですが3個しか実がなっていません。
2週間くらい前までは5個なっていたのですが、
ヘタムシの影響なのか適期までに熟してしまいました。
なので2個既に収穫して食べています。
そして味はイマイチでした・・・

実はこんな感じです。

富有2018.11.3.jpg

いい色になりました。
これくらいがちょうどいいくらいだと思います。
毎年樹上完熟にこだわるあまり適期を過ぎてしまうことが多かったので。

ということで収穫しました。

富有収穫2018.11.3.jpg

昨年は豊作だったのですが実は小さいのが多かったです。
今年は少ない代わりに大き目の立派な実です。

ということで早速食べてみました。
まあまあ甘くておいしいのですが、
店に売っているのと比べると甘さも旨みももうひとつかなと・・・
魚粉を大量に施肥したのですがあまり効果は実感できませんでした。
それだけでどうこうなるものでも無いのかもしれませんね。
やはり土作りができている上でのことなのでしょう。
魚粉は高価なのでほどほどの量にしておいて、
腐葉土とかを多めに施肥しようかと考えています。
果樹は本当に難しい・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

大根の様子

秋が深まってきていますが例年よりはまだ暖かい方ですかねぇ?
やっと秋蒔きのタネを蒔き終わりました。
どうなることやら・・・

そんな中、大根が生長を続けています。
とりあえず大根の様子です。

大根2018.11.2.jpg

毎年食べ切れずにトウ立ちさせてしまうので例年よりも数を減らしました。
毎度のごとく生長具合はまちまちです。
この方が少しずつ長く収穫できるので家庭菜園には都合がいいのですが、
初期生長の遅いのは結局あまり大きくならないことが多いです・・・
今年も2種類栽培します。

まずはこの普通の大根です。

宮重2018.11.2.jpg

宮重総太りです。
全部で8株あります。
多少は葉っぱが虫に食われていますが問題無さそうです。
虫に強いので無農薬栽培に適していますね。

今のところこんな感じです。

青首大根2018.11.2.jpg

まだ細いです。
これから冬にかけてだんだんと太っていきます。
青首大根なので上にも伸びていきます。

次は2010年に栽培を始めて8年目の巨大大根です。

桜島2018.11.2.jpg

桜島です。
こちらは4株あります。
2年目からはタネを自家採種しまして累代栽培してきました。
一番最初だけ巨大になったものの、
それからはあまり大きくできなかったり何とかそこそこ大きくなったり・・・
その年によって結構まちまちでした。

今のところこんな感じです。

桜島大根2018.11.2.jpg

先ほどの宮重よりも細いです。
桜島は寒波に当たらないと肥大化しません。
ひと株を除いては葉っぱが大きく広がってきているので今のところ順調です。
12月以降に急速に太ってくるはずです。

前回は桜島がイマイチな大きさでしたが今回はどうでしょうか?
同じ場所での栽培なので連作になってしまいます。
でも大根はそんなに連作を気にしなくてもいいはずですし、
うちのような自然農法ならなおさら問題無いはずです。
昨年よりは寒くなるペースが遅いので冬までにどのくらい葉っぱが大きくわさわさになれるかが勝負の鍵です。
久しぶりに巨大なのを収穫したいですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:43| Comment(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

キャベツの様子

うちの畑の鬼門の葉野菜。
白菜に続きキャベツも苦戦していまして・・・
とりあえずまぁキャベツの様子です。

キャベツ2018.10.26.jpg

6月から何度も何度も畑に直播きしたり庭でセルトレイに蒔いたりと、
もう四苦八苦の状態でして・・・
庭で育苗しようにも猛暑で枯れてしまったりでまともな大きさにならず、
9月まで試行錯誤を繰り返しましたが結局僅かしか残りませんでした。
24株の予定が10株もありません・・・
生長が遅いのですぐに雑草に覆われてしまいます。

そんな中でもマシな状態なのはこんな感じです。

紫キャベツ2018.10.26.jpg

場所からして6月か7月に蒔いたタネからのだと思うのですが、
3・4ヶ月も経っていてこんな大きさでしかないなんてもう論外ですね。
最終的には結球するかもしれませんが来年の夏までかかりそうです・・・

そして小さいのはこんな感じです。

レッドエーカー2018.10.26.jpg

9月に蒔いたのだと思います。
猛暑が過ぎて最も生長に適した気温だというのにこれですよ・・・
それに見ていただいてわかるかと思いますが土がカラカラなんです。
水はけが悪くて雨が降ると田んぼのようになって、
水もちが悪くて晴れの日が続くとカチカチになってしまうんです。
この粘土質の土地では葉野菜を不耕起で栽培するのは厳しいのですかね?

ひたすら雑草を刈っては敷くを繰り返してきましたが、
いまだに葉野菜がグングン育つ土にはなっていないようです。
根野菜は当初から普通にできていただけに歯がゆいんですよ。
こう毎年毎年ダメだと何のためにやっているのかわからなくなってしまいます。
意地と理想を貫くか?
実利を取るか?
春までゆっくりじっくり考えます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:20| Comment(0) | キャベツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする