2020年03月15日

桜島大根を収穫しました

お久しぶりです。
毎日土作りの作業に追われてヘトヘトです。
なりふりかまわず徹底的にやっております。
そんな中、冬野菜の時期も終わりが近づいてきました。

とりあえず大根の様子です。

大根2020.3.9.jpg

もうとっくにすべての収穫を終えているような時期なのですがまだ残っています。
例年よりも少なめに栽培したのですがそれでもなかなか減りませんでした。
青首大根と白首大根は葉っぱを切ってトウ立ちを防ぐ処置をしてあります。

桜島大根はこんな感じです。

桜島大根2020.3.9.jpg

こちらも先月に入ったくらいからトウ立ちが始まりまして中央部だけ刈ってあります。
これだとしばらくするとまたトウが出てくるので不完全なのですが、
生長具合がイマイチだったので葉っぱを残しておいていました。
でもあまり大差なかったようです。

ということで収穫しました。

大根収穫2020.3.9.jpg

全然小さい手のひらサイズです。
今年も失敗に終わりました。
形はいかにも桜島な感じなんですがねぇ・・・

早速炊いて食べてみました。
かなりスが入っているのではと思っていたのですが大丈夫でした。
普通においしく食べることができました。

初めて栽培した時はこの10倍くらいの大きさになったのですが、
年々土地の栄養を吸い尽くしたかのごとく大きくならなくなりました。
もうそろそろ潮時のような気がしています。
仮に巨大化したとしてもそれはそれで食べ切るのが大変ですので、
桜島に関してはこれにて栽培終了とします。
代わりとして聖護院を検討しています。

まだまだ寒いですが着実に春が近づいてきていますね。
今月の下旬くらいから種蒔きを開始する予定です。
土作りを優先しつついろんな野菜を栽培して行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:48| Comment(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

デコポンを収穫しました

ついに強烈な寒波が来ましたね。
うちの地方でも少しですが雪が降りました。
そしてその前にやらねばということでデコポンの収穫をしました。

とりあえず、デコポンの様子です。

不知火2020.2.5.jpg

左右でもの凄い大きさが違ってしまいました。
左の株を先に植えていますが、
なかなか大きくならないし実もならないしであきらめかけていた時に、
ホームセンターで実付きで売っていた苗を買ったのが右の株なんです。
その時点では大きさは大差無いどころか右の方が若干太いくらいでした。
果樹に関しては無農薬無肥料をあきらめてからグングンと生長が始まりました。

左の株はこんな感じです。

早生デコポン2020.2.5.jpg

早生デコポンです。
どうやら真鍋不知火という品種のようです。
普通のデコポンよりも酸が抜けるのが少し早いのだそうです。
これも少しならせ過ぎですね。
摘果する余裕が無かったのもありますが、
最初はそんなになっているように見えないんですよね・・・

右の株はこんな感じです。

デコポン2020.2.5.jpg

こちらは普通の不知火です。
当初はもっとなっていたのですが落ちてしまいました。
このくらいの大きさの木にはこれでもまだ多いくらいといいますか、
全部摘果して栄養を木の生長にまわすべきでしょうか?
でもまぁ年々ほんの少しずつですが収穫量は増えてきています。

ということで収穫しました。

早生デコポン収穫2020.2.5.jpg

62個写っていますが帰りがけに2個木にまだ残っているのを見つけました。
なのでトータルでは64個です。
昨年に100個以上もならせてしまったので今年はどうなるかと思っていました。
当初はあまり実がならなかったなという感じだったのですが、
収穫してみれば今回もまたならせ過ぎでしたね。
この半分の30個くらいが適正かと思われます。

普通のデコポンの方は2月中旬くらいに収穫する予定だったのですが、
この強烈な寒波に当てない方がいいのではと判断しましてこちらも収穫しました。

デコポン収穫2020.2.5.jpg

7個だけです。
さっきのよりも寄りで撮影しているので大きいのも混ざっているように見えますが、
どれも小さいです。
こちらもせめて20個くらいは収穫できるようになりたいものです。

ただ今果樹の施肥作業を行っています。
今年は腐葉土と鶏糞と牛糞と苦土石灰にしました。
いろんな肥料がある中どれをどのくらいの量を施肥すればいいのか毎年迷います。
多ければ多いほどいいのか、やはり適量があるのか、
どう組み合わせるのがいいのか、
調べれば調べるほどにいろんなやり方があって頭が混乱してしまいます。
なので長年の勘でやるしかありません。
まだまだ試行錯誤は果てしなく続きそうです・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 03:36| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

晩白柚を収穫しました

うちの畑ではいくつも柑橘を栽培しているのですが、
それぞれの収穫時期は苗を買った時に付いていたタグに書いてあった通りにしていました。
でもネットで検索してみるとかなり違う時期が書いてある場合が結構あるんです。
地方によって気候も違いますからそういうのもあるのでしょうが、
それを考慮してもどのくらいがベストなのか判断が難しいんです。
ここ何年かずっと試行錯誤を続けているのですがいまだにこれと決めれていません・・・

そんな中、晩白柚の収穫をすることにしました。
とりあえず晩白柚の様子です。

晩白柚2020.2.1.jpg

先月の中旬に6個落ちまして下旬に5個落ちました。
予定では今週中に収穫予定だったのですが、
これはもう収穫してくれという合図だと判断しました。

今シーズンもたくさんの実がなりました。

晩白柚実2020.2.1.jpg

あんなに落ちていてもまだ全然ならせ過ぎな感じですね。
最初はピンポン玉程度の大きさなのでひしめき合っていません。
実が巨大化してからならせ過ぎに気が付いている有様です。
今年は台風の被害があまりなかったので助かりました。

ということで収穫しました。

晩白柚収穫2020.2.1.jpg

26個もあります。
この品種らしい大きさの実は5・6個程度ですね。
ほとんどは全然小さいです。
それほど大きくない木にこんなにならせたんですから当然です。
毎年今年こそはちゃんと摘果せねばと思いつつもやれていません。
このくらいの木の大きさなら10個くらいが適正だと思われます。
今年こそは見た目ではなくて必要な数だけ残す形できっちりと摘果するつもりです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 03:00| Comment(2) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする