2024年05月19日

穂先タケノコを収穫しました

ただいま急ピッチで作業を進めております。
梅雨入りまでに種蒔きや施肥を済ませなければならないのでモタモタしていられません。
毎年それがちゃんとできないのでうまく行かないわけです。
もう今年こそはやって見せますとも!

そんな中、毎年恒例のタケノコ取りを行いました。
とりあえず竹林の様子です。

IMG_7274.JPG

もはやうちの畑の土地の中には竹林というほど竹は生えていません。
かつては畑全域が竹林と化していたのを畑に開墾し直しまして、
この写真の範囲くらいを竹林として残していました。
でも今は土地の端っこの方に風除けのために生やさせているだけです。
それだけでもこの範囲にはいくらでも生えてきます。
かつてはいわゆるタケノコを掘り出していましたが、
今は高く伸びてしまったのを収穫しています。

畑の中から竹が激減したはずなのですが、
地下茎が再び畑の中央を目指して侵入してきています。

IMG_7275.JPG

果樹や野菜を栽培しているスペースでも生えてくるようになってしまいました。
これは何か対策が必要かもしれませんが相手が竹となると・・・
もういっそのこと完全に枯らしてしまいたい気もしています。

と言うことで収穫しました。

IMG_7276.JPG

タケノコと違って切るだけなのでとても楽です。
この穂先を皮を剥いて中身を取り出します。
そのやり方に関しては当ブログで何度も解説していますので竹のカテゴリーを参照してください。

処理が終わった状態がこれです。

IMG_7277.JPG

これがいわゆる穂先タケノコです。
これで20〜30本分くらいはあります。
細い竹そのもののように見えますがタケノコよりも柔らかくてアクも無いので調理がしやすいのです。
ただまぁ食感に関してはタケノコの方が良いかもしれません。
この撮影をしたのは4月下旬でしてもうとっくにすべて食べ終わっています。
毎年恒例の春の味覚だなと言う感じだったのですが、
うちの母がこんなの食べたく無いと言い出しまして・・・
ここ何年かずっと毎年食べていたのにそれを忘れてしまって拒絶反応を起こしてしまいました。
タケノコの方がいいとのこと。
3月から5月にかけては一番忙しい時期なのでタケノコを掘るのが肉体的にも時間的にもとても負担なんです。
来年からはタケノコと穂先タケノコの両方ともほんの少しずつだけ収穫するか、
もういっそのこと収穫はやめてしまうかで検討しております。
タケノコは繊維質なので埋めれば土作りに使えそうな気がしていますので、
今後はそう言う方向性で行こうかと考えています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 04:02| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月01日

新たな畑の様子 4/25

早くどんどん作業を進めたいのにまた雨で足止めを食らっています・・・
天気予報もコロコロ変わっていて計画を立て辛いです。
そんな中、新たな畑でも今シーズンがスタートしました。
とりあえず、畑の様子です。

IMG_7268.JPG

全体的に雑草は生えていますが草丈も低いですし大した量でもありません。
昨年に春から秋にかけて毎月除草剤を散布してきた効果もあるでしょうけれど、
それは自然農法の畑でも同じなのですがあちらはもの凄く草ぼうぼうです。
何が違うのかと言えばやはり土質です。
砂地は雑草が蔓延りにくいのかもしれません。
それに土が柔らかいので引っこ抜くのがとても簡単です。
むしろこちらの畑の方が除草剤を使わなくても楽に雑草と付き合って行けそうな気がしています。

ではまずは柚子です。

IMG_7269.JPG

昨年もかなりバッサリと剪定したのですが収穫にはほとんど影響が無かったので、
今年はさらにゴッソリと剪定しました。
もうここまでやってしまったら収穫量もゴッソリ減るだろうと思っているのですが、
見ての通りたくさん蕾が出てきています。
例年ほどでは無いでしょうけれど今年もかなりの数はなりそうです。
スッキリとした樹形になったので今後は収穫や剪定がだいぶ楽になりそうです。

次はほうれん草です。

IMG_7270.JPG

昨年の秋に1メートル四方の範囲で25ヶ所に種蒔きしました。
それぞれに結構多めにタネを蒔きましたが大量に発芽したところもあれば全くしなかったところもありました。
生長具合もマチマチです。
そして発芽後の生長スピードはとても遅かったです。
もう全滅かなと何度も思いました。
葉物が砂地だとどうなるのか興味津々でしたが、
こういうところは粘土質の畑と大差ありませんでした。
事前に肥料を埋め込んであるのですがそれでもこの程度でした。
まだ始めたばかりですし私のやり方がうまくないのかもしれないので結論を出すのは早計ですが、
葉物には砂地もあまり合っていないと言う感じがしています。
数日前に奥の半分の生えていないスペースに種蒔きしました。

次はタマネギです。

IMG_7271.JPG

どこにそんなものが?と思われるかもしれませんが、
小さくて尖った感じのものが出ているのがわかりますでしょうか?
こちらも秋にこの付近に種蒔きしましてこの撮影の数日前に植え替えました。
こちらは発芽率は結構高かったと思うのですが、
その後の生長は遅くて細いまま冬になってしまいました。
本来ならもっと大きくなった状態で植え直すのでしょうけれど、
春になってしまったのでそのまま強行しました。
これもおそらくダメだろうなぁ・・・

次はトマトです。

IMG_7272.JPG

こちらはこの撮影の直前に苗を買ってきて植えています。
すべて接木苗です。
どれも赤の大玉ですが品種はそれぞれ違うのにしました。
昨年は2株でしたが今年は倍の4株に増やしました。
栽培期間中はトマトに関しては自給自足ができることを目指しています。

最後はスイカです。

IMG_7273.JPG


昨年は左側はキュウリを植えましたが今年はどちらもスイカにしました。
キュウリは粘土質の畑でも問題なく栽培できると言いますか、
むしろあちらの方が収量が多いので今回はこちらでの栽培は見送りました。
どの品種にしようかかなり迷いました。
大玉とか種無しにチャレンジしてみようかとも考えたのですが、
今回もどちらも小玉にしました。
うちの家族で食べるには大玉では多いので・・・
右が赤肉で左が黄肉です。
こちらもすべて接木苗です。
スイカは摘蕾や摘蔓の世話が必須なのでこれからが大変ですね・・・

そんなこんなでこちらの畑もいろいろと始まっております。
そしてまだまだいくつも種蒔きを予定しています。
畑を2つに庭でも栽培していてもはや体がもたない状況になってきていますが、
それでも全力でトコトンやり切る覚悟です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月28日

スナップエンドウを収穫しました

今年も土作りが最優先で栽培は片手間にせざるを得ません。
なので新たにタネは買わずに残っているのを処理して行きます。
スナップエンドウは2年半前に空豆が全く発芽しなかった時に、
代わりに急遽買ってきたダイソーのタネです。
2袋で100円ですし他に必要なのが無かったので同じのを2袋買ったのですが、
発芽率が高かったこともあって毎年春と秋に蒔いてもずっと余っていました。
昨年の秋にやっと使い切りました。

と言うことでそのスナップエンドウの様子です。

IMG_7262.JPG

タネの袋にはつるありエンドウと書いてあるのにも関わらず、
これまでずっとネットを張ったことはありませんでした。
支柱を立てたことくらいはありましたが。
そんなデタラメな栽培でも毎回大収穫でしてよほど強健な品種なんでしょうね。
そのまま放置しておくほうが自然農法らしいのですが、
今はもう割り切っているので今回は初めてネットを張りました。
当然ですがちゃんとネットに絡みついて伸びて行くものですね。

今回もたくさんなりました。

IMG_7263.JPG

やはりネットにぶら下がってると見やすいですね。
これまでのような地這い同然の状態ではゴチャゴチャに入り乱れてしまいますので。

本来なら5月上旬から収穫なのですがもう膨らんできました。

IMG_7264.JPG

やはり気温が高いからでしょうか?
いい感じのきれいな鞘ですね。

でも中にはこんなのも・・・

IMG_7265.JPG

豆が膨らみ過ぎてしまって鞘の肌が荒れてしまいました。
これは収穫時期を過ぎてしまっているということです。
まだ本来の収穫期じゃ無いのにこうなるのは、
やはり気温が高いからでしょうか?

だからなのか株元がこんな感じになっていました。

IMG_7266.JPG

枯れ込んできています。
これはもう収穫期の終わり頃という感じに見えます。
来月上旬には枯れてしまいそうですね。

と言うことで収穫しました。

IMG_7267.JPG

大きくてきれいなのが多いです。
大収穫というほどではありませんが家族で食べるにはちょうどいいくらいの量です。
そしてもう既に食べています。
後もう1回くらいこの半分くらいは収穫できそうです。

タネを蒔いてネットを張った以外はほぼ放置で雑草にも負けずにたくさん収穫できる。
こんな楽で優良な品種なのですがだからこそ普通で面白く無いんです。
普通の在来固定種を累代栽培して行くのが自然農法なのですが、
私は何か特徴やインパクトが無いと意欲が湧かないんです。
まぁこんな性分であるが故に苦労が絶えないわけですですが、
変わった品種を無農薬無肥料でなんて虫が良過ぎますかねぇ・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エンドウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする