2017年06月25日

ジャンボニンニクを収穫しました

空梅雨かと思っていたらしばらく雨が続きそうですね。
果樹や野菜には恵みの雨ですが、
作業がしばらく進まなくなるので困っています・・・

そんな中、雨が降り出す前に収穫をしました。
とりあえずジャンボニンニクの様子です。

ニンニク2017.6.23.jpg

この草ボウボウの場所がニンニク専用スペースです。
5月に雑草を全て刈ったのですがひと月半でこの有様です。
雨が降っていなくても雑草の勢いは衰えません。
野菜もこのくらいの生命力があったらなぁ・・・

だいぶ枯れこんできました。

ジャンボニンニク2017.6.23.jpg

トウ立ちしなかった株は5月下旬くらいに枯れてきたので既に収穫しています。
そちらは鱗片に分かれていませんでした。
ジャンボの収穫時期は6月下旬から7月上旬です。
7月に入ってから収穫する予定だったのですが、
このまま置いておいてもこれ以上は大きくならないと思われるので収穫することにしました。

まずは自生している株から。

自生ジャンボニンニク収穫2017.6.23.jpg

これは農道に一番近い一番最初に野菜栽培を始めたスペースに生えていました。
ジャンボニンニクを初めて栽培した場所なんです。
ジャンボニンニクはむかごが発生するので、
それが収穫の時に土の中にまぎれてしまって、
いつの間にか秋になると芽が出てくるようになりました。
いかにも自然農法らしい現象ですが、
意図していない場所から生えてこられるとその後の管理がし辛いんです。
なので今回はむかごを土の中に残さないように慎重に掘り出しました。
割と大きな株が収穫できたのですが、
左の株を誤って真っ二つに切ってしまいました・・・
自分で埋めていないので深さがわかり辛いんですよね・・・

ということですべて収穫しました。

ジャンボニンニク収穫2017.6.23.jpg

10株中左の4株だけがどうにかギリギリジャンボと呼べる大きさですかね。
今年はかなり生育が良かったと思っていたのですが、
期待していたほどは大きくなりませんでした。
残りの6株は普通のニンニクの大きいレベル程度ですし。
不耕起で無肥料ですのでこれでも上出来と捉えられなくも無いですが、
しっかりと耕してしっかりと施肥をしたのと同等かそれ以上を目指しているので、
私としてはこれではまだまだ失敗です。

むかごもたくさん取れました。

ニンニクむかご2017.6.23.jpg

ひと株につき5・6個ほど発生します。
豆粒程度の大きさです。
小さいですがこれもちゃんとニンニクでして食べれます。
でもこれをタネに使うこともできます。
昨年に2・30粒ほどをスペースの端っこに埋めてみたのですが僅かしか発芽しませんでした。
これを大きな株まで生長させるには2年もかかるのですが、
また今年も埋めてみる予定です。

ニンニク栽培を開始して以来、最大の収穫量となりました。
毎年毎年次の栽培のタネの分くらいしか収穫できなかったことを思えば大躍進です。
やっと今年はまともに料理に使えそうです。
でもこの程度はできて当たり前。
やっとスタートラインに立てただけに過ぎません。
ここからが本当の勝負です。
いつか必ずこれぞジャンボだと言えるだけの巨大な株に育ててみせます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

桜島大根のタネを収穫しました

6月に入ってからは野菜ゾーンや山菜ゾーンの作業も開始しました。
もうすっかり草ボウボウになっていまして・・・
そのせいで大根のタネのことを忘れていました。
思い出してあわてて様子を見に行きました。

それではとりあえず桜島大根の様子です。

大根2017.6.5.jpg

雑草まみれで何が何だかわかりませんよね。
暖かくなってきたらあっという間に埋もれてしまいました。
でも確認してみたら無事のようでした。

ということで地上部を刈り取りました。

桜島大根2017.6.5.jpg

根っこの部分は少しだけ肥大化していましたが既にスカスカになっていました。
やはり茎が伸びて行って花が咲くと栄養をそっちに持って行くんですね。
こんなに大きくするつもりはなかったので冬の間に結構剪定したんですがどんどん枝が増えていくんです。

まだ花も残っていました。

桜島大根花2017.6.5.jpg

これが桜島大根の花です。
iPhoneのカメラ機能にだんだんと慣れてきたのでマクロ撮影もできるようになってきました。
この花の数だけタネが取れるわけです。

タネの入った莢がたくさんなっています。

桜島大根莢2017.6.5.jpg

十分に乾燥したのもあるんですがほとんどはまだまだ青いです。
ほとんどが乾くまでこのまま置いておくという手もあるのですが、
他の作業が忙しいので全部収穫することにしました。

乾いた莢の中のタネはこんな感じです。

桜島大根タネ2017.6.5.jpg

巨大になる大根だけあってタネも普通の大根よりは大きめです。
豆と同じで莢の大きさによって1〜3粒入っています。

ということで全て収穫しました。

桜島大根タネ収穫2017.6.5.jpg

ちょっと量が多過ぎますね・・・
こんなにあっても使いきれませんわ・・・
これを天日干しして乾燥させます。
すると先ほどのようなタネになります。

昨年に種蒔きをした時に発芽後の生長が一番良かった株をタネ取り用に使いました。
おそらく優良な素質を持ったタネだと思われます。
これを今年の夏の終わりから秋の始めにかけての間に種蒔きして栽培を開始します。
これまでで最大の巨大な大根になることを期待しています。
でもそれまでにやることが山積みですが頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

桃とネクタリンの摘果を開始しました

今年はもう果樹にかかりっきりになってしまっています。
まぁ野菜の方は今年は雑草まみれで栽培するつもりなのである程度は放置でもいいのですが、
他にもやることは山積みなのに手が付けれないので焦っています・・・
でも今月中には果樹の作業をひと段落させれそうなので来月からやっと次に進めそうです。

そんな中、桃の花が落ちまして実がなりました。
まずは桃の様子です。

桃2017.5.26.jpg

昨年に実の重みから枝が折れてしまったのですが、
春になったら新しい枝がどんどん伸びてきました。
かつては実のならせ過ぎで枯れそうになったこともありましたが、
いつの間にやら強健な株になりました。

そして実もなっています。

桃幼実2017.5.26.jpg

たくさんなっていますが昨年ほどではないですね。
でも木が小さいので2・30個もあれば十分です。
混み合っているところを最終的に1つに減らすのですが、
桃は毛があるので虫がつきにくいんです。
なのでこっちは後回しにして先にネクタリンから始めることにしました。

ということでネクタリンの様子です。

ネクタリン2017.5.26.jpg

冬にかなり剪定したんですがそれでもまだまだ木が大きいですね。
大木にしてしまってから段階的に切ってきましたが、
来年には理想としている大きさにできると思います。

実もたくさんなりました。

ネクタリン幼実2017.5.26.jpg

こまめに摘蕾しましたのでちょうどいいくらいの数だと思います。
ここからさらに摘果するのですが中にはこんな状態のもありまして・・・

ネクタリン虫食い2017.5.26.jpg

毎年のごとく虫に齧られてしまいました・・・
毎年袋掛けをする前にやられてしまうのでたまりません・・・
どうやら犯人はナメクジのようです。
毛が無いので齧られまくりです。
来年は花が咲いたら即対策を施します。

ネクタリンに関してはこの日に摘果と袋掛けを済ませました。
齧られた実と無事な実が半々で30個くらいでしょうか。
今年はちゃんとおいしい実が少しでも多く収穫できることを願っています。
桃も今月中には済ませる予定です。
さぁ次は野菜ですよ!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

穂先タケノコを収穫しました

もう既にタケノコのシーズンは終わっているのですが、
穂先タケノコというのを収穫しました。

とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.5.11.jpg

だいぶ草がボウボウになってきています。
果樹ゾーンの草刈りはだいたい終わっているのですが、
他はまだ全然でしてまた今年も手がつけれなくなりそうな悪寒がしています・・・

そんな中、またしてもやられました・・・

泥棒2017.5.11.jpg

竹の切り株に見えると思いますが、
これはまだ2〜3メートルに伸びたタケノコが切られた状態なんです。
太くて良さそうなタケノコを掘り出さずに残しておいて親竹にするつもりでした。
これまでタケノコ泥棒の被害はあったのですが穂先タケノコ泥棒は初めてですね。
それとも何が違った理由でしょうか?
とにもかくにも親竹用に残しておいたのを根こそぎやられました・・・

でもまだいくつかは残っていました。

タケノコ2017.5.11.jpg

あとから生えてきたあまり太くないタケノコです。
最初からこれを収穫するつもりでした。
この時期は伸びるスピードが速くて数日であっという間に高くなります。

ということで切りました。

タケノコ切った2017.5.11.jpg

必要なのは先端部だけなんですが切りやすい位置で切りました。

そして先端部だけ残しました。

タケノコ先端2017.5.11.jpg

先端から50cmのところで切りましてさらに先端から20cmのところで切った残り30cmの部分です。

これを縦に半分に切ります。

タケノコ中身2017.5.11.jpg

この中身がいわゆる穂先タケノコです。
皮を取り除きます。

I穂先タケノコ2017.5.11.jpg

これで1本の収穫完了です。
このあと7・8本くらい収穫しました。

翌日早速食べてみました。
穂先タケノコは柔らかくてアクが無いので下処理が不要なんです。
なのでいきなりそのまま料理に使えます。
鰹出汁で炊いてみました。
柔らかいとは言ってもそのままだとやはり少し硬いですね。
味も悪くないのですが米ぬかで下処理したタケノコよりは旨味が弱いような・・・
何かいい調理法があるといいのですが・・・

それにしても、また泥棒というか不法侵入者ですよ・・・
何年か前は柿をごっそりやられたこともあります。
監視カメラでも仕掛けてネットで公開してやろうかしら?
ハッキリと顔が映っていたら警察も動いてくれるでしょうか?
竹林を大幅に縮小する決意をしたのでどうせ伐採したかもしれませんが、
心血を注いでいる神聖な畑に他人に勝手に入られるのが我慢なりません。
本音では現場を押さえてその場で駆除してやりたいくらいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

ジャンボニンニクの様子

ジャンボニンニクの栽培を始めてから7年目。
最初に買った鱗片から累代栽培を続けてきました。
その年によってうまく行ったり行かなかったりでしたが何とか絶やすことはありませんでした。
昨年はイマイチな出来でしたが今年はどうでしょうか?

とりあえずジャンボニンニクの様子です。

ニンニク2017.5.3.jpg

この真ん中の場所がニンニク専用スペースです。
前日まで草ボウボウでしたがすべて刈って敷いてあります。
昨年までは赤丸も栽培していましたが今年はやめておくことにしました。
まともに収穫できなかったこともありますがどうにも土地に合っていないような気がします。
ジャンボニンニクで満足行くだけの巨大な株に育てることができたらまた考えます。

今年はかなり期待できそうな感じです。

ジャンボニンニク2017.5.3.jpg

大きく育っている株の割合が多いです。
昨年の秋に埋めてから順調そのものでした。
これだけコンスタントにうまく行っているのは久しぶりか初めてです。

とは言っても中にはこんなのも・・・

ジャンボニンニク生長不良2017.5.3.jpg

草丈が低くて生長不良なのも2株ありました。
いくつかこういうのが混ざってしまうのは致し方ないところではあります。
左のは虫に葉っぱをやられていました。
雑草が密集して風通しが悪くなるとこうなりやすいです。

今回はむかごからも育ててみました。

ジャンボニンニクむかご2017.5.3.jpg

この小さくて細い株がそれです。
ジャンボニンニクは玉の周囲に小さいむかごが発生します。
それを食べることもできますが小さ過ぎて面倒です。
20個くらいあったと思うのですがすべてスペースの隅っこに埋めてみました。
その中から唯一これだけが発芽しました。
こんなものなのか何か間違えているのか・・・
今年は収穫サイズにはなりません。
来年にどのくらい大きくなるのか楽しみにしています。

最後にこれです。

ジャンボニンニク自生2017.5.3.jpg

ここは最初にジャンボニンニクを栽培し始めた場所でして、
土の中にこぼれたむかごから発芽生長したようでして毎年発生してきます。
何度収穫しても毎回むかごがこぼれているようでして、
もはや自生しているかのような状態なんです。
何だかいかにも自然農法っぽい感じですね。
専用スペースのよりも大きく育ちます。

7月前後くらいがジャンボニンニクの収穫時です。
今年はかなり大きいのが取れそうな予感がしています。
これぞジャンボというのが取れますように。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする