2017年08月15日

スイカ泥棒襲来!

4年振りに始めたスイカ栽培。
2株ありましてそれぞれに1つずつ実がなって収穫の時をうかがっていました。
しかし・・・

とりあえず、スイカの様子です。

スイカ2017.8.12.jpg

雑草しか見えませんよね・・・
左の株はまだ生えてはいます。
右の株は7月下旬くらいから萎れてきてしまいまして、
実の大きさがまだ小玉スイカ程度だったのでどうしたものかと思っていました。
蔓が完全に枯れてしまうまではそのままにしておこうと決めました。

そして今日か明日には収穫をと考えていたその日に・・・

スイカ獣に?2017.8.12.jpg

もう干からびてしまっていますがスイカの皮です。
皮だけが少しだけ散乱していました。
中身は全て食べられてしまったようでした。
見たところ獣系の何かに食べられてしまったような感じでした。
タヌキかハクビシンか・・・

これはもう1個も危ないなと思った私は、
とりあえずスイカに刈った雑草をのせて隠しておきました。
でもそれだけでは防げないかもしれないので、
ある作戦を実行しようと用意して翌日畑へ行ってみると・・・

スイカ泥棒に?2017.8.12.jpg

蔓からスイカがもがれてしまってありませんでした・・・
最初のと違って全く跡形もありませんでした・・・
となるとこれはもう毛の無い猿の仕業としか思えません。
しばし茫然自失の後、ふつふつと怒りがわき上がってきました。

まだ何とか残っている株はこんな状態です。

スイカ株2017.8.12.jpg

蔓が3本伸びているのですが一番長くても2mくらいしかありません。
そして葉っぱもあまり元気がありません。
今から新たに花が咲いて実がなるのは無理でしょうね・・・

もう本当に何度目かと言うくらいの惨状ですよ・・・
虫に鳥に獣に毛の無い猿にと、うちの畑の周囲は敵だらけです。
自然の生き物にやられるのはある程度は致し方ないと割り切れるのですが、
毛の無い猿が無断で侵入してくるのは我慢なりません。
腹の底からわき上がってくるこの殺意をどうすればいいのか・・・
どんな奴なのか顔を見てみたいです。
どんな醜い顔で自分の家の食卓に盗んだスイカを出しているのか。

しかしまぁ、大玉スイカなのに小玉スイカ程度にしか大きくならなかったのも事実なんです。
台風が来るまでは雨が少なかったのが影響したのでしょうか?
水遣りをしないやり方なので・・・
でもスイカの場合は水遣りは必須なんですかね?
かつて小玉スイカを栽培した時は普通にいくつも実がなったので行けるつもりでいました。
それと土に栄養が足りなかったのかもしれませんね。
しっかりと土作りをしてきたつもりでしたが・・・
どんなことがあろうと私はくじけません。
来年また勝負です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:51| Comment(0) | スイカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

ネクタリンを収穫しました

桃の収穫が終わってから1週間ほど経ちまして、
そろそろネクタリンかなということで収穫しました。
とりあえず、ネクタリンの様子です。

ネクタリン2017.8.2.jpg

こちらもまた大木になろうとしています。
冬にバッサリと選定しても春から夏にかけてグングンと枝が伸びます。
キチンと摘蕾して摘果して袋掛けもして万全の体制でここまできたつもりでしたが、
現実はそう甘くないようでして・・・

袋の上からはいい感じで実が大きくなっているように見えます。

ネクタリン実2017.8.2.jpg

ネクタリンの方はこれまで使っていた隙間の無いタイプの袋を使いました。
ネクタリンは毛が無いので虫にやられやすいからです。
でも袋から出してみると・・・

ネクタリン実腐り2017.8.2.jpg

痛んで腐ってきていてカビも生えていました。
これはどうやら完熟していたのにそのままになっていたので腐ってしまったようです。
袋の上からは熟し具合がわかり辛いので判断が難しいんです・・・
そして袋をカナブンが破って食い荒らしているのもありました。
こんな感じの大きな実が5・6個もありました。
なんともったいない・・・

ということで収穫しました。

ネクタリン収穫2017.8.2.jpg

しっかりと赤いのは1個だけで他はまだ青いです。
そしてほとんどが虫に齧られていて無傷なのは極僅かです。
青いのはそのままにしておこうか迷ったのですが、
忙しくてこまめに様子を見ていられないですし、
そうなるといつまた虫にやられるかわからないので収穫せざるを得ませんでした・・・
しばらく追熟してから食べるしかありません。
匂いはいい感じなのでちゃんと食べれる味になることを期待しています。

例年のことを思えば収穫数はこれまでで一番多いです。
でも樹上完熟で収穫できなければ自分で栽培している意味が無いですしね・・・
ネットでもネクタリンがうまくいかないというのをよく目にします。
実がまだなりかけで小さい時にナメクジに齧られてしまうという、
うちと全く同じ状況です。
桃のように毛が無いのでどうしようもないんですよね・・・
今年はかなり早めに袋掛けをしましたがそれでもある程度はやられました。
袋の中で生理落下してしまうこともかなりありました。
30個くらい袋掛けをしましたが実が大きくなったのは半分くらいだと思います。

毎日朝から日暮れまで畑にいられればどうにかできるとは思いますが、
そんな身分になれるのはまだまだずっと先ですので、
やはりこまめに状態をチェックするしかないでしょうね。
畑が完成すればもう少し余裕が出てくると思うので、
冬の間にどれだけ作業を進められるかにかかってくると思います。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

カボチャの収穫をしました

きゅうりを収穫した翌週にはカボチャも収穫の時を迎えました。
とりあえず、カボチャの様子です。

カボチャ2017.7.28.jpg

次々に蔓が出てきてどんどん伸びています。
ただ伸びて行っている先の草刈がまだできていません。
まだこれから栽培を始めるスペースの草刈りを優先せざるを得ないので、
なかなか手を付けることができなくて困っています・・・
まぁ自然農法らしい光景ではありますが。

ついに実が完熟したようです。

バターナッツ2017.7.28.jpg

カボチャとしては変わった色と形をしていますね。
このクリーム色でピーナッツ型なのがこのバターナッツという品種の特徴です。
どのくらいの長さがMAXなのかよくわからないのでしばらく様子を見ていました。
1週間ほどこの大きさのまま変わらなかったので収穫を決意しました。
ネットで写真を見た感じだと先の部分がもっと膨らんでいるのですが、
もっと時間をかければさらに大きくなったのでしょうか?

他にもいつくも実がなっています。

バターナッツ実2017.7.28.jpg

上のような感じの青い実が5・6個はなっています。
花はもっといっぱい咲きますし実ももっとなりかけるのですが、
下の実のようになりかけのまま枯れてしまうのも結構あります。
人工授粉をしていませんので受粉にムラがあるのでしょうか?

ということで収穫しました。

バターナッツ収穫2017.7.28.jpg

20cmくらいの大きさです。
この1個だけ収穫できました。
そして翌日食べてみました。
輪切りにしまして焼いてみました。
そのままだと甘味はほとんど感じません。
なので私でも食べやすかったです。
味としては薄味でまあまあでした。
もう少しいろいろと味付けをすべきだと思いました。

ネットで調べてみると甘味が強いとなっているんですよね・・・
もしかしてまだ完熟できていなかったのでしょうか?
開花してひと月くらいが収穫時となっているのでちょっと早かったようですね。
次は来月の下旬くらいに収穫してみようかと思っています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

きゅうりを収穫しました

先週にきゅうりの様子を記事にしたばかりなんですが、
もう収穫をすることになりました。
とりあえず、きゅうりの様子です。

きゅうり2017.7.20.jpg

前回の写真とほぼ同じです。
たったの1週間ですから蔓も大して伸びていません。
でも実は急速に大きくなりました。

きゅうり実2017.7.20.jpg

3〜4cmくらいだった小さな実が一気に肥大化しました。
大小2本ありまして小さい方はどうしようか迷ったのですが、
どちらが本来の収穫サイズなのかイマイチわからないので両方収穫しました。

きゅうり収穫2017.7.20.jpg

やはり何だか大き過ぎる気がしますね。
きゅうりというよりもズッキーニみたいだ・・・

大きい方を裏返してみたらこんなことに・・・

きゅうり収穫遅れ2017.7.20.jpg

確実に収穫のタイミングが遅れましたね。
それに一番最初の実は大きくなる前に摘み取らなきゃならないんですよね?
5年前に栽培した時も同じことをやらかしたような・・・
最初の頃は小さいサイズで収穫して、
株が大きくなっていくに連れて大きくなってから収穫するのでした。
またやっちまったよ・・・

本格栽培を始めたというのにのっけからこれですから・・・
前途多難な様相になってきました。
でも夏はまだまだこれから。
必ず盛り返してみせますとも。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

桃の収穫をしました

ここ数年は毎年たくさんのいい感じの実がなって順調そのものの桃なんですが、
それと同時にせっかくなった実を台無しにされてしまっていました。
一昨年は鳥に突かれまくり、昨年はタヌキに齧られまくり・・・
鳥から防御しようと上に網を張ったら今度は下からタヌキに・・・
こういうのをイタチごっこと言うのでしょうね。
さぁ今年はどうなったのでしょうか?

とりあえず、桃の様子です。

桃2017.7.20.jpg

枝がグングン伸びていましてまた大木になろうとしています。
冬にバッサリと剪定したのですがねぇ・・・
ただまぁ強剪定するとかえって木ばかりが伸びて実がならなくなると聞いたことがあります。
でもうちの桃は実も大量になるんですよ。
木の高い部分には実がなっていないので、
真ん中くらいから地面までを覆うようにネットを張りました。
これによって鳥とタヌキからは防御できたようです。

今年もいい感じの実がなりました。

白鳳2017.7.20.jpg

今年は例年とは違う袋を掛けました。
これまでは底に隙間の無いタイプの袋だったのですが、
今回のは桃が袋に収まらないくらいに大きくなると底が自然と開きます。
この袋は枝に取り付けやすいように切れ込みも入っている優れものです。
でもそれが弱点でもありまして・・・

こんな状態になってしまった実もいくつもありました・・

桃被害2017.7.20.jpg

これは鳥に突かれたのではなさそうです。
今回は虫にやられました・・・
完熟した実にカナブンがたかっていました。
袋が隙間だらけなので容易に虫が入り込めます。
ツルツルの紙なのであれなら鳥が突いても虫が噛んでも滑ってしまうと思うのですが、
底が開いて丸出しになってしまうと無防備この上ないですからね・・・

すべて同時に完熟してくれると収穫しやすいのですが、
タイミングがまちまちなんですよ・・・

桃青実2017.7.20.jpg

まだ全然青い実も残っています。
これはさすがに収穫できませんのでそのままにしておきました。
一度に大量に完熟すると食べるのが大変ですが、
完熟したものから徐々に収穫して食べる方が自家消費には都合がいいですよね。
でもこの完熟のタイミングを見極めるのが難しいんです。
長年やっているのにいまだにこれでは情けないですね・・・

ということで収穫しました。

桃収穫2017.7.20.jpg

大きさはまちまちですね。
手前のいくつかは大きさといい色といい完璧ですよね。
奥の3つは虫にやられて半分腐っていますが例年に比べると被害は少なかったです。
ただ数が少ないと思いませんか?
じつはもう何度も収穫と言いますか落ちた実を拾って食べているんです。
雨が降ったり強風が吹いたりすると結構落ちるんです。
大きくなった実はしっかりと甘くてとてもおいしかったです。
小さいのも若干味が薄いもののほんのりとした甘さでおいしかったです。

摘蕾や摘果をもっとしっかりとすべきだったようです。
収穫数を減らしてでもすべての実が大きくなるようにすべきですね。
自分では毎回きっちりとやっているつもりでもまだ足らないようです。
でもあまりに大量に摘んでしまうのはどうにも不安なんですよ。
その不安に打ち勝てるかどうかがさらなるレベルアップへのハードルのようですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする