2017年10月15日

だだちゃ豆大惨敗・・・

9月に入っても一向に莢が膨らんでくれなかっただだちゃ豆。
10月まで待ってみたんですが・・・

ここでとりあえずだだちゃ豆の様子ですと写真を出したいところなんですが、
他の作業をしている間に暗くなってしまいまして、
畑での撮影は断念せざるを得なくなってしまいました。
暗い中、すべての株を収穫しました。
本当はタネを取る分を残したいのですが・・・

ということで今回の収穫分です。

だちゃ豆収穫2017.10.9.jpg

家の玄関で撮影しました。
20株ほどあるんですがどれも低くて小さいです。
葉っぱは全て畑で取り除いてきました。
見た目は大収穫みたいなんですがねぇ・・・
ほとんどの莢が全くと言っていいほど膨らんでいないんです。
それでも一応選別しました。

そして一応残ったのがこれです。

だだちゃ豆2017.10.9.jpg

どうにか微妙に膨らんでいるのがいくつかありまして、
たったこれだけなんですが食べてみることにしました。
そしてこれを塩茹でにして食べてみたのですが・・・
膨らんでいるように見えても実際は中が空だったりで、
ある程度膨らんだ豆は3・4粒程度しかありませんでした・・・

2年前に栽培した時よりも酷い有様です。
相変わらず進歩がありませんねぇ・・・
今回は生育初期からカメムシだらけになってしまいまして、
無農薬農薬を使ったのですがほとんど効果がありませんでした。
手で潰しまくったりもしたのですが、
翌日には元通りに湧いてくるのでどうにも手の打ちようがありませんでした。
この手の害虫は肥料成分に吸い寄せられてくるものなんですが、
うちは無肥料ですからねぇ。
でもタネは肥料を使って育てた株から採取しているでしょうし、
その成分が極僅かでも残っているとそれが吸い寄せてしまうのかもしれません。
となると、また来年にタネを購入してそれを何とかタネが取れるまでに生長させなければ。
そして再来年に自家採取タネで勝負ですね。
いつか必ず大収穫まで行ってみせますとも。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:59| Comment(2) | 枝豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

西村早生?を収穫しました

うちの畑には柿が3株あります。
その内1株は私がネットで購入して植えたのですが、
残りは私が畑の開墾を始めるずっと前から植えてあったものです。
もしかすると私の年齢よりもずっと上の可能性もあります。
おそらく樹齢40〜50年くらいではないかと思われます。
放置してあったので大木になってしまっていて、
実はなるのですがほとんどヘタムシにやられてしまって落ちてしまう有様でした。
それをバッサリと剪定して試行錯誤してきたのですが、
一向にまともに収穫できませんでした。
もう完全に伐採して新たに苗を買ってきて植えるつもりだったのですが、
そこまで手が回らないまま春になって新芽が次々に出てきました。

ということで前置きが凄まじく長くなりましたが、
とりあえず柿の様子です。

柿2017.10.5.jpg

冬の時点ではそれぞれ5・6本くらいしか枝は無かったんですが、
春に出た新芽が夏の間にグングン伸びましてまたもや大木になろうとしています。
凄まじい生命力です。
ここまでは毎年のことなんですが今年はひと味違います。
今年は数は少ないものの実が残りました。

西村早生2017.10.5.jpg

結構大きいのも混ざっています。
毎年実はなるものの生理落下やヘタムシにやられたりで、
結局収穫時期にはほとんど実が残っていなかったんです。
今年も結構落ちたもののそこそこ残りました。

ということで収穫しました。

柿収穫2017.10.5.jpg

左の木が7個で右の木が3個でした。
虫に齧られたのがかなり熟してしまっています。
皮が剥けないくらいドロドロなんですが甘味は強いです。
大した数じゃありませんがこれまでで一番多いです。

ちなみに私が植えた富有はこんな感じです。

富有2017.10.5.jpg

まだほんのり色づき始めた状態です。
富有は11月が収穫時なのでまだあとひと月かかります。
30個以上はあるかと思います。
例年以上に摘果したつもりでしたがまだまだもっと減らすべきでしょうか?
大きいのも混ざってはいますが全体的には小さいのが多いです。

完全伐採を決意していたんですが、
これでは撤回せざるを得ませんかねぇ・・・
やはりキチンと手入れすればそれなりに実はなるようです。
早速食べてみたんですが甘さは弱いですね。
それに不完全甘柿なので渋いのも混ざっていました。
当たりか外れか食べてみるまでわからないロシアンルーレットのような柿です。
それとこの柿が西村早生かどうかは本当はわかりません。
昔のことなのでうちの親が品種を覚えていないからです。
でも色づいてくる時期や実の中にゴマと呼ばれる黒いスジが入るなどの特徴から、
おそらく西村早生で間違いないとは思います。
せっかく樹勢が強いわけですし、
来年に大収穫を目指して冬の間にしっかりと手入れをしてみます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ラフランスを収穫しました が・・・

うちで栽培している果樹の中で唯一まともに収穫できたことの無いのが梨です。
毎年毎年ダメで何のために栽培しているのかわからなくなっていました。
でも今年はラフランスを正しく剪定したからかようやく花が咲いてくれまして、
愛宕にたくさん実がなりました。
ただラフランスには少ししか実がなりませんでした。
でもその僅かな実が着々と大きくなってきたんです。
とりあえず、ラフランスの様子です。

ラフランス2017.9.29.jpg

枝が伸び放題で何が何だかって感じですよね。
洋梨は徒長枝に実がなるとわかったので剪定の時にほとんど残しました。
なのでそれが伸びて行ったらこんな状態になりました。
どうやら枝を残しすぎたようですね。
この経験を次の剪定に活かします。
一応果実が上の方に写っているんですがわかりますかね?
わかり辛いと思いますのでもっと近くで撮影しました。

ラフランス果実2017.9.29.jpg

徒長枝の先端に実がなるはずなのですが、
これは枝の真ん中くらいに実がなりました。
パターンが読めませんねぇ・・・
手の届かない位置になっているのですが、
細長い枝なので下から引き下げてやれば簡単に取れます。

ということで収穫しました。

ラフランス収穫2017.9.29.jpg

虫なのか鳥なのか齧られて上の方が痛んでいます・・・
残っていた実はこれ1個だけなのに・・・
しばし呆然となってしまいました・・・

昨年もそうだったのですが今頃になって花が咲いて実がなっているんです。

ラフランス実2017.9.29.jpg

これが大きくなって冬に収穫できるといいのですが、
おそらく昨年同様に寒気とともに萎れていくでしょうね。

もういつになったらまともに収穫できてまともな果実を食べれるのやら・・・
でもまぁある程度ちゃんと花が咲いて実もなったので1歩前進ということにしておきます。
愛宕はまだ結構実が残っていて巨大化しています。
こちらは年末が収穫時期なのでその時に記事にします。
あぁ〜やっぱり果樹は難しい!!!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

スイカを収穫しました

先月中旬に毛無し猿に盗まれてしまったスイカでしたが、
それから1週間ほどで再び花が咲きまして1個だけですが再び実がなりました。
そしてひと月ほど・・・

とりあえずスイカの様子です。

スイカ2017.9.23.jpg

栽培スペースの真ん中に鎮座しているのがわかりますよね。
ついにこの時が来ました。
再び盗まれるのではないかと気が気ではありませんでしたが、
さすがにこの時期にスイカが畑にあるとは思わなかったのか無事でした。

こんな感じのスイカです。

スイカ実2017.9.23.jpg

写真だと大きく見えているかもしれませんが小玉サイズです。
この品種は大玉になるはずなのでこれでは不完全なんです。
何とか今月いっぱいは粘ってみたかったのですが、
もう秋なので日に日に涼しくなってきています。
スイカを食べる時期としてはギリギリと見なしまして収穫することにしました。
それに葉っぱもだいぶ枯れ込んできているので、
どっちにしろこれ以上大きくなる可能性は低いと思います。

家の冷蔵庫に入れまして翌日切ってみました。

スイカ中身2017.9.24.jpg

この品種は大和クリームスイカと言いまして黄肉タイプです。
うちの家族は赤の方がスイカらしくていいと言うのですが、
私は幼少から黄色のスイカが好きでして自分で栽培するなら黄色と決めています。
早速食べてみましたが・・・
水分はとても多くてジューシーなのですが甘味は少なかったです。
中央部分はそこそこ甘いのですが皮に近いところはほとんど味がしませんでした。
土の栄養の問題なのか時期の問題なのか・・・
どっちにしてもこれでは失敗と言わざるを得ませんね。

とりあえず1個だけですが収穫まで行けてよかったです。
失望感と猛烈な殺意の中に一筋の光が差しました。
でもまだまだ土作りが足らないのと同時に泥棒対策も考えなければなりません。
また来年頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:23| Comment(0) | スイカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

明日葉に花が咲きました

うちの畑は農道から見て一番奥がタケノコゾーン、
真ん中が果樹ゾーン、手前が野菜ゾーン、
そして野菜ゾーンの右側に山菜ゾーンがあります。
この山菜ゾーンは最も整備が遅れていました。
昨年に何とか半分だけ開墾が完了したので今年から新たに栽培を始めました。
山菜と言いましても要するに多年草ということです。

まず最初に植えたのがこれです。

明日葉2017.9.23.jpg

真ん中に奥まで植えてあるのが明日葉です。
4株あります。
遠目に見るとカリフラワーみたいですね。
春に植えた時とはだいぶ見た目が変わっています。
ちなみに右に植えてあるのはアスパラです。
これについてはまたいつか記事にします。

今はこんなことになっています。

明日葉株2017.9.23.jpg

近くで見るとパセリみたいですね。
これが全部花なんです。
咲きまくっている状態なんですがあまりパッとしませんね。

花をアップにしてみました。

明日葉花2017.9.23.jpg

小さいのが咲いているのがわかりますかね?
これだけ咲いていると大量にタネがなりそうです。
明日葉は花が咲いてタネがなると枯れてしまいます。
なので多年草というよりは2年〜3年草なんです。
タネの発芽が遅くて発芽率も低くて増やすのが難しいのですが、
それがでなきないと継続できないので今後はそれ次第です。

明日葉はずっと庭で育成してきました。
2014年の秋に種蒔きしまして、
それから試行錯誤しながら2年かかってやっとそこそこの大きさに育ちました。
そして今年の春に山菜ゾーンに植えました。
庭での栽培記録はこちらの別ブログで記事にしてあります。
やっと満を持して春に植え替えたのですが夏にはもうトウ立ちしてしまいました・・・
結局一度も収穫することなく枯れてしまいます・・・
でも自家製のタネが取れるのでもっと株数を増やして今度こそ収穫まで行きたいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:30| Comment(0) | 明日葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする