2015年11月30日

丹波の黒豆を収穫しました

今年は自家産のタネを使ってこれまでよりも多くの株を栽培しました。
黒豆は晩生なので枝豆収穫ですら10月でして、
大豆として収穫するには11月以降になります。
かなり枯れこんできたので収穫することにしました。

とりあえず黒豆の様子です。

黒豆2015.11.28.JPG

わずかに葉っぱがまだ生きていますがほぼ枯れています。
そしてすべて風に倒されています。

黒豆大株2015.11.28.JPG

鈴なりです。
今年は大きい株が結構ありました。
莢は既にかなり乾燥してきています。

黒豆鞘2015.11.28.JPG

これ以上このままにしておくと豆が莢からはじけ飛んでしまいかねません。
もう少し早く収穫したかったのですがなかなか手が回りませんでした。

試しに豆を出してみました。

黒豆豆2015.11.28.JPG

いい感じの大粒の黒豆です。
これはあともう少しで完全に乾燥しそうです。
ただまだ青い莢も残っているのでもうしばらくかかりそうです。

ということですべて収穫しました。

黒豆収穫205.11.28.JPG

段ボール箱に枝についているまま入れました。
このまま乾燥させてから豆を取り出します。
今年は大株に鈴なりだったのでそこそこ大量に豆が取れそうです。
正月の煮豆はすべて自家産の黒豆でまかなえそうです。
食べる以外にも大きく育った優良な株からタネを採種して来年以降に繋いでいきます。
こうやって累代栽培を続けていくことで、
うちの畑の環境に適応した黒豆になって行くはずです。

やっと自然農法が機能し始めてきたようですね。
まだまだですが土作りの効果を少しずつ実感できています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

キャベツの様子&収穫

11月に入ってもずっと暖かいままで、
もしやこのまま春で?と思いきや25日の夜から急に一気に寒くなりました。
とうとう冬の始まりですね。

そんな中、キャベツがまだ畑に生えています。
とりあえずキャベツの様子です。

キャベツ2015.11.27.JPG

まだ10株も残っています。
昨年の秋に種蒔きしまして40株で栽培を開始しました。
これがまぁ生長スピードがどれもまちまちでして・・・
うちの畑はどれもそんな感じなのですがキャベツは特にバラバラでした。
春まで同じくらいの大きさでもそのあとすぐに結球を始める株もあれば、
いつまで経っても結球しない株もありました。
虫にやられて生長が遅くなっている株も結構ありました。
でもまぁ全体的に生長は遅かったですね。
春に収穫するはずがほとん夏に収穫しましたので・・・

丸1年経って秋になったら残っていた株が結球を始めました。
そしてここまで大きくなりました。

キャベツ虫食い2015.11.27.JPG

虫にやられまくっていますがたくましく生長してくれました。
秋が深まってきても暖かいままだったので虫もずっと活発でした。
でも急に寒波が来たとたんにいなくなりました。
芋虫もバッタも消えてしまいました。

まだ結球途中の株もあります。

キャベツ結球215.11.27.JPG

半分近くはまだこの状態です。
冬の間にも少しずつ生長を続けて春には収穫したいですね。

そしてまだこんなのもあります。

キャベツ未結球2015.11.27.JPG

1年以上経っているのにいまだにこの有様です。
でも葉っぱは青々としていますし生長軌道には乗っているようです。
でも収穫サイズにまでなるにはさらにもう1年かかるかもしれませんね。

ということで、とりあえず1玉だけ収穫しました。

キャベツ収穫2015.11.27.JPG

大きさだけだったら店頭に並んでいるのと大差ないと思います。
ついに葉野菜でもここまで到達しました。
時間がかかり過ぎているので成功とはまだ言いません。
でもこれもすべては土作りの賜物とだけはハッキリ言えます。
土作り専念もあともうひと月です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | キャベツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

白菜の様子

今年の秋は鍋を意識して品種をチョイスしました。
鍋といえばこれですよね。
ということで今年は3年振りに白菜の栽培にチャレンジしました。
とりあえずこれをご覧ください。

白菜苗2015.10.9.JPG

先月の上旬の様子です。
場所はうちの庭です。
これまでタネは直蒔きにこだわってきましたが今回初めて育苗をしてみました。
発芽率100%でした。
全部で41株あります。
発芽直後を虫にやられてしまうとどうしてもその後の生長に大きく影響してきますので、
ポリシーを少し曲げてでも今回はこの方法を試してみました。
種蒔きしたのは9月中旬です。
ほぼ同じタイミングで発芽しているのに僅かな期間でも全く生長スピードが違いますね。
撮影後にそのまま畑に行って植えました。
敷きまくった雑草が10cmくらいの高さになっているので植え辛いの何の・・・
植え替え後の生長はとてもスローだったのですが、
11月に入ってからペースが上がってきました。

ということで今の様子です。

白菜2015.11.21.JPG

この場所には36株植えました。
この場所は根野菜用のスペースなのですが、
葉野菜用のスペースが黒豆に占領されていますので・・・
右側に何も無いように見えますが実は別の野菜が植えてあります。
それについてはまた次回に。

種蒔きから2ヶ月以上経過しているのにまだまだ全然小さいです。

白菜株2015.11.21.JPG

相変わらず大きさはまちまちです。
白菜というよりもレタスに見えますね。
1m四方に4株ずつ植えました。

虫にやられまくっていますがそれでもちゃんと生長しています。

白菜未熟2015.11.21.JPG

今のところほとんどの株がこんな感じに葉っぱが広がっているだけです。
まだまだいわゆる白菜には程遠いですね。

でも中にはこんなのもあります。

白菜結球2015.11.21.JPG

結球し始めでしょうか?
でも白菜らしくなるまでまだまだかかりそうです。

そしてこれ何でしょうね?

白菜別種?2015.1.21.JPG

葉っぱの色も形もこれだけ他のと全然違います。
どうやら他種のタネが混ざっていたようです。
小松菜とも違うような・・・
食べれるのだろうか・・・

最後にこれです。

白菜小株2015.11.21.JPG

まだ正式には栽培スペースにしていない場所がありまして、
今年は畑に自生しているシソを植えたりしていました。
その場所の端っこに余った苗を植えました。
間引くのが苦手なのですぐこういうことをしちゃうんですよ・・・
まともに生長しなきゃ意味無いのに・・・

3年前に初めて白菜の栽培をした時は、
最後の写真くらいの大きさのまま春までまともに生長せずに、
結球しないまま塔が立って花が咲きました。
それに比べれば今回は大躍進と言えると思います。
今年は明らかに暖冬なので12月中もある程度の生長が見込めそうです。
年明けには立派な白菜になっていることを期待しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

大根の様子&収穫

果樹ゾーンの草刈りを今月中には終わらせてしまいたいのですが、
雨の日が多くてなかなか進みません。
それ以外にも野菜の世話に時間を取られてしまっています。
タネを蒔き過ぎるとあとで間引きが大変というのを身を持って体験しました・・・

とりあえず大根の様子です。

大根2015.11.16.JPG

雑草の勢いがまだまだあるんですが、
それに負けないくらい大根の生長も順調です。
左が宮重総太りで右が桜島です。

ではまずは桜島から。

桜島大根2015.11.16.JPG

葉っぱが独特の形をしています。
地面を覆うように広がるので雑草を押さえ込んでいますね。
葉っぱだけならどれも大差ないんですが右の株が最も生長しています。

桜島大根巨大化2015.11.16.JPG

先月の下旬くらいはまだ普通の白首大根程度の太さでしたが、
今は直径20cm近くはありそうな感じです。
年明けからの収穫を予定していますので、
それまでには巨大化している予感がしています。

次は宮重総太りです。

宮重総太り2015.11.16.JPG

9月の上旬・中旬・下旬と3回タネを蒔き直したので大きさがまちまちです。
青首大根なのでどれも地上部が伸びています。

宮重総太り巨大化2015.11.16.JPG

今のところこれが一番大きい株です。
しっかりと太っています。
ということでこれを収穫しました。

大根収穫2015.11.16.JPG

少し地下で曲がってしまいましたがほぼ真っ直ぐな形ですね。
直径が10cmで長さが40cmほどの立派な大根に育ちました。
スーパーとかの店頭で売られている大根と大差ないと思います。

これはもう完全に成功と言ってしまっていいのではないでしょうか?
引っこ抜く時も簡単にスッと抜けました。
土の状態はまだまだ満足できるレベルではありませんが、
ついに土作りの成果が出始めました。
すべては雑草を刈っては地面に敷き続けたことによるものです。
無農薬・無肥料・不耕起でここまでできるんです。

この大根と水菜とカブと春菊を使って鍋にしてみました。
今年の秋蒔き野菜は実は鍋を意識してチョイスしました。
葉っぱものが水菜しかないので大根の葉っぱも入れました。
そしたら鍋全体が大根臭くなってしまいまして・・・
でも味は大根の旨味がたっぷりでおいしかったです。
しかし、鍋をするなら定番のあの野菜が含まれていないことにお気づきでしょうか?
次回はそれについて記事にする予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

春菊の様子&収穫

11月も半ばだというのにまだまだ全然暖かいままですねぇ。
春までこのままだと電気代や灯油代が節約できていいのですが、
やはりちゃんと四季の移り変わりがないと植物の生育に支障が出てくるかもしれませんね。

ということでとりあえず春菊の様子です。

春菊2015.11.13.JPG

どれが春菊かわかりますでしょうか?
雑草で見辛いですね。
暖かいからか雑草の勢いがなかなか止まりません。

ではこれならどうだ!

春菊株2015.11.13.JPG

4株あるのがわかりますよね。
これは9月下旬に蒔いたタネからの株です。
ほぼ同時にカブや水菜も種蒔きしましたが春菊は生長がとても遅いです。

春菊低い株2015.11.13.JPG

これは葉っぱは大きくなってきているのですが丈が低いままです。
だいたい丈が20cmを超えてから収穫するそうです。

春菊高い株2015.11.13.JPG

これは茎が伸びてきています。
やっとギリギリ収穫サイズというところです。

小さいのはまだこんな感じです。

春菊幼株2015.11.13.JPG

こちらは10月上旬に蒔いたタネからの株です。
間引きをしてこの2株が残ったのですが、
大きさが甲乙つけがたく保留してある状態です。

そしてまだこんなのもあります。

春菊稚株2015.11.13.JPG

春菊でも蒔き直しの時はひとつまみ分蒔いてしまったので大量に発芽してしまいました。
多少は虫にやられていますがこれだけあると余裕ですね。
でも混み合い過ぎていて余計に生長が遅くなっている気がします。
何事もほどほどにしないといけませんね。

ということで収穫しました。

春菊収穫2015.11.13.JPG

収穫サイズなのは今のところたったこれだけでした。
火を通してしまったらほんのちょっとだけの量ですね。
まぁでも1度に大量に食べるようなものでも無いのでぼちぼち収穫して行きます。

この収穫した春菊をすき焼きに入れて食べてみました。
食べていると時々それっぽい味がしてさっぱりした感じになりますね。
それと秋から冬にかけて収穫するのに春菊とはこれいかに?と思ったのですが、
春に花が咲くからなんですね。
黄色のきれいな花が咲くので見てみたい気もしますので、
1株くらいはそのまま残しておこうかどうしようか考え中です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 春菊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする