2016年02月29日

白菜の花を収穫しました

ほとんどの株がまともに結球せずに塔立ちしてしまった白菜が次々に開花し始めました。
とりあえず、白菜の様子です。

白菜2016.2.26.JPG

ほとんどそのまま残っています。
1株しかまともに結球しなかったので1株しか収穫できないままでした。
外葉がどんどん枯れてきています。

そして見事に塔立ちしてましてですね・・・

白菜塔立ち2016.2.26.JPG

搭の高さにはかなり差があるんですが全ての株に蕾が出ています。

そして見事に咲いています・・・

白菜開花2016.2.26.JPG

菜花のようですね。
白菜はアブラナ科なので花もそっくりなんです。
そう言えば大根の花もそっくりだなと思ったらやはりアブラナ科でした。

白菜のタネに混じっていた何だかわからない雑種?も開花しました。

雑種2016.2.26.JPG

これもそっくりですね。
でも花の形が白菜とは微妙に違います。
こんなに花が似てるなら食べれそうな気もしますが食べる気になれません・・・

ということで収穫しました。

白菜収穫2016.2.26.JPG

搭を全部刈り取ってやりました。
主幹は硬いですが枝や葉っぱは柔らかいです。
塔立ちしてしまった白菜の葉っぱも触ってみましたが柔らかかったです。
案外食べれそうな気がしますね。

翌日、この花を鍋に入れて食べてみました。
やはりとても柔らかくておいしかったです。
これなら結球していない葉っぱも普通においしいのでは?と思い始めました。
鍋にしたり浅漬けにしたりして少しでも多く食べるつもりです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

イチジクの剪定をしました

梨の剪定を終えた後はイチジクの選定に取り掛かりました。
とりあえず、ドーフィンの様子です。

イチジク2016.2.23.JPG

昨年はほとんど実がなりませんでした。
味もイマイチでした。
木のバランスも悪いですし見るからにダメな感じです。

イチジク虫食い2016.2.23.JPG

穴だらけでして・・・
すべてはゴマダラカミキリに食い荒らされたからです。
夏になると大量に湧いてきまして卵を産み付けて幼虫が幹を食害します。
二股に分かれていた片方がボロボロになってしまったので昨年の今頃に切りました。
そしてもう片方もダメのようなので切ることにしました。
さらに枝以前に主幹に穴が開いています。
ということで主幹を30cmくらいの高さで思い切って切りました。

イチジク断面2016.2.23.JPG

主幹の中央にすっぽりと大穴が・・・
中をノコギリでまさぐってみましたが幼虫はいないようでした。
こんな状態でも木は生きています。
イチジクというのは強健ですね。
でもここから復活できるのかどうなのか・・・

しかし、代わりとなるかもしれない次世代が育ってきていました。

イチジク苗2016.2.23.JPG

2株あるんですが挿し木で増やしたわけではありません。
実は昨年に剪定した枝を地中に埋めておいたらそこから生えてきました。
5株くらいあったのですがこの2株だけ残しました。
使えるくらいに育つでしょうか・・・

そして切り落とした枝から剪定しました。

イチジク剪定2016.2.23.JPG

6本あります。
使えそうな枝だけ残しました。
これをどうするかといいますと・・・

イチジク挿し木2016.2.23.JPG

わかり辛いかと思いますが挿し木しました。
実はここ数年毎年のようにやっているのですが毎回失敗しています。
イチジクは地面に枝を刺してやったら簡単に根付くとか聞いていたんですが、
なかなかそう簡単には行かないようです。
私があまりにも適当にやり過ぎているのでしょうけれど・・・

イチジクは地植えだとあまりにも大きくなり過ぎるので、
うちの庭で栽培しようかと思っているんです。
ドーフィン以外にもいろんな種類をやってみたいです。
でも畑だけでも大変なのに庭でも果樹を始めたらどうなってしまうのか・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イチジク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

梨の剪定をしました

桃の剪定を終えた後は梨に取り掛かりました。
とりあえず、愛宕の様子です。

愛宕2016.2.15.JPG

写真を撮り忘れて左側を数本切ってしまいました。
これも毎年細長い徒長枝が大量に生えます。
そして上の方の枝に実がなったことはありません。
本来は棚を仕立てて横に広げるようにするのでしょうけれど、
うちの場合は横に伸びてきた枝を残していくしかありません。

ということで剪定しました。

愛宕選定後2016.2.19.JPG

上に伸びていた枝を全て切りました。
昨年は受粉樹のラフランスが全く花が咲かなかったので実がならないはずだったのですが、
なぜか3個だけなりました。
でも台風とかの強風に揺らされてぶつかったりしたのか全て傷んで腐ってしまいました。
今年こそはちゃんと収穫まで行きたいです。

そしてそのラフランスの様子です。

ラフランス2016.2.15.JPG

こちらはさらに徒長枝だらけでして・・・
何かもうどの枝にも全然花芽がついているように見えません。
どこをどう切ればいいのやらわからないまま切りました。

ということで剪定しました。

ラフランス剪定後2016.2.19.JPG

何だかイマイチな感じがします。
また花が咲かないような嫌な予感がします。
でも咲いてくれないとどちらも実がならなくなるんですよ・・・

野菜だと行き当たりばったりでもどうにかなるんですが、
果樹となるとそう簡単には行きませんね。
剪定が鬼門になっているような気もしています。
でも放置しておくと大木になってしまいますしね。
畑が完成したら果樹についてもっと勉強します。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

桃の剪定をしました

柿の剪定を終えた後は桃に取り掛かりました。
とりあえず、白鳳の様子です。

白鳳2016.2.10.JPG

昨年の夏は久しぶりの大収穫だったので生長を危ぶんでいたのですが、
これまでで最も枝が伸びました。
毎月液肥をかけていたからでしょうか?
ただまぁ主幹は相変わらず細いままですが・・・
毎年この1本から2・30個収穫できるのなら、
この大きさの方が管理がしやすいのでこれでもいいかなとも思っています。

ということで剪定しました。

白鳳剪定後2016.2.11.JPG

徒長した枝をバッサリと切りました。
そして摘蕾もしておきました。
これも正しくできているのかいまだに自信がありません。
でも昨年はちゃんと実がなったので大丈夫だと思います。

次はネクタリンの様子です。

ファンタジア2016.2.10.JPG

こちらは逆に大木になり過ぎてしまいまして、
昨年にかなり枝を減らしたんですが低木にはできませんでした。
花は枝全体に咲くのですが実は高い位置には全くなりません。
なので今年も思い切って切ることにしました。

ということで剪定しました。

ファンタジア剪定後2016.2.15.JPG

高さとしてはまだ不十分な感じですが、
下の方から新しい枝が伸びてきていないので致し方ないです。
でももう私の身長なら手が届く高さになりました。
こちらも摘蕾をしました。

どれを残してどれを切るのかの判定がとても難しいです。
間違ったらもうそれは取り返しがつきませんので。
でも今は何度でも失敗してでも体で覚えていくしかありません。
それかそういうのが図解してある書籍でも探した方がいいのだろうか・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

柿の剪定をしました

そろそろ果樹の剪定の時期になりました。
この作業は結構苦手でしてなかなかうまくなりません。
でも不可欠なのでやらないわけにもいきません。
果樹は野菜のように放置ではうまく行かないんです。

とりあえず、果樹ゾーンの様子です。

果樹ゾーン2016.2.8.JPG

全部で16本あります。
これだけあると世話が結構大変なんですよね。
でもまだ増やそうとか思ってたりして・・・

では柿の様子です。

柿2016.2.8.JPG

樹齢40年以上の老木の柿です。
長年放置してあったので大木になってしまい、
主幹を年々短くしていきまして現在50cmの状態です。
春になると新芽が次々に出てきて枝が伸びていくんですが、
どれも徒長枝ばかりでほとんど実がなりません。
何度試行錯誤してもダメだったのでやっと諦めがつきました。
2本とも完全に伐採することにしました。
そして新たに柿の苗を1本植える予定だったのですが・・・

柿2016.2.9.JPG

昨年同様に徒長枝を剪定しただけでした。
どの品種を植えるかはもう決めてるんですけど、
どの店で買うかが決めきれずにこの時期まで来てしまいました。
今から注文しても売れ残りをあてがわれそうなので来年にします。

そしてもう1本の老木の柿です。

柿老木2016.2.9.JPG

これは竹林の中で生き延びた柿でして昨年の秋に初めて実がなりました。
でもその実が渋が残っていて不味いの何の・・・
元々この木はすぐに伐採するつもりで両脇に梨を植えました。
梨の木が大きくなってきてこのままでは邪魔なのでついに切ることにしました。

柿老木伐採2016.2.9.JPG

地面スレスレでバッサリと切りました。
柿の木はかなり密度が高いのか切るのが大変でして日が暮れてしまいました。
翌々日に肩が痛くなって困りました。

そして最後に私が植えた富有の様子です。

富有2016.2.10.JPG

いまだに全然木が小さいままです。
毎年実をならせ過ぎているのがダメなんでしょうか?
でもこのくらいコンパクトな高さでそこそこの数を収穫できたら、
その方が管理もしやすくていいのかもという気もしています。

ということで剪定しました。

富有剪定2016.2.10.JPG

毎年やってるんですけどいつまで経ってもうまくなりませんねぇ・・・
ネットでいろいろ調べたりしてるんですけどイマイチ要領がつかめません。
試行錯誤しながら体で覚えるのが私のスタイルなので、
今後も精進を続けます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:48| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする