2016年05月22日

桃とネクタリンの摘果と袋掛けをしました

梅雨入りまでに何としても草刈りを終えなければ、
予定している作業を年内にできなくなりそうなので焦っています・・・
そんな中、桃とネクタリンに実がなりました。

とりあえず、ネクタリンの様子です。

ネクタリン2016.5.18.JPG

ファンタジアという品種です。
急いで作業をしているので撮影する前に袋掛けを始めてしまいました。
今年は例年よりも花の数が少なかったように思っていたのですが、
実は例年以上にたくさんなりました。

ネクタリン果実2016.5.18.JPG

ネクタリンは毎年あまり実がならなかったので摘果はしてきませんでした。
今回が初めてです。
基本的には枝1本に実を1個残す感じで摘果しました。
てゆうか、早くも虫に実がいくつも齧られていまして、
それを取り除いていったら結果的にそうなりました。
桃は毛があるので虫にやられることは無いのですが、
ネクタリンは毛が無いので格好の餌食のようです。
30個ほど袋掛けをしました。
今年こそはまともに収穫したいです。

次は桃の様子です。

桃2016.5.18.JPG

白鳳という品種です。
桃はここ何年かは毎年たくさん実がなっています。
ただネクタリンに比べて木が小さくて細いです。
管理はしやすいのですがたくさん実をならせるには心もとないです。

桃果実2016.5.18.JPG

冬の間にかなり多めに摘蕾したつもりだったのですが、
いざ春になってみたらものすごく大量に花が咲きました。
あれでもまだ足りないなんてちょっとショックです・・・
実も大量になってしまったので摘果も大量にしました。
100個くらいなっていたのを半分くらいに減らしました。
もうしばらく様子を見てさらに減らしてから袋掛けをします。
桃は虫にはやられませんが鳥に狙われるので対策が必要ですね。

草刈りをしながらこまめに土の状態も確認しているんですが、
果樹ゾーンもまだまだ硬いです。
3年も土作りに専念して雑草を敷きまくってきたのに・・・
でもミミズはそこそこ湧いてきているようですので進歩はしていると思いたいです。
つべこべ言っていても仕方がないので今年も思いっきり雑草を敷きまくってやります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

空豆の収穫をしました

暖かくなってきて雨の日も多くなってきて雑草の勢いが増しています。
畑の整備の作業に支障が出てくるので早く刈ってしまいたいのですが、
また今年も追いつけなくなりつつあります・・・

そんな忙しすぎる中、空豆の莢が大きくなってきました。
とりあえず空豆の様子です。

空豆2016.5.13.JPG

全部で16個タネを蒔きまして14個発芽しました。
左側が自家産のタネで右側が購入したタネでして発芽は半々だったのですが、
そこからの生長は購入した方が圧倒的に良かったです。
自家産が負けてしまうという悔しい事態になりました。
生長具合もまちまちです。

一番大きい株はこんな感じです。

空豆莢2016.5.13.JPG

1m近くはあるでしょうか。
取っても取っても脇目が出てきましていつの間にやら2本立ちになってしまいました。
本来は1本だけ残すようにするのですが、
大きさが甲乙付けがたかったのでそのままにしておいたらどちらも大きくなりました。
結構いい感じの大きな莢がなっています。

小さい株はこんな感じです。

空豆生長不良2016.5.13.JPG

40cmくらいの高さしか無くて莢も小さいです。
冬の寒さにやられて何度も枯れかけては脇目が出てきて復活の繰り返しでした。
あきらめかけていたことを思えばこれでもある意味上出来です。

今回は生長過程を記事にする余裕がありませんでした。
ということで収穫しました。

空豆収穫2016.5.13.JPG

3つ入りが4莢しかありません。
あとは2つか1つ入りだけです。
ネットで食べ方を見ていたら莢ごと焼くというのを目にしたので試してみました。
オーブントースターで焼いてみました。
食べてみると・・・
青臭くてイマイチかなと・・・
やっぱり塩茹でが無難ですね。

竹林に果樹に野菜に山菜と4つゾーンがありまして、
それぞれ作業が控えているんです。
とにかく早く草刈りを終わらせないとどうにもなりません。
分身の術で4人に分かれて同時に作業したいくらいです・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 空豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

甘夏の剪定をしました

例年は2月か遅くとも3月にはすべての果樹の剪定を済ませているのですが、
今年は甘夏だけは可能な限りギリギリまでならせておくことにしました。
農家だったら12月から1月くらいには収穫して倉庫で追熟させてから春に出荷するのですが、
当然樹上で完熟させた方がよりおいしくなるわけです。
5月くらいまでそのままにしておくつもりだったのですが、
結局4月までにほとんど落ちてしまいました。
強風や豪雨の時には特に多く落ちていました。
おそらく3月中にはすべて収穫しても同じだと思われます。

ということで甘夏の様子です。

甘夏2016.5.2.JPG

相変わらず大木です。
これでも当初よりは半分くらいの高さです。
主幹の長さが私の身長を越えているので本当は50cmくらいで切ってしまいたいのですが、
そうなると枝が全部無くなってしまいます。
その年に収穫できなくなるどころか枯れてしまうかもしれません。
なのでとりあえず私がこの畑に取り掛かった当時の高さの半分の高さに切って以降は、
毎年少しずつ手の届かない位置まで伸びている枝を剪定してきました。

今年は遅くなってしまったのでもう既に花が咲こうとしています。

甘夏蕾2016.5.2.JPG

結構たくさん蕾が出ていたので来年もかなりの数を収穫できると思います。
でもある程度は摘果してひとつひとつが大きくおいしくなるようにしなければなりませんね。

ということで剪定を開始しました。

甘夏枝2016.5.2.JPG

どこから手をつけていいのやらというくらい混み合っています。
でも昨年の時点で今年はどれを切るかは既に決めていました。

ということで剪定を完了しました。

甘夏剪定後2016.5.2.JPG

最初の写真よりも少し上の方がスッキリしましたよね。
もう2本残っているのですがこれまで切ってしまうと来年の収穫が激減するのでやめておきました。
でもそれは来年には切るつもりです。
それまでには下から生えてきている若い枝が大きくなって代わりになれると予定しています。

剪定は何度やっても慣れませんね。
ずっと苦手なままです。
切ってしまって大丈夫だろうかと毎回不安になります。
でもこれも経験を積んでスキルアップして行くしかありませんね。

最後に2月の果実の様子です。

甘夏鳥食い2016.2.16.JPG

甘夏は甘といっても所詮は夏みかんなのでたいして甘くありません。
だからなのか鳥の被害に遭うことは滅多にありませんでした。
あっても2つか3つくらいでした。
ところが今年は20〜30個くらいもやられまくりでした。
よほど味がおいしくなったのかと思いきや例年と大差無いような・・・
おそらくムクドリによるものだと思われますが何で今年に限って???

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする