2017年12月31日

みかんの様子

今年最後の畑の作業に行ってきました。
大晦日と三が日は休むことにします。
とりあえず、柑橘の様子です。

柑橘2017.12.30.jpg

落葉樹は葉っぱが全て落ちまして常緑樹の柑橘だけ青々としています。
なので実がなっているのが遠目にもわかりますね。
泥棒に狙われないか気がかりですが柑橘はこれまで盗まれたことはありません。

まずはデコポンです。

デコポン2017.12.30.jpg

奥にもう1本あるんですが今年は実がなりませんでした。
手前のは8個なっています。
当初は10個なっていたのですが台風で2個落ちてしまいました。
大きさがまちまちですが結構大きいのもあります。
それより何より木がだいぶ大きくなってきたのがうれしいです。

次は晩白柚です。

晩白柚2017.12.30.jpg

こちらは例年通りたくさん実がなりました。
十数個はなっていると思います。
台風で6・7個も落ちたのですが全然余裕ですね。
実が大きいので枝が垂れ下がって苦しそうです。

次はタロッコです。

タロッコ2017.12.30.jpg

これはいわゆるブラッドオレンジです。
植えてから5年で初めて実がなりました。
隣にもう1本モロという品種のブラッドオレンジも植えてあるのですが、
こちらは今年も実がなるどころか花も咲きませんでした。
でもまぁ大いなる一歩ではあります。

最後に甘夏です。

甘夏2017.12.30.jpg

こちらも例年通りに大量に実がなりました。
摘果するつもりだったのですが手が回らずに実をならせ過ぎました。
何十個あるのか数えるのが面倒でよくわかりません。
甘夏はもうそろそろ収穫してもいい頃ですが、
やはり果樹は樹上で完熟させてこそなので、
自然に落ちてきた実から食べていこうと思っています。

今年はファイナルステージと銘打って本格栽培を開始したのですが、
うまく行ったり行かなかったりでこれまでとあまり変わり映えしませんねぇ・・・
特にうちの畑では鬼門だった葉野菜が今年も全然ダメでした・・・
あえて安全策を取って庭で育苗したのが失敗でした。
やはり自然農法を謳っているからにはタネは直蒔きすべきですよね。
来年は初心に帰ってあくまで自然農法をやり切ろうと思います。
ということで来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:34| Comment(2) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

赤空豆の様子

秋蒔き野菜は葉野菜がまともに生長させれずに失敗がほぼ確定ですが、
他にもいくつか種蒔きしていましてそこそこ育っているのもあります。
その中から今回は空豆の様子です。

空豆2017.12.29.jpg

全部で32株あります。
セルトレイは使わずに畑に直蒔きしまして発芽率100%でした。
余ったタネを補欠としてセルトレイに蒔いたのですが不用だったようです。
そちらは10個蒔きまして8個発芽しました。
その8株は別の場所に植えてあります。

1m四方の中に4株ずつです。

赤空豆2017.12.29.jpg

これまで空豆は普通の一寸空豆ばかり栽培してきましたが今回はひと味違います。
越前赤そら豆という豆が赤い品種なんです。
10月中には種蒔きをしたかったのですが他の作業が忙しくて手が回らず、
11月を過ぎてからやっと種蒔き時期ギリギリで行いました。

だからなのか株があまり大きくなっていません。

赤空豆大2017.12.29.jpg

まだ5・6cmくらいの高さでしょうか。
秋の終わりが早かったのもその一因だと思われます。

一番小さいのはまだこんなのです。

赤空豆小2017.12.29.jpg

2・3cmくらいでしょうか。
鳥避けにシェルターを被せていたのは温室効果でそこそこ育っているのですが、
シェルターが足らずにそのままだったのは生長が遅くなりました。
でも空豆は丈が低い方が寒害を受けにくいそうなのでこれでいいのかもしれません。

猛烈な寒さが続いていますが畑にはほぼ毎日行っています。
今は山菜ゾーンの掃除をしています。
かつて廃車にした車が置いてあったので、
それが朽ち果ててこぼれ落ちた金属片が地面に大量にばら撒かれているんです。
それを土をふるいにかけながら取り除いています。
何年も前からやっている作業ですが困難を極めながらも少しずつ進めてきました。
春までに終われればいいのですが無理だろうなぁ・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:40| Comment(0) | 空豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

明日葉のタネを採りました

庭で種蒔きして育苗してきた明日葉をやっと畑に植えてこれから収穫のつもりでしたが、
結局、夏にトウ立ちして花が咲いてしまいました。
花が枯れて株も枯れてきてタネができてきているのは気がついていたのですが、
他の作業が忙しくて手が付けれませんでした。
その間にも台風が来たりしてどうなってしまうのか気が気ではありませんでした。
とりあえずまぁ明日葉の様子です。

明日葉2017.12.21.jpg

4株あります。
すっかり枯れてしまっています。
そして台風に煽られて倒れてしまっています。

明日葉枯れ2017.12.21.jpg

トウ立ちとともにかなり枝が伸びて大きな株になりました。
なので花も大量に咲きましたしタネも大量になっています。
タネはこんな感じです。

明日葉タネ2017.12.21.jpg

タネというよりも莢みたいな感じですよね。
最初に種蒔きした時もこんなのが袋に入っていたので間違いないはずです。
どう見てもタネに見えないので不安なまま種蒔きしたのですが確かに発芽しました。
ただずっと放置してしまったので強風でタネがあちこちに飛び散っているかもしれません。
自然に発芽してくれたらそれはそれでいいのですが、
今のところそれっぽいのが見当たらないので発芽はしていないようです。

ということで採種しました。

明日葉採種2017.12.21.jpg

一部採種しただけでほとんどはその場に放置してあります。
本来は秋蒔きなのですがもう冬なので春にまた庭で種蒔きしようと思っています。
ただ明日葉は発芽率が悪い上にタネの寿命も短いんです。
昨年の秋と今年の春の2回に渡って明日葉の本場の八丈島から取り寄せたタネを大量に蒔いたのですが、
全く1つも発芽しませんでした・・・
種蒔きしてから発芽までひと月もかかるのもじれったくて困るところです。

体にいいということで栽培を始めたのですがいまだに一度も収穫まで行けていません。
来年か再来年には何が何でも食べてみたいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:21| Comment(0) | 明日葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ジャンボニンニクの様子

毎日もの凄い寒さですねぇ。
秋に涼しくなっていくのも速かったですし、
冬に本格的な寒波が来るのも速かったですね。
何が温暖化だか・・・
今年は全国的に野菜の生育がおかしいみたいですね・・・

そんな中、ジャンボニンニクが発芽して生長してきました。
とりあえずニンニクの様子です。

ニンニク2017.12.15.jpg

ニンニク専用スペースです。
18株あります。
数日前まで草ボウボウでしたがすべて刈って敷いてあります。
毎年だいたい10月中旬に鱗片を埋めるのですが、
今年はひと月以上早い9月上旬に埋めてみました。
発芽が早ければ寒波が来るまでに例年よりも生長するだろうと見込んでいたのですが、
それがなかなか発芽してくれませんでした。
結局ひと月以上かかってやっと発芽し始めました。
それも同時にではなくて全部発芽するまでにはさらにひと月くらいかかりました。
これじゃあいくつかは例年よりも生長が遅いくらいです・・・

今のところこのくらいの大きさです。

ジャンボニンニク201712.16.jpg

まぁだいたい例年通りの大きさですね。
ということは見込み通りに行かなかったということになります。
3分の2くらいはこんな感じでまあまあ順調なのですが、
まだ全然小さいのもあります。

ジャンボニンニク発芽2017.12.16.jpg

発芽して葉っぱが伸びかけみたいなレベルですね。
3分の1くらいはこんな状態です。
どれも発芽が遅かったやつです。
やはり天候不順が原因でしょうか?
毎年生長不良の株はいくつかは混ざってくるのですが、
こんなにも生育具合がばらついているのは初めてですね。
春になったら一気に急生長してくれるといいのですが・・・

時々今年収穫したニンニクを食べているのですが、
味自体は普通においしいもののイマイチパンチが足らないんです・・・
ジャンボは匂いがマイルドで残らないので仕事に行く前に食べても大丈夫というメリットと同時に、
強烈なニンニク臭が無いので味にインパクトが無いんです。
匂いや風味も旨味の一部なんだなと今さらながらしみじみと感じています。
匂いが強烈でこれぞニンニクだというような旨味の強いニンニクも栽培したくなってきました。
うちの地域は中間地なので寒地向けのホワイト六片はどうにもうまく行きません。
暖地向けのニンニクで何かいい品種は無いものですかね?

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:38| Comment(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

みどり豆を収穫しました

今年初めて栽培したみどり豆ですがやっと収穫しました。
とりあえず、みどり豆の様子です。

みどり豆2017.12.7.jpg

すっかり枯れ込んでいます。
12月を過ぎているので当然ですね。
11月下旬には収穫したかったのですが他の作業が忙しくて手が回りませんでした。

ここまで枯れ込んでしまうと弊害がありまして・・・

みどり豆枯れ2017.12.7.jpg

茶色やこげ茶色の中に白いのもあるのがわかりますでしょうか?
これは莢がねじれて中の豆が飛び出してしまったやつなんです。
枯れ過ぎるとこうなってしまいます。
なのでもっと早く収穫すべきなのですが毎年こんな感じですな・・・

地際からノコギリで切って次々に収穫して行きました。
そしてはじけ飛んでしまった豆も拾いました。

みどり豆飛び出し2017.12.7.jpg

刈った雑草をしいてあるのでその上に豆がのっかっています。
枯れた雑草の中だと緑色が目立つので見つけやすいです。
でもこれが結構落ちていて拾い集めるのが大変でした。
写真の豆粒を見ていただいてもわかるようにちゃんとした豆になっています。
カメムシがかなりたかっていましたが何とかそこそこの収量はありそうです。
胸を張って成功とは言えませんが失敗でも無いですね。
まぁ何とかなったということで。

この品種は岩手みどり豆といいます。
いわゆる青大豆ですね。
ひたし豆というめんつゆにひたして味をしみこませる食べ方だそうです。
丹波の黒豆(黒大豆)、だだちゃ豆(茶大豆)も合わせて今年は3種類の大豆を栽培しました。
実は黒豆も既に収穫済みなのですがこちらはほぼ壊滅状態でして・・・
昨年は大豊作だったのに今年はカメムシ以外にも天候不順もあってどうにもなりませんでした。
黒豆は自家採取のタネなのにみどり豆よりも全然ダメとは・・・
とにかく来年の夏までにカメムシ対策を考えます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:37| Comment(0) | みどり豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする