2018年05月27日

赤空豆を収穫しました

ただ今急ピッチで草刈り&種蒔きの作業を進めております。
忙しくて他のことを気にする余裕が無くて空豆はほとんど放置していました。
5月上旬から6月中旬が収穫時なので来月初旬にでもと思っていたのですが、
ふと空豆を様子を見てみるとヤバイことになっていました・・・

とりあえず空豆の様子です。

空豆2018.5.26.jpg

雑草まみれでよく見えませんよね。
これぞ自然農法という状態です。
春先は少ししか生えていなかったのですが、
5月に入ってから急速に伸び始めました。

空豆の株はこんな感じです。

空豆株2018.5.26.jpg

これでもまだ見辛いですね。
冬の間は幼株のままでしたが3月から徐々に生長が始まりまして、
4月から生長速度が上がりまして、
5月以降はそれほど大きさは変わっていないと思います。

それで何がヤバイのかと申しますと・・・

空豆莢2018.5.26.jpg

莢の半分以上が枯れてきてしまいまして・・・
花が咲いて莢が出てきたのはわかっていたのですがサヤエンドウ程度の大きさなんです。
一寸空豆よりは豆の大きさが小さい品種なので莢もそれよりは小さいだろうとは思っていたんです。
でもどのくらいの大きさがMAXなのかわからないので様子見をしていました。
そしたらいつの間にやら時期を過ぎてしまったようです・・・
これはもう来シーズンのタネにするしかないですね。

仕方が無いのでまだ青い莢を急遽すべて収穫することにしました。

空豆収穫2018.5.26.jpg

これが今回の全収穫量です。
大豊作ですね。
すべて収穫できていればこれの倍以上の量です。
うちの家族だけではこの量でも食べ切れません。
豊産性なのは聞いていましたがここまでとは思っていませんでした。
右の袋に入っているのは黒くなりかけ状態の莢です。
もしかしたら何とか食べれるのではと思いまして一応収穫しました。

それではこれが赤空豆です。

赤空豆2018.5.26.jpg

しっかりと赤いですね。
一寸空豆の半分以下の大きさです。
インゲンよりひと回りふた回りくらい大きい感じです。
写真の豆は黒くなりかけの莢から取り出した豆です。
だからなのか豆が結構しっかりしていて硬いです。

早速塩茹でして食べてみました。
やはり少し硬いかなとは感じましたが普通に食べれる程度でした。
味としましては空豆の風味が弱いかなという感じでして・・・
あの独特の青臭さが苦手な人にはいいかもしれません。
私的には少し物足りない味でした。
それと小さいのでホクホク感もあまりありません。
普通に豆を食べている感じです。
茹でても赤い色が変わらないのはいいですね。
とても見栄えがします。
これからレシピを調べていろんな食べ方をしてみるつもりです。


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:57| Comment(0) | 空豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

ニンニクの蕾を収穫しました

18日の金曜はもの凄く暑くて真夏のようだったのに、
翌日の土曜は深夜に雨が降っただけで一気に冬のような寒さに・・・
もう体の神経がおかしくなりそうです・・・
進んだり戻ったりを繰り返しながら季節が変わっていくのは当然なのですが、
ここ何年かそのメリハリがあまりにも極端過ぎるような気がします。
今年は栽培に適した天候だといいのですが・・・

とりあえずニンニクの様子です。

ニンニク2018.5.17.jpg

雑草がボウボウです。
冬に雑草をきれいに刈っているのですが、
春になってから徐々に生え始めまして5月に入ったら急速に伸びてきました。
でもまぁ雑草の中で栽培するのが自然農法なのでこれでいいわけです。

今はこんな状態になりました。

ジャンボニンニク2018.5.17.jpg

トウが立ってきました。
例年だとここまで伸びる前に摘み取ってその場に転がしてしまうのですが、
今年はこれを収穫してみることにしました。
ただトウ立ちしている株は全体の半分だけでして・・・
今シーズンのニンニクは生長具合がかなりバラついてしまいました。
厳しい結果が待ち受けているかもしれません・・・

ということで収穫しました。

ニンニク蕾2018.5.17.jpg

この茎の部分がニンニクの芽としてスーパーとかでも見かけますね。
ただそのほぼすべてが中国産ですが・・・
あんなものはとてもじゃないですが買う気になれないので自家産を初収穫です。

その日の夕食で炒め物にして早速食べてみました。
蕾も茎もコリコリとした食感でした。
ジャンボニンニクなので味も香りも控えめですね。
でも翌日になったらお腹が活性化したような感じになってきまして、
スタミナもアップしたような気がしました。
味や香りは控えめでも栄養は普通のニンニクと同等かそれ以上らしいです。

急ピッチで草刈りと種蒔きを進めています。
何とか今月中にはできそうなめどが立ってきました。
気を抜かずに頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:14| Comment(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

スイカの様子

今年もスイカの栽培を開始しました。
先月の上旬に種蒔きをしたのですがなかなか発芽しませんでして、
下旬になってやっと発芽が確認できました。
それ以後は果樹の施肥作業が忙しくて放置していました。
この日の前日に久しぶりに様子を見に行きましてシェルターを外していくつか間引きました。
そして翌日にまた様子を見に行ったらこんなことに・・・

大和クリーム2018.5.12.jpg

もう早速ウリハムシがついていまして葉っぱを齧られてしまいました・・・
すぐに無農薬農薬を散布すべきでした。
5粒タネを蒔きましてすべて発芽しました。
2株間引きまして3株残っています。
株の周りにいろいろと変なものが目に付いていると思いますが、
それは甘夏の皮とネギです。

ウリハムシ対策に周囲に敷いてみました。

ネギ甘夏2018.5.12.jpg

トウが立って硬くなってしまったネギを刈り取りまして、
それをちぎって周囲に撒いておきました。
ウリハムシはネギの臭いが苦手なんだそうです。
そしてなぜだかはわかりませんがみかんの色なのか成分なのかも苦手らしいです。
食べ切れなくて畑に置いてある甘夏の果実も周囲に置いてみました。

ということでスイカの様子です。

スイカ2018.5.12.jpg

2株栽培する予定です。
中央にあるのは枯れたイチジクの木です。
イチジクを植えていた場所を今回はスイカ栽培に使います。
そして昨年まで竹林だった場所に蔓を伸ばしていきます。
今回も昨年同様に大和クリームという黄肉スイカです。
片方が昨年購入したタネの余りでもう片方が自家採取したタネなんですが、
どっちがどっちだか忘れてしまいました・・・
これじゃあ生長具合を比較できません。
何たる間抜けな不覚・・・

種蒔きの作業がなかなか進まなくてとても焦っています。
まずは草刈りから始めなくてはならないので結構時間がかかるんです。
私は病的な几帳面なのでどうしても丁寧にやり過ぎてしまうんです。
もしかして自然農法に向いてないのかなぁ・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:50| Comment(2) | スイカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

キャベツの様子

昨年の夏から秋にかけてセルトレイに種蒔きして庭での育苗に失敗して貧弱な小さい苗のまま畑に植えたキャベツ。
もうダメだと収穫についてはあきらめていたのですが、
春になって暖かくなってきたらだんだんと大きくなってきました。

とりあえず、キャベツの様子です。

キャベツ2018.5.12.jpg

雑草に覆われていましたが果樹の施肥の合間に少しずつ刈って行きました。
20株以上植えてあったのですが生き残ったのは10株ほどです。
大きさはまちまちです。

大きいのはこんな感じです。

レッドエーカー2018.5.12.jpg

結構立派になりました。
秋にこのくらいになっていて欲しかった・・・
レッドエーカーという紫キャベツです。

まだ巻くところまでは行っていません。

キャベツ大2018.5.12.jpg

収穫時期は11〜12月なので本来ならもうとっくに収穫を終えているはずですからね。
今の時期にこんな大きさなのがおかしいのだと思われます。
11月までにどんな感じに育っていくか全くわかりません・・・

小さいのはこんな感じです。

キャベツ小2018.5.12.jpg

種蒔きしてから半年以上経過してるのに・・・
でも種蒔き時期は6月からなのでもう来月ですね。
そう考えるとこのくらいの大きさがちょうどいいような気もします。

場所が空いているので来月か再来月くらいには種蒔きをしようと思っています。
もう今度はセルトレイは使わずに直蒔きで行きます。
虫害のリスクはありますがそれは庭で育苗していても同じでした。
とにかく今年はすべて直蒔きで貫きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:33| Comment(0) | キャベツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

穂先タケノコを収穫しました

連休中も毎日畑に行っていました。
本当は他のこともやりたいのですがあまりに作業が遅れているので・・・
そんな中、タケノコがどんどん伸びてしまいました。
とりあえず竹林の様子です。

竹林2018.5.5.jpg

冬の間に草をすべて刈ったのですがもう元通り以上です・・・
高く伸びたタケノコが生えているのですが見辛いですね。
ではこれならどうでしょうか?

タケノコ2018.5.5.jpg

果樹の後ろの崖側から伸びているのがわかりますでしょうか?
崖の下は私が開墾を始めた頃は竹が全て伐採されていたんです。
でもいつの間にか生え始めて崖をつたって地下茎が畑の中まで入ってきてしまいました。
リンゴと洋梨とネクタリンが崖側に植えてあるのですが、
株元にまで地下茎が伸びてきていてそれを掘り出すのに苦労しました。
困ったものです・・・

ということでタケノコの穂先を切り取りました。

穂先2018.5.5.jpg

50cmの長さです。
ここからさらに先端の20cmを切りまして残りの30cmを半分に切ります。

穂先分割2018.5.5.jpg

そして皮を剥きます。

穂先中身2018.5.5.jpg

これが食用部分です。
これがいわゆる穂先タケノコです。
もうこの時点でとても柔らかいです。

ということで1mから3mくらいに伸びたタケノコから次々に収穫して行きました。

穂先タケノコ2018.5.5.jpg

これが今回の全収穫量です。
1本から取れる量は少ししかありません。
でもうちの家族だけで食べる分には十分な量です。
10数本から収穫しましたがタケノコを掘り出すことに比べたらとても楽です。
そして柔らかくてエグミもありません。
なので面倒な下処理無しでいきなり調理できるんです。
楽に収穫調理できるタケノコとして注目されているそうです。

今年のタケノコは2回収穫しただけでした。
通常は4月の下旬が最盛期なのですが今年は放置していました。
そして5月上旬に穂先タケノコとして収穫しました。
タケノコは掘れば掘るほどに次々と上がってくるんですが、
今年はそのままにしていたので例年よりも上がってきませんでした。
おそらく今後もこのスタイルで行くことになると思います。

やっと果樹への施肥が完了しました。
これでやっと野菜の種蒔きの作業に取り掛かれます。
予定よりもかなり遅れているので焦っています。
タネを蒔こうにもいつの間にか雑草がボウボウになってしまっているので、
まずは草刈りから始めねばなりません。
種蒔き時期内に間に合うように頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする