2018年12月30日

晩白柚を収穫しました

凄まじい寒さですねぇ・・・
ここまでは暖冬でしたがとうとう本物の寒波がやってきました。
痺れるような寒さですが負けずに畑に行きます。

そんな中、晩白柚を収穫することにしました。
とりあえず、晩白柚の様子です。

晩白柚2018.12.29.jpg

実をならせ過ぎですね・・・
重みで枝が垂れ下がってしまっています。
でも毎年こんなでも隔年結果にはなりません。
例年は3月くらいに収穫していましたが、
どうやらそれでは遅過ぎるようなのです。
苗を買った時に付いていたタグを見てみたら12月中旬からとなっていました。
なので今回は年末にしてみました。

巨大な実がたくさんなっています。

晩白柚実2018.12.29.jpg

ただまぁ実の肌色がイマイチですね。
台風で揺らされたり虫にやられたりとかでどうしてもこうなってしまいます。
でも中身には何の問題もありません。

ということで収穫しました。

晩白柚収穫2018.12.29.jpg

20個あります。
今月上旬に1個落ちていたのを拾っていますのでトータルでは21個の収穫となりました。
写真の右下にあるのは甘夏です。
それと比べると晩白柚の巨大さがわかっていただけると思います。
ひと月追熟してから食べ始めます。

今年も残すところあと僅か・・・
もう本当にあっという間に時が過ぎていくのが恐怖でたまりません・・・
でもまぁ春夏秋冬を感じながら続けていくのが畑ですしねぇ。
ただまぁその畑も10年以上もやっているのにいまだに土ができてくれません。
自然農法をきっちりとやり切る意気込みでのファイナルステージ2年目でしたが、
今年も中途半端なことになってしまいました。
来年どうするかは正月休みの間にじっくりと考えます。
それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:53| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

松本一本太ネギを収穫しました

すき焼きの材料としてネギを収穫することにしました。
とりあえず、ネギの様子です。

ネギ2018.12.19.jpg

6月にこのスペースにぎっしりと植えたのですがほとんど枯れてしまいました・・・
一時は全滅かと思っていたのですが僅かに生き残りまして、
猛暑も耐え抜いて生長を続けていきました。
全部で5株あります。

数は少ないですが結構いい感じに育っています。

白ネギ2018.12.19.jpg

地上部が青々としていていかにも良さげなんですが、
このネギは白ネギなので土の中の部分が重要です。
さて、どんな具合なのか?

ということで収穫しました。

松本一本太2018.12.19.jpg

収穫サイズとしてはこの4株だけでした。
ちょっと短いですがまずまずというところでしょうか?
太さは申し分ないと思います。
土が硬くてあまり深くまで穴をあけられなかったので致し方ないです。

初めての白ネギ栽培でしたが生き残った株に関しては成功と言えるのではないかと。
ただ植えた数と比べて生き残った数が少な過ぎます。
栽培そのものは失敗ということですね・・・

今回栽培したこの品種は本来は縦穴法で栽培するような品種ではありません。
ある程度生長してきたところで横に寝かせる形で植え替えるのだそうです。
どちらのやり方でするにしても植え替える段階で苗がもっと大きくなっていないと、
そのあとほとんど生き残れないと思われます。
初期育成をどうやってうまく進めるのかが今後の大きな課題ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:34| Comment(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

宮重総太り大根を収穫しました

白菜同様に豚汁に入れるために大根も収穫することにしました。
とりあえず大根の様子です。

大根2018.12.17.jpg

11月に入ったばかりの前回記事の時点ではまだ全然細かったのですが、
12月に入ってから急速に太り始めました。

青首大根はこんな感じです。

青首2018.12.17.jpg

もう大半が収穫サイズに達しつつあります。
例年よりも少し早いように感じますね。
これも暖冬の影響でしょうか?

桜島大根はこんな感じです。

桜島2018.12.17.jpg

だいぶ太ってきましたがまだまだですね。
こちらは寒波に合わせるように肥大化しますので、
もっと本格的な冬の寒さが必要なのかもしれません。
収穫は年明け以降にします。

ということで収穫しました。

宮重総太り2018.12.17.jpg

立派な大根へと生長してくれました。
太さも長さも申し分ないですね。
うちは葉っぱを食べる習慣が無いので葉っぱはすべて地面に敷きました。
葉っぱの方が栄養価は高いのですが味がどうにも・・・

葉野菜が全然ダメなのに根野菜は毎年うまく行くんです。
粘土質の硬い土なので根野菜の方が難しいはずだと思うのですが・・・
葉野菜の方が土の栄養をより多く必要とするのかもしれません。
大根に関してはさらなるステップアップを目指して栽培品種を増やそうかと思っています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:27| Comment(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

松島新二号白菜を収穫しました

鍋の季節になってきました。
鍋ではありませんが豚汁の材料として白菜を収穫することにしました。

とりあえず、白菜の様子です。

白菜2018.12.17.jpg

今年の白菜栽培も初期の生長がうまく行かなくてもうダメかと思っていました。
でも暖冬だからか11月を過ぎてもグングンと生長を続けました。
10月の時点と比べるとだいぶ大きくなっています。

とは言っても毎年のごとくの問題が今年も起こっていまして・・・

白菜巻かない2018.12.17.jpg

全然巻いてくれない・・・
何というか白菜というよりもリーフレタスみたいな感じですね。
キャベツでもそうですが巻かないのは肥料が足らないのだそうです。
うちは当然無肥料なので足る足らない以前の問題ですが、
まぁ要するにまだまだ土ができていないということなのでしょう。
でも昨年よりは株自体は大きくなったので一歩前進ということにしておきます。

ということで一番大きいのを収穫しました。

松島新二号2018.12.17.jpg

これがちゃんと巻いていたら立派な白菜なのになぁ・・・
地際の部分を鎌で切ったのですが、
根っこが大根みたいにもの凄く太かったです。

そしてすぐに家に帰って調理したのですが、
うちの母が切りながら硬い硬いとボヤいていまして・・・
それでも内側の葉っぱを豚汁にして食べてみました。
少し歯ごたえはありますが許容範囲内だと思います。
味としては白菜というよりは大根の葉っぱみたいな感じでした。
まぁ悪くは無いです。

株の大きさからすると土の栄養自体はそこそこ足りているようにも見えるんですけどね・・・
それでも全然巻いてはくれません。
とにかくまぁ初期育成が悪過ぎるのがどうにもこうにも・・・
それがうちの畑の強烈な粘土質の土の限界なのかもしれません。
重大な決断をする意思が固まりつつあります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:59| Comment(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

みかんの様子

とうとう本格的な寒波がやってきましたね。
年齢とともに暑さには強くなってきているのですが、
逆に寒さに弱くなってきていまして、
冬の間の作業が思いやられます・・・

そんな中、柑橘が色づいてきました。
まずはデコポンです。

デコポン2018.12.8.jpg

木の大きさにかなり差が出てしまいました。
大きい方も植えてから何年も小さいままでなかなか大きくなりませんでした。
肥料をたっぷりと与えるようになってからようやく生長が始まりました。
それにしても実をならせ過ぎましたね。
重みで枝が垂れ下がって地面に着きそうになっているのもあります。
小さい方は1個だけです。
大きい方も普通のデコポンいわゆる不知火のつもりだったのですが、
苗を購入した時に付けられていたタグが出てきまして、
それには早生デコポンと書かれていました。
どうやらこのデコポンは肥の豊という品種のようです。
不知火は3月くらいが収穫時なのですが肥の豊は1月中旬からなんです。
だから今年の3月に収穫した実はイマイチ水分が少なかったのでしょうか?
今回は来月の下旬くらいに収穫してみます。

次は晩白柚です。

晩白柚2018.12.8.jpg

巨大な実がたくさんなっています。
適切に摘果したつもりだったのですが実が大きくなってみるとならせ過ぎに見えますね。
晩白柚も前回は今年の3月に収穫したのですが、
どうやら12月中旬からが適期のようなんです。
柑橘ってネットで収穫時期を調べてみると人によってマチマチなんですよね・・・
いろいろと精査してみた結果、今回は年内で収穫することにしました。

次はブラッドオレンジです。

タロッコ2018.12.8.jpg

タロッコという品種です。
こちらも実をならせ過ぎました。
枝どころか木が傾いてしまっています・・・
摘果をほとんどせずに自然任せにしたのが失敗でした。
木の生長に影響がなければいいのですが・・・

次もブラッドオレンジです。

モロ2018.12.8.jpg

モロという品種です。
こちらはさらに木が小さいです。
でも少しずつですが着実に大きくなってはきています。
いまだに花すら咲きません。
来年こそは・・・

最後は甘夏です。

甘夏2018.12.8.jpg

毎年徐々に太い枝を剪定してきましてようやくコンパクトな木になりつつあります。
手の届く高さになったのでしっかりと摘果するつもりだったのですが、
花があまりたくさん咲かなかったので当然実もあまりなりませんでした。
なので摘果するほど実が無いのでしていません。
こちらも来年が勝負ですね。

果樹の栽培はどれも難しいのですが、
柑橘はまだ他のと比べれば多少は楽ですかね。
実の皮がしっかりとしているので傷みにくいですし日持ちもしますし。
他にも興味のある品種があるのでさらに増やしたい気もあるのですが、
もうこれ以上は厳しいですしね・・・
生長不良の株やまともに収穫できない株との入れ替えを検討してみます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする