2019年01月28日

オークリーフレタスを収穫しました

うちの畑の鬼門である葉もの栽培。
キャベツも白菜もうまくできませんでしたがレタスはどうでしょうか?
とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.1.22.jpg

雑草の中にいくつか赤いのがありますよね。
それがレタスです。
全部で10株あります。
昨年の夏の終わりにもっと広い範囲に種蒔きしたのですが、
発芽はするもののそこからまともに生長してくれません。
僅かに生き残った株を植え直したりしてここまで栽培してきました。

大きいのはこんな感じです。

オークリーフ2019.1.22.jpg

そこそこ立派な株にはなっています。
赤いレタスでしてオークリーフという巻かない品種です。

でも小さいのはこんな感じです。

レタス生長不良2019.1.22.jpg

葉っぱも僅かで食べるほどの量がありません。
半分くらいこんな大きさなんですから話になりません・・・

ということで収穫しました。

レタス収穫2019.1.22.jpg

一応フルサイズにまで育ったのはこの2株だけでした。
食べてみましたが若干硬めな感じでした。
でもまぁ問題なく食べれるレベルでした。

昨シーズンと比べれば2株だけとは言えまともなのを収穫できただけ大進歩と言えなくも無いです。
でもまぁあまりにもレベルが低いですね・・・
それに何とかそこそこの大きさになったのは暖冬だったのも大きいと思います。
これでは成功には程遠いので大いなる改善が必要ですね。
これから土質の改造に取り組みます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:03| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

桜島大根を収穫しました

毎日寒いですが雨が少ないので何とか予定通りに作業が進んでおります。
そんな中、桜島大根を収穫することにしました。

とりあえず、大根の様子です。

大根2019.116.jpg

まだほとんど残っています。
青首大根も10株中3株しか収穫していません。
桜島は4株すべて残っています。

桜島はこんな感じです。

桜島大根2019.116.jpg

上から葉っぱだけ見ていると順調に大きく育っているように見えるのですが、
実際は寒波に当たってからもイマイチ大きくなりませでした。

ということで収穫しました。

桜島大根収穫2019.116.jpg

普通の白首大根よりも2回りくらい大きい程度でしょうか。
全然桜島の太さじゃありませんねぇ・・・
長さはこのくらいだと思うのですが。
寒波とともに太る性質なのですが暖冬の影響なのか土の問題のなのか・・・
とりあえずこの1株だけ収穫しました。

この数日前に青首大根を収穫したら少しだけですがスが入り始めていました。
特にトウ立ちしそうな状態には見えていなかったのですが、
やはりこのくらいの時期にはあれをすべきでしたね。
ということでしました。

大根ス入り対策2019.116.jpg

葉っぱをすべて刈り取りました。
逆さにして大根に被せてあります。
例年だとこれだけの処理しかしていなかったのですが、
今回は大根を引っこ抜いてすぐに戻すという処理もしました。
こうやって細根を切ってしまうことで生長を完全に止めれるそうです。
これで春までは畑に置いておけるはずです。

畑にスペースが十分にありますしタネも1袋に結構入っているので、
作り過ぎて食べ切れなくなることが多いです。
大根も毎年貰い手を捜すことになってしまっています。
例えタネが余ってしまって無駄になってしまっても、
少量多品種栽培を徹底しないとかえって野菜が無駄になりかねません。
タネの直採取が自然農法の基本なのであまり多品種だと大変なんですよね・・・
これも今後の課題ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:53| Comment(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

甘夏を収穫しました

あけましておめでとうございます。
年明けからもう10日以上も経つんですね・・・
4日から畑には行っています。
今は竹林の伐採と草刈りをしています。

そんな中、甘夏を収穫することにしました。
例年は春直前くらいに収穫しているのですが、
このところ実が次々に落ちていたのでこれ以上寒害に遭う前にと前倒ししました。
とりあえず甘夏の様子です。

甘夏2019.1.11.jpg

例年なら木にめいっぱい実がなっているのですが、
今回は僅かしかなっていません。
年々枝を減らして木を低くしてきましたがその影響でしょうか?

実はこんな感じです。

甘夏実2019.1.11.jpg

花自体があまり多く咲かなかったので摘雷も摘果もしていません。
数が少ない分もっと大きな実がなると思っていたのですが・・・

ということで収穫しました。

甘夏収穫2019.1.11.jpg

右端のがまあまあ大きいのですが他のはどれも小さいです。
色はどれも普通ですね。
13個ありますが既に落ちたのを6個収穫しているのでトータルだと19個です。
例年の10分の1程度です。
でも家族だけで食べるならこれくらいでも十分ですね。
これまでは多過ぎて貰い手を見つけるのが大変でしたので。
ひと月追熟してからが食べ頃です。

今年の正月休みは11連休もありましたのでその間いろいろと考えました。
うちの強烈な粘土質の土のままでは土作りがままならないこと。
かと言って耕してしまったら自然農法とは言えなくなってしまうこと。
とは言ってもこのままではせっかく時間や手間をかけても無駄に終わってしまいかねないこと。
でもこれまでずっと頑固に不耕起無肥料を貫いてきたのが私のプライドでもあること・・・
そして考えた結果、今後は耕すことを決意しました。
刈った雑草も地面に敷くだけではなくて土の中にどんどんすきこんでいきます。
苦渋の決断ですし自然農法をあきらめたわけではありません。
とにかく野菜がしっかりと根を深くに張り巡らせるに適した土に変えたいだけです。
思惑通りにうまく行くのかどうかわかりませんし、
結局は粘土質は変えられなかったという結末もありえます。
それでもやると決めた以上は徹底的にやり切る所存です。

ファイナルステージ3年目にして大きな転機を迎えました。
これからどんなことが起こるのやら・・・
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:09| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする