2019年03月31日

ホウレン草がトウ立ちしました・・・

昨年の秋は残暑が続いていて暑かったですし、
冬に入ってもしばらくは暖冬でした。
それによって秋蒔きの野菜が例年以上に生長するかと思っていたのですが、
実際はそうでもありませんでした・・・

とりあえずホウレン草の様子です。

ホウレン草2019.3.29.jpg

雑草にまみれていてよくわかりませんよね・・・
一応15株あるんです。

こんな状態です。

ホウレン草株2019.3.29.jpg

これでもわかり辛いですね。
種蒔き時期は少し遅れましたが気温は高かったので何とかなると思いましたが甘かったです・・・
それ以前に葉野菜を大きくできるだけの土では無いということでしょう。

で、結局こうなりました。

ホウレン草トウ立ち2019.3.29.jpg

まともに大きくならないままトウ立ちしてしまいました。
もうとっくに収穫時期を大幅に過ぎていますので当然ですね。
まぁ要するに毎度お馴染みの大失敗ということです。

このままただ刈ってしまうだけでは癪なので収穫しました。

ホウレン草収穫2019.3.29.jpg

白菜菜花が割りとおいしかったのでトウを収穫してみました。
軽くソテーして食べてみましたが可もなく不可もないという感じでして・・・
食えなくは無いですがおいしくもないかなと。

4年振りのホウレン草栽培でしたが前回同様にまたしてもダメでした。
今年は禁を破って耕しますので、
何が何でも葉野菜がまともに生長できる土にしてみせますとも。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:55| Comment(6) | ホウレンソウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

空豆の様子

3月も半ばを過ぎましたがまだまだ全然寒いですねぇ。
でも雑草の勢いが徐々に上がってきてるので着実に春は近づいているようです。

そんな中、空豆が大きくなってきました。
とりあえず空豆の様子です。

空豆2019.3.16.jpg

雑草でわかり辛いと思いますが元気に生えています。
左半分が河内一寸で右半分が越前赤です。
昨年は赤だけでしたが今年は普通のも栽培してみることにしました。

まずは河内一寸です。

一寸空豆2019.3.16.jpg

12粒埋めてすべて発芽したのですが、
生き残ったのは10株でした。
大きさはマチマチです。
脇目も結構出ているようです。

大きい株はこんな感じです。

河内一寸空豆2019.3.16.jpg

近所の畑の空豆と比べるとイマイチな大きさなのですが、
うちの畑にしてはまあまあではないかと。
花が咲き始めています。

次は越前赤です。

赤空豆2019.3.16.jpg

12粒埋めて10株発芽しました。
こちらは自家採取のタネがたくさんありまして蒔き直したので12株あります。
こちらも大きさはマチマチです。
一寸と比べるとやや株が小さいです。

大きい株はこんな感じです。

越前赤空豆2019.3.16.jpg

一寸と比べてやや蕾も小さいですね。
赤は一寸よりも豆が小さくて収量が多いんです。

暖かくなってくるとアブラムシが湧いてくるのでその対策が必要になりますね。
でも毎年後手後手になってしまっているので今年はどうにかしたいものです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:25| Comment(2) | 空豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

白菜菜花を収穫しました

結局白菜は株はそこそこ大きくなったものの葉っぱが巻くことはありませんでした。
そんなでも食べれなくは無いので鍋に入れたりして食べていました。
でもうちの家族はそんな白菜を嫌がりまして、
私だけではそんなに食べれず結局半分くらいがトウ立ちしてしまいました。

とりあえず、白菜の様子です。

白菜2019.3.6.jpg

14株あります。
全然小さいのも結構ありますね。
このままの土ではダメだということでしょう。

きれいな花が咲きました。

白菜トウ立ち2019.3.6.jpg

白菜はアブラナ科なので菜の花そのものですね。


ということで収穫しました。

白菜収穫2019.3.6.jpg

雨が降って日が暮れたので家の玄関で撮影しました。
花が咲いているのや咲きかけのを収穫しました。
3株分だけです。

早速この日の夜に食べてみました。
フライパンでさっとソテーして塩コショウしてみたりマヨネーズをつけて食べてました。
特にクセもなくて普通においしかったです。
葉っぱの部分も生だと硬いですが火を通すと柔らかくなって普通に食べれます。
その辺をうちの馬鹿な家族はわかってくれないんですよ・・・

もうそろそろ野菜の春蒔きを始める時期ですね。
露地栽培なので例年だと5月くらいからなんですが、
今年は鳥除けに使っているシェルターを被せて3月中にいくつか蒔く予定です。
もうすぐ今シーズンのスタートですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:35| Comment(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

ブラッドオレンジを収穫しました

3月に入ってもまだまだ寒いですねぇ。
でもそろそろ春蒔き野菜の準備に取り掛からねば。
畑にオフシーズンはありません。

そんな中、ブラッドオレンジの収穫をしました。
とりあえず様子です。

ブラッドオレンジ2019.3.5.jpg

雑草の色で葉っぱや枝がわかり辛いですね。
そしてまだまだ木が小さいです。
これはタロッコという品種です。
隣にモロという品種も植えてあるのですが今シーズンも実がなりませんでした・・・

鈴なりです。

ブラッドオレンジ果実2019.3.5.jpg

木が小さいのにならせ過ぎましたね。
でも実はいい色しています。

中にはこんなのも・・・

ブラッドオレンジ鳥食い2019.3.5.jpg

鳥に食べられてしまったようです。
ということはおいしいということですね。
中の身が赤いのがわかりますでしょうか?
これがブラッドオレンジの特徴です。
柑橘で唯一アントシアニンを含有しているそうです。

ということで収穫しました。

ブラッドオレンジf収穫2019.3.5.jpg

34個あります。
落果してしまったのを4個収穫して既に食べています。
なのでトータルでは38個ということになります。

味としては甘さと酸味がどちらも適度な感じでとてもおいしかったです。
上品な風味ですね。
ならせ過ぎた割にはいい味になっていると思います。
ただまぁ木にかなりダメージがありそうなので来年の収穫は厳しいかもしれませんね。
昨年は1個だけだったのが今年は38個と大躍進をしましたが、
来シーズンはほとんどの実を摘果してでも木をもっと大きくすることに注力した方が良さそうです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:14| Comment(2) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

大浦太ゴボウをすべて収穫しました

ゴボウを6年振りに栽培しまして、
地上部は立派に育ったのでどのくらいの太さになったのかと掘り出してみたら、
イマイチなのばかりでして・・・
24株ある内8株掘り出して既に食べています。
コトコト煮込むととても柔らかくなっておいしかったです。

とりあえず、ゴボウの様子です。

ゴボウ2019.3.2.jpg

一見何も無いように見えますね。
冬の間に葉っぱがすべて枯れてしまいました。

ゴボウ葉枯れ2019.3.2.jpg

でもちゃんと生きています。
なぜなら・・・

ゴボウ新芽2019.3.2.jpg

新芽が出てきているんです。
でもこのままではトウ立ちしてしまうのでこれ以上は畑に置いておけません。

ということで収穫しようと掘り始めたのですが、
これがしんどいのなんの・・・
土が硬くて重いのでスコップも鍬もなかなか深くまでは入って行けません。
もう仕方が無いので適当なところで鍬で切って掘り出しました。

ゴボウ枝分かれ2019.3.2.jpg

案の定こんなことに・・・
枝分かれしてしまうのは土が硬すぎるからですね。
ここまであからさまではなくてもほとんどが多少は枝分かれしていました。

ということですべて掘り出しました。

ゴボウ収穫2019.3.2.jpg

日が暮れてしまったのでフラッシュをたいています。
いろいろと試行錯誤しながら掘りましたが、
半分以上は20cmくらいで切ってしまいました。
でも太さを見る限りその倍以上は長さがありそうでした。
何とか頑張って深く掘ろうとしても30cmくらいが限界でした。
食べ物を粗末にするのは大嫌いなのですがもうどうしようもないですね・・・

この品種は短径なので5・60cmくらいのゴボウなのですが、
うちの土の硬さではこれだけの本数をその深さで掘るのはかなり厳しいです。
かと言って引っこ抜こうとしても葉っぱが先に千切れてしまいますし、
根っこの上部を持って無理に引っ張ればもっと短い部分で折れてしまいそうです。
この品種を栽培している農家だとパワーショベルを使って掘り起こした土の中から拾い上げるようです。
そんなこと家庭菜園で出来るはずも無く・・・
結論としましてはうちの今の土の状態ではゴボウは無謀だということですね。

春からの来シーズンは徹底的に耕して掘り起こして土を柔らかくしていきます。
そのためならどんな手段でも講じる覚悟です。
いつか必ずどんなゴボウでも普通に引っこ抜ける土にしてみせますとも!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:47| Comment(0) | ゴボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする