2019年04月29日

タケノコを収穫しました

例年ならもう少し早くに初収穫なのですが、
果樹の作業が忙しくてしんどくて手を付けれませんでした。
でもそろそろ食べたいので収穫することにしました。

とりあえず、竹林の様子です。

竹林2019.4.23.jpg

かつては畑全体が放置竹林と化していましたが、
今はもううちの土地の中には僅かしか竹は生えていません。
数年前まではまだこの範囲には生えていましたが、
それもほとんど伐採しました。
でも地下茎は残っているのであちこちからタケノコが出てきます。

4月上旬にはもうちらほら見えていたのですが、
そのままずっと放置していたらこうなってしまいました。

タケノコ伸び過ぎ2019.4.23.jpg

1mくらいの高さまで伸びています。
もうこうなってしまうと通常のタケノコとしては食べれません。
中に節ができ始めているはずです。
でもこのままさらに伸ばして2〜3mくらいの高さになったら、
穂先タケノコとして収穫することができます。

収穫できるレベルのもちゃんとありました。

タケノコ2019.4.23.jpg

このくらい突き出ている程度なら問題はありません。
穂先が出てしまって青くなっているのは商品にはなりませんが、
普通に食べる分には特にエグミは感じません。

ということで収穫しました。

タケノコ収穫2019.4.23.jpg

かつての頃に比べると半分以下どころか5分の1程度の量しか取れていません。
実はもっとたくさん掘り出しているのですが小さいのはほとんどその場に埋めておきました。
今の時期だとまだそれほど大きいのは出てきません。
それにあまり大量に持って帰っても食べ切れませんので・・・
正直なところこの量でも多過ぎるくらいなんです。
CLMさんの記事を見て蒸してみようかとも思ったのですが、
母が全部これまで通りに普通に茹でて出し汁で炊いてしまいました。
また機会があれば試してみますね。

昔は親戚から催促の電話がかかってくるくらい需要があったのですが、
今はこちらから電話をかけてもなかなかもらってくれなくなりました。
高齢化もありますがうち以外にももらえるあてがあるようなのです。
うちで食べるだけなら少ししか必要ありませんし、
もらい手の無いものをしんどい思いをして収穫するのが馬鹿らしくなりまして、
それで竹林を大幅に縮小したんです。
それでも十分過ぎるくらいに取れるんですがね。
今回の収穫分でもう既に食べ飽きてきているので、
しばらくタケノコは放置しておいて次は穂先タケノコを収穫するつもりです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:54| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

リンゴの花が咲きました

果樹の施肥の作業に手間取っておりまして、
野菜の種蒔きも草刈りも中断したまま進んでいません。
秋蒔きした野菜が雑草に埋もれてしまっているのに何もできません。
ヤバイです・・・

そんな中、リンゴに初めて花が咲きました。
とりあえず、リンゴの様子です。

ボレロ2019.4.19.jpg

細くて直立型です。
このリンゴは姫リンゴでしてボレロという品種です。
そして青リンゴなんです。
横に広がらないので場所を取らずにコンパクトなのが姫リンゴの特徴です。
こういうのをバレリーナツリーというそうです。

そして花はこんな感じです。

ボレロ花2019.4.19.jpg

白とピンクです。
桃や梨の花はこの時期毎年見ているのですが、
リンゴはまた独特な感じですね。

蕾はこんな感じです。

ボレロ蕾2019.4.19.jpg

赤いですね。
これが広がるとピンクから白になるようです。

2013年の年末に植えたので今年で5年ですね。
まだかまだかと待ちわびていましたがやっとの初開花ですよ!
昨年に蕾っぽいのがついたのですが咲くまで行きませんでした。
とりあえず初収穫まではと剪定もまだしていません。
とにかく無事に実がなるのをただただ祈るだけです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:38| Comment(4) | リンゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

梨に花が咲きました

お久しぶりです。
もう春真っ盛りのはずなのに寒いままですねぇ・・・
なのに雑草はどんどん勢いを増して生えて伸びてきていまして、
だんだんと作業が追いつかなくなりつつあります。
なので毎日しんどくて記事を書くどころかカメラを持って行く気にもなれませんでした。

とりあえず梨の様子です。

梨2019.4.12.jpg

左が愛宕で右がラフランスです。
どちらも今年で9年目です。
当初は果樹も無農薬無肥料でやっていましたのでろくに実がなりませんでしたが、
ここ何年かはしっかりと施肥をしてきたので実はたくさんなるようにはなりました。
でもここ数年は大型台風が何度も直撃したのでたくさん実が落ちてしまいました・・・

まずは愛宕です。

愛宕2019.4.12.jpg

おかしな樹形ですよね。
プロ農家だと仕立てるんでしょうがうちでは無理なのでこんな感じになってしまっています。
花が落ちると長い枝が次々に生えて上に伸びていきます。
そういう枝を冬に剪定してあります。

いい感じの花です。

愛宕花2019.4.12.jpg

でも花だけ見て満足しているわけには行きません。
何が何でもまともに収穫できるところまでもっていかねば・・・

次はラフランスです。

ラフランス2019.4.12.jpg

こちらは愛宕と違って上向きの枝ばかりです。
和梨だとこういういわゆる長果枝には実がならないのですが、
洋梨は逆で長果枝にしか実がならないんです。
これをずっと知らなかったので毎年剪定してしまっていたんです。
こういう情報ってネットに少ないんですよね・・・

洋梨はこんな花です。

ラフランス花2019.4.12.jpg

枝の先端にまとまって咲きます。
実がなって大きくなってくると重みで枝が下がってきます。

昨年はこれまでで最もたくさん実がなったのですが台風でほぼ全滅でした・・・
どちらも晩生なので収穫まで時間がかかるんです。
とくに愛宕は11月以降に収穫する冬の梨なので、
鳥や台風の被害に遭う期間も長いわけです。
台風は対処のしようが無いのでひたすら来ないことを祈ることしかできません。
今年こそはまともに収穫できますように・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:28| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする