2019年06月09日

平戸ニンニクとスペインニンニクを収穫しました

しばらくご無沙汰しておりました。
ほぼ毎日畑には行っていたのですが、
再開した種蒔きそして草刈りそして残業で毎日ヘロヘロでして、
記事を入力する気力がありませんでした・・・

そんな中、ニンニクが枯れこんできたので収穫することにしました。
とりあえずニンニクの様子です。

ニンニク2019.6.5.jpg

何だかわかりませんよね。
ここも先月の下旬までは雑草に埋もれていました。
ここにあるのは平戸です。

葉っぱが枯れてしまって茎が棒立ちになっています。

平戸2019.6.5.jpg

もっと大きく太くなると思っていたのですが細いままでした。
もうこれを見ているだけで土の中でどうなっているかは想像がつきます。

ということで1本掘り出してみました。

平戸ニンニク2019.6.5.jpg

しょぼい・・・
ピンポン玉よりも小さいくらいでした。
見ての通りの生長不良ですね。

ということですべて掘り出しました。

平戸収穫2019.6.5.jpg

左の5株くらいが何とかゴルフボールサイズですかね。
見事にダメでした・・・
家に帰ってから気がついたのですが、
平戸を栽培していたスペースの一角でスペインニンニクのアホモラードも栽培していまして、
それと気づかずに収穫してしまって平戸と混ぜてしまいました。
アホモラードは紫色なのですが平戸も一部赤みががったのがあってわかり辛いんです。
でも麟片の形に特徴があって何とか見分けることができました。
スペインニンニクがうちの畑でどうなるのかと思っていましたが、
スーパーで買った時よりもひと回り小さいくらいの大きさでした。
一応は収穫まで行けるということですね。

早速その日にアホモラードをペペロンチーノに使ってみました。
切っている時にはそれなりに匂いがしていたのですが、
食べてみると味も香りも薄くてイマイチだと思いました。
なかなか難しいものですね。
赤丸とジャンボはまた後日収穫します。

最後におまけです。

平戸逆さ2019.6.5.jpg

どうやら麟片を逆さまに埋めてしまったようでして、
上から根が張って下から芽が出て曲がって上に伸びています。
こんなのでも何とか生長できるものなんですね。
植物というのは奥深いものです・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:53| Comment(2) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする