2019年08月04日

打木赤皮甘栗南瓜を収穫しました

猛暑の中も毎日畑に行っております。
私は若い頃はどちらかというと暑がりの方でして、
夏は暑くて動く気になれないタイプだったのですが、
今は逆に寒がりになってしまって冬に寒さで外出するのが嫌になってしまいます。
なのでこの凄まじいばかりの暑さはむしろ大歓迎でして体調も絶好調です!

そんな中、カボチャの収穫時がやってきました。
とりあえず、カボチャの様子です。

カボチャ2019.7.30.jpg

梅雨が長引いて夏なのに寒い間もグングンと伸び続けていまして、
とうとう一番奥まで到達してしまいました。
でも株元付近は葉っぱがほとんど無くなってしまっています。
もう枯れ込んできているのでしょうか?

実は4個なっています。

カボチャ実2019.7.30.jpg

最初の写真からお気づきかと思いますがこのカボチャは皮が赤いのです。
こんなにワサワサになって蔓も長く伸びている割には数が少ないですね。
人工授粉とかを全くしていないからだと思われます。
でもまぁうちで食べるだけですからこれでも十分過ぎるくらいです。

ということで一番大きいのを1個だけ収穫しました。

カボチャ収穫2019.7.30.jpg

丸々と太っていてこれぞカボチャという感じですね。
早速煮物にして食べてみました。
さっぱりとした甘さで私にはちょうどいい感じだったのですが、
うちの家族には物足らない甘さだったようです。
それを聞いていてハッと気がつきました。
カボチャはキュアリングという追熟と乾燥を行わないと甘くならないんです。
これを毎回忘れてしまってすぐに食べてしまうんですよね。
また今回もやらかしてしまいました・・・

でもまぁ収穫としては今回は成功と言えると思います。
一昨年はバターナッツで昨年は宿儺を栽培して今年はこの品種でした。
それぞれタネを自家採種してあります。
どれか本命を決めたいところなんですがまだまだいろんな品種を試したい気持ちの方が強いです。
でもそんなんじゃいつまで経っても自家採種のタネを使えませんよね。
どうすりゃいいんだろう・・・
困った・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:16| Comment(2) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする