2019年11月23日

ロッサビアンコを収穫しました

今年はと言いますか今年もと言いますか、
種蒔きして発芽後の生長の遅さに苦しめられました。
特に今年は例年よりも早めに種蒔きを開始したからか発芽失敗も相次ぎました。
ナスもそれでして4月初旬に最初の種蒔きをしたものの、
結局6月くらいまで何度も蒔き直すこととなりました。
虫にやられまくるようになる前にある程度の大きさに生長させようとの試みでしたが、
それが裏目に出たのか今年の春から夏にかけての低気温が異常なのか、
もう何度もあきらめかけました。

とりあえず、ナスの様子です。

ナス2019.11.19.jpg

左右に2株並んでいるのがわかりますでしょうか?
結局どちらも小さい株のままでした。
後ろにはトマトが写っています。
こちらはもの凄く伸びまくって広がりまくって手に負えなくなりました。
何度もナスに覆い被さろうとしていました。
昨年はトマトよりもナスの方が生育旺盛だったんですがね・・・

左の株はこんな感じです。

ナス小株2019.11.19.jpg

高さは30cmくらいでしょうか。
梅雨入り前の台風のせいで倒れまして、
それで根を痛めたのかそこからほとんど大きくなりませんでした。
でも小さい実が1個だけですがなりました。
この日の前日にその実が落ちてしまいました。

右の株はこんな感じです。

ナス株2019.11.19.jpg

5・60cmくらいの高さでしょうか。
当初はこちらの株の方が生長が遅れていたんですが、
夏の間に逆転しまして10月くらいまでかかってやっとこのくらいの大きさになりました。
季節がひと月ズレているとはいえ昼は暖かくても夜は冷え込むからか、
花が咲いて実がなってからもなかなか実が大きくなりませんでした。

もうこれ以上待っても大きくなりそうもないので収穫することにしました。

ナス収穫2019.11.19.jpg

僅かに3つだけの収穫です。
右の株にはあと2つ小さい実がなっているのですが食べれる状態にはなりそうもありません。
こんなしょぼい結果となりましたがここまでの大苦戦を思えば、
よくぞ収穫まで行けたというのが率直な感想です。
ほとんどあきらめていましたからね。

早速食べてみました。
このナスはロッサビアンコという品種のイタリアナスです。
なので洋風な調理をしてみました。
輪切りのようにしてトマトと合わせてフライパンで焼きましてバジルソースを絡めました。
クセがなくてマイルドでクリーミーでとてもおいしかったです。

昨年は6株から取れ過ぎて食べ切れなかったので今年は2株だけにしたんですが、
そんな年に限っての異常な低気温からの灼熱地獄・・・
結局タネは取りませんでしたし購入したタネがまだ残っていますが、
来年は違う品種を試したいと思っていたりもしています。
タネを自家採種して累代栽培をして行ってこその自然農法ですし、
それでこそ質の高い果実を収穫できるのでしょうけれど、
どうしても好奇心を抑え切れないのが私という人間なんです・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:00| Comment(0) | ナス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

富有柿を収穫しました

私がこの畑に取り掛かったのが2007年の年明けでした。
その翌年にネットで苗を買って植えた3本の果樹のひとつが柿です。
既に畑には親が植えた柿がありましたが、
長年放置してあったので実はたくさんなっても味は全然おいしくありませんでした。
そこで私が植えたのがこの富有です。

柿2019.11.9.jpg

2年目で初めて実がなってそこからじわじわと大きく太くなってきました。
でも今年で11年目だというのにまだまだ全然低くて細いですよね。
隣に植わっている古い柿が樹勢がもの凄くて巨木になっていたトラウマがありまして、
あまり大きくなり過ぎないように剪定しているからだと思います。
でも今となってはあまり大量に実がなっても食べ切れないので、
このくらいでちょうどいいと思っています。
鳥にやられないように色づいてきてからはネットを被せておきました。

良い感じの実がたくさんなっています。

富有2019.11.9.jpg

今年も花があまり咲いていないように見えていましたし、
それゆえに実の数も少ないのではと思っていました。
でも実が大きくなってきたら結構数があるのがわかってきたのですが、
どれも大きくて選べず結局摘果はしませんでした。
殺虫剤は何度か噴霧しましたが多少はヘタムシにやられたようでして、
それで落ちたのがちょうどいいくらいの摘果になったように思っています。

ということで収穫しました。

柿収穫2019.11.9.jpg

全部で34個です。
ひと月ほど前にヘタムシの影響で熟してしまった実を3つ収穫して食べています。
その時はまだイマイチ味がのっていませんでした。
この中から既に5個食べています。
味としましては店で売っているのとほぼ遜色ないくらいにとても甘くておいしかったです。
おそらくこれまでで一番の出来だと思います。
実もMAXのサイズのが多くて今年は完全に当たり年ですね。

これまでこんな小さな木なのに150個くらい実をならせてしまったり、
そのせいで翌年はほとんど実がならなかったり、
鳥にかなりの数をやられてしまったり、
泥棒に全部盗まれてしまったりといろいろありました。
今回やっと満足の行く収穫となりました。
これを継続できてなんぼなので、
冬の間に土作りとともにしっかりと肥料を仕込みます。
ここからが真のスタートです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

大浦太ゴボウを収穫しました

11月に入ってだんだんと寒くなってきましたが、
それでもまだまだ涼しい程度ですね。
やはり季節がひと月ズレているようです。
そんな中、ゴボウを収穫することにしました。

とりあえず、ゴボウの様子です。

ゴボウ2019.11.2.jpg

大きな葉っぱがワサワサに生えています。
このひと株だけです。
これは昨年の春に種蒔きした中で間引きの時に見逃してしまったのがあったようでして、
今年の春にゴボウを栽培していたスペースで他の野菜の栽培を始めようとしている時に発見しました。
まだ全然小さい株のままだったので引っこ抜いてそこらに敷いておこうかとも思ったのですが、
あることを思い出したので試してみることにしました。

株元はこんな感じです。

ゴボウ株元2019.11.2.jpg

夏の間に葉っぱが次々に生えてきてどんどん大きくなっていきました。
これだけ見ているとかなり太くなっていそうな感じがします。
でもこれが掘ってみないとわからないんですよ。
雑草に覆われたりもしましたがこれくらい大きいと負けませんね。

ということで掘り出しました。

ゴボウ収穫2019.11.2.jpg

案の定、枝分かれしまくっていてバラバラにしか掘り出せませんでした・・・
実はこのゴボウは一度引っこ抜いて植え替えています。
根菜類は通常は植え替えはできないものなのですが、
ゴボウには堀川ゴボウというあえて植え替えをする栽培法があるんです。
根っこの部分を土の中で横に寝かせて植え直すことで長く伸びずに短径で太くなるんです。
でも今回は太い部分は2・30cmくらいでしてその先からは思いっきり下に伸びていました・・・
なのでこんなに太さがバラバラなんです。
でも失敗の原因は把握しております。
根っこの先端を切らなかったのが原因です。
これだけ元気なしっかりとした株に生長したのでむしろ手応えを感じています。
またいつかチャレンジしてみます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:23| Comment(0) | ゴボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする