2019年12月02日

レタスが・・・

今年はと言いますか今年もと言いますか、
葉ものがうまく生長してくれませんでした。
レタスもそうでして生長不良のまま秋になってトウ立ちして花が咲きました。
葉っぱは小さいのにトウはやたらに立派なのが立ちまして、
花もたくさん咲き乱れました。
そして枯れてきてタネができてくるわけです。
レタスのタネはまん丸ではなくて三日月形の雑草みたいなタネなんです。
それをむしって種蒔きしてみました。

とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.11.30.jpg

わかり辛いですよね。
実は9月に残っていたダイソーのタネを蒔いているのですが全く発芽しませんでした。
レタスのタネは結構デリケートらしく夏の常温保存ではダメになってしまうようです。
なので10月にトウ立ちしたレタスから種蒔きしてみました。

それが今こんな感じです。

サニーレタス2019.11.30.jpg

同じように蒔いているはずなのにこのようにたくさん発芽するところもあれば、
僅かしか発芽しなかったり全く発芽しなかったりといろいろなんです。
それぞれがある程度は食べれるくらいの大きさになったら間引こうかと思っています。

せっかくの自家産のタネなので採種しようかとも思ったのですが、
生長不良の株のタネなのでやめておきました。
なので放置しておいたらこんなことになってしまいました。

レタス自生2019.11.30.jpg

トウが倒れて花が咲いていた部分からタネが落ちて無数のレタスが発芽してしまいました。
うじゃうじゃ生えていてもはや雑草と大差ありませんね。
もう収拾がつかなくなっています。

他にもこんなことに・・・

 自生レタス2019.11.30.jpg

トウは左に倒れているのですがそれまでに右にタネが落ちまくったのだと思われます。
もうどうすりゃいいのやら・・・
でもこうやって自然に落ちたタネから勝手に育った野菜を、
雑草だらけの中から見つけて収穫と言うよりも採取するのが本来の自然農法ですよね。
場所はいつくも空いているので良さそうなのをいくつか移植して栽培しつつ、
ほとんどはこのままどうなっていくのか様子を見たいと思っています。
この中からどれかが競争を勝ち抜いて大きな株になっていくのか、
それともひしめき合って小さい株のままなのか、
しかと見届ける所存です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:10| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする