2020年02月07日

デコポンを収穫しました

ついに強烈な寒波が来ましたね。
うちの地方でも少しですが雪が降りました。
そしてその前にやらねばということでデコポンの収穫をしました。

とりあえず、デコポンの様子です。

不知火2020.2.5.jpg

左右でもの凄い大きさが違ってしまいました。
左の株を先に植えていますが、
なかなか大きくならないし実もならないしであきらめかけていた時に、
ホームセンターで実付きで売っていた苗を買ったのが右の株なんです。
その時点では大きさは大差無いどころか右の方が若干太いくらいでした。
果樹に関しては無農薬無肥料をあきらめてからグングンと生長が始まりました。

左の株はこんな感じです。

早生デコポン2020.2.5.jpg

早生デコポンです。
どうやら真鍋不知火という品種のようです。
普通のデコポンよりも酸が抜けるのが少し早いのだそうです。
これも少しならせ過ぎですね。
摘果する余裕が無かったのもありますが、
最初はそんなになっているように見えないんですよね・・・

右の株はこんな感じです。

デコポン2020.2.5.jpg

こちらは普通の不知火です。
当初はもっとなっていたのですが落ちてしまいました。
このくらいの大きさの木にはこれでもまだ多いくらいといいますか、
全部摘果して栄養を木の生長にまわすべきでしょうか?
でもまぁ年々ほんの少しずつですが収穫量は増えてきています。

ということで収穫しました。

早生デコポン収穫2020.2.5.jpg

62個写っていますが帰りがけに2個木にまだ残っているのを見つけました。
なのでトータルでは64個です。
昨年に100個以上もならせてしまったので今年はどうなるかと思っていました。
当初はあまり実がならなかったなという感じだったのですが、
収穫してみれば今回もまたならせ過ぎでしたね。
この半分の30個くらいが適正かと思われます。

普通のデコポンの方は2月中旬くらいに収穫する予定だったのですが、
この強烈な寒波に当てない方がいいのではと判断しましてこちらも収穫しました。

デコポン収穫2020.2.5.jpg

7個だけです。
さっきのよりも寄りで撮影しているので大きいのも混ざっているように見えますが、
どれも小さいです。
こちらもせめて20個くらいは収穫できるようになりたいものです。

ただ今果樹の施肥作業を行っています。
今年は腐葉土と鶏糞と牛糞と苦土石灰にしました。
いろんな肥料がある中どれをどのくらいの量を施肥すればいいのか毎年迷います。
多ければ多いほどいいのか、やはり適量があるのか、
どう組み合わせるのがいいのか、
調べれば調べるほどにいろんなやり方があって頭が混乱してしまいます。
なので長年の勘でやるしかありません。
まだまだ試行錯誤は果てしなく続きそうです・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 03:36| Comment(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする