2022年10月29日

ブロッコリーの様子

新たな果樹を植えるための作業に時間を取られて秋蒔きの野菜がどうなるのか気がかりでしたが、
何とかまぁ今月中に全ての種蒔きができました。
とは言っても現時点で残っていたタネを使い切るのが目的でして、
あまり種類は多くありませんし冒険的な品種でもありません。

そんな中、ブロッコリーも移植しました。
とりあえずブロッコリーの様子です。

IMG_4543.JPG

こちらは4株だけです。
前回は食べ切れないくらいに豊作だったのでこのくらいで十分かと思われます。
こちらも発芽したところしなかったところに別れたのですべて掘り出して植え替えまたは移植しました。

その中では割と大きめなのがこれです。

IMG_4544.JPG

キャベツの苗とそっくりですね。
そして葉っぱが全く萎れていません。
ブロッコリーはキャベツ同様に移植に強いのでほぼノーダメージなんです。
こういうタイプの野菜は直播きが前提のうちの畑にはとても助かります。

小さいのはこんな感じです。

IMG_4545.JPG

3株残ったのでとりあえず全部植えました。
生長具合を見てこの中から1株だけ残します。

ダイソーで買ったタネが残っていたので使いましたが、
本来はこういう普通の品種はあまり関心が無いんです。
もっと色や形が個性的なのを栽培したいのです。
でもそういうのをうちの家族は嫌がるんですよね・・・
ありきたりの無難な品種で家族に喜んでもらうのか、
奇抜な品種で自己満足に浸るのか。
永遠に解決しないテーマだな・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ブロッコリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月28日

白菜の様子

10月下旬だというのにまだ結構暖かいですねぇ。
昼間だと部屋の中の温度が30℃近くありますよ。
まだ残暑が続いているかのようです。

そんな中、白菜の移植をしました。
とりあえず白菜の様子です。

IMG_4540.JPG

8株あります。
昨年はほとんど野菜栽培ができなかったので2年振りの白菜栽培です。
9月初旬に種蒔きしました。
左側に購入したタネで右側に自家採取した種を蒔きました。
どちらのタネも結構年数が経っているのでどうかなと思っていたのですが、
案外普通に発芽しました。
ただまぁそれぞれ5・6粒ずつ蒔いたのですが、
全く発芽しなかった場所があるかと思えば、
全部発芽してひしめき合っている場所もありましてマチマチでした。
なので単純に混み合っている株を間引けばいいというわけにもいかないんです。

間引いて残った株はこんな感じです。

IMG_4541.JPG

虫に多少はやらていますがまぁ何とかシャキッとしています。
すべての株がこんな感じであればいいのですが・・・

発芽しなかった場所を埋めるために、
混み合っていた株をスコップで掘り上げて移植しました。

IMG_4542.JPG

萎れてしまっています・・・
先程の株と葉っぱの大きさを比べていただければわかるかと思いますが、
こちらの方が大きいですよね。
いったん掘り上げて分別して大きめの株を植え直したり移植したりしたんです。
なるべく根っこを痛めないように慎重にやったつもりですが、
白菜はキャベツとかと違って移植には向いていないので、
ダメージでどうしてもこうなってしまうのです。
でもまぁここからでもどうにか生長していくのはこれまでの経験からわかっています。
ただまぁ生長が遅くなるので本来の収穫期から大幅に遅れてしまいますが・・・

セルポットを使えばほぼノーダメージで移植可能なのですが、
自然農法を謳っているからにはやはり直播きにこだわりたいのです。
今は時間節約のために除草剤を使っていますし、
土を柔らかくするために木の枝や葉っぱや雑草を埋め込んだりしていますが、
直播きはどうしても譲れない一線ではありますね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月11日

西村早生を収穫しました

お久しぶりです。
晴れた日はほぼ毎日畑に行っているのですが、
雨の日が多くでなかなか作業が捗りません。
土が乾く前に雨が降るので困っています・・・
やることが多過ぎてまるで手が追い付きません。
種蒔きが期間内に終わるかどうか・・・

そんな中と言いますか少し前のことになりますが柿の収穫をしました。
とりあえず、柿の様子です。

IMG_4409.JPG

ワサワサだわ草ボウボウだわ薄暗いわでわかり辛いですが3株あります。
右にあるのが私が14年前に植えた富有です。
こちらの収穫時期は来月でまだしばらく先でして実もまだ青いです。
左の2本が今回収穫した西村早生です。
とは言ってもこの柿は40年くらい前にうちの親が植えた柿でして、
何という品種かを親は覚えていません。
私がネットで調べましておそらくこれだろうということにしております。
老木の方の柿はこれまでもう何度も伐採してしまおうかと思ったのですが、
ここ数年は他の果樹に近いくらいに世話をしてきました。
その甲斐あってかそこそこまともな実がなるようになってきました。

IMG_4410.JPG

いい感じに色づいてきました。
当初はもっとなっていたのですがヘタ虫にやられたのか生理落果なのか落ちてしまいました。

残った数少ない実もこんなことになってしまいました。

IMG_4411.JPG

鳥なのか虫なのか・・・
早めにちゃんと袋掛けをすればいいのでしょうが、
わかっていても畑に行くと作業に追われてそこまで頭が回らないんです。
毎度こうなってから後悔するという繰り返しです・・・

と言うことで収穫しました。

IMG_4412.JPG

とりあえずこの時はこの3つだけです。
もう後3・4個なっていまして数日後に収穫しています。
これを撮影したのが9月下旬でしてもう既に全て食べ終わっています。
この品種は不完全甘柿でして生長不良の実には渋が残っていることが多いのですが、
今回は全く渋の残った実はありませんでした。
味としましてはもうひとつかなと言う感じではありますが甘味はかなり強かったです。
今時のジューシーで美味な品種とは違うのでこんなものかと思われます。
でもキチンと世話をしたなりの実がなるというのはわかりました。
冬の間に剪定と施肥をしっかりと行ってさらなる質の向上を目指します。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする