2024年05月01日

新たな畑の様子 4/25

早くどんどん作業を進めたいのにまた雨で足止めを食らっています・・・
天気予報もコロコロ変わっていて計画を立て辛いです。
そんな中、新たな畑でも今シーズンがスタートしました。
とりあえず、畑の様子です。

IMG_7268.JPG

全体的に雑草は生えていますが草丈も低いですし大した量でもありません。
昨年に春から秋にかけて毎月除草剤を散布してきた効果もあるでしょうけれど、
それは自然農法の畑でも同じなのですがあちらはもの凄く草ぼうぼうです。
何が違うのかと言えばやはり土質です。
砂地は雑草が蔓延りにくいのかもしれません。
それに土が柔らかいので引っこ抜くのがとても簡単です。
むしろこちらの畑の方が除草剤を使わなくても楽に雑草と付き合って行けそうな気がしています。

ではまずは柚子です。

IMG_7269.JPG

昨年もかなりバッサリと剪定したのですが収穫にはほとんど影響が無かったので、
今年はさらにゴッソリと剪定しました。
もうここまでやってしまったら収穫量もゴッソリ減るだろうと思っているのですが、
見ての通りたくさん蕾が出てきています。
例年ほどでは無いでしょうけれど今年もかなりの数はなりそうです。
スッキリとした樹形になったので今後は収穫や剪定がだいぶ楽になりそうです。

次はほうれん草です。

IMG_7270.JPG

昨年の秋に1メートル四方の範囲で25ヶ所に種蒔きしました。
それぞれに結構多めにタネを蒔きましたが大量に発芽したところもあれば全くしなかったところもありました。
生長具合もマチマチです。
そして発芽後の生長スピードはとても遅かったです。
もう全滅かなと何度も思いました。
葉物が砂地だとどうなるのか興味津々でしたが、
こういうところは粘土質の畑と大差ありませんでした。
事前に肥料を埋め込んであるのですがそれでもこの程度でした。
まだ始めたばかりですし私のやり方がうまくないのかもしれないので結論を出すのは早計ですが、
葉物には砂地もあまり合っていないと言う感じがしています。
数日前に奥の半分の生えていないスペースに種蒔きしました。

次はタマネギです。

IMG_7271.JPG

どこにそんなものが?と思われるかもしれませんが、
小さくて尖った感じのものが出ているのがわかりますでしょうか?
こちらも秋にこの付近に種蒔きしましてこの撮影の数日前に植え替えました。
こちらは発芽率は結構高かったと思うのですが、
その後の生長は遅くて細いまま冬になってしまいました。
本来ならもっと大きくなった状態で植え直すのでしょうけれど、
春になってしまったのでそのまま強行しました。
これもおそらくダメだろうなぁ・・・

次はトマトです。

IMG_7272.JPG

こちらはこの撮影の直前に苗を買ってきて植えています。
すべて接木苗です。
どれも赤の大玉ですが品種はそれぞれ違うのにしました。
昨年は2株でしたが今年は倍の4株に増やしました。
栽培期間中はトマトに関しては自給自足ができることを目指しています。

最後はスイカです。

IMG_7273.JPG


昨年は左側はキュウリを植えましたが今年はどちらもスイカにしました。
キュウリは粘土質の畑でも問題なく栽培できると言いますか、
むしろあちらの方が収量が多いので今回はこちらでの栽培は見送りました。
どの品種にしようかかなり迷いました。
大玉とか種無しにチャレンジしてみようかとも考えたのですが、
今回もどちらも小玉にしました。
うちの家族で食べるには大玉では多いので・・・
右が赤肉で左が黄肉です。
こちらもすべて接木苗です。
スイカは摘蕾や摘蔓の世話が必須なのでこれからが大変ですね・・・

そんなこんなでこちらの畑もいろいろと始まっております。
そしてまだまだいくつも種蒔きを予定しています。
畑を2つに庭でも栽培していてもはや体がもたない状況になってきていますが、
それでも全力でトコトンやり切る覚悟です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする