2009年11月19日

竹林との闘い7

例年だと7月を過ぎた頃から畑に行く回数が減り始め、
8月〜10月までは週に1回行くかどうかのある意味オフシーズンになってました。
暑さと蚊の大発生で作業がままならないからです。
でも今年は虫除けスプレーをしっかりと顔と腕に塗って毎日畑に行きました。
冷夏だったこともあって暑い中でも何とか作業できました。
お陰で一気に竹林の伐採のペースが上がりました。

例年だと10月からやっと始める草刈りを7月中には終えてしまったので、
8月と9月は竹を切ることに専念できました。
下の写真は9月24日の竹林の写真です。

竹林2009.9.24-1.JPG

畑の外側から撮影した状態です。
まだまだ古い竹が残っています。
10月の台風でかなりの数の古い竹が倒れたので今はもっと少ないです。
そして次が畑の真ん中から撮影した竹林です。

竹林2009.9.24-2.JPG

左側がごっそりと無くなっています。
果物の生育に良くないであろうと思うので思い切って伐採しました。
竹林として残す部分と畑に開墾する部分を明確に区切りました。
とりあえず来年のタケノコシーズンまではこれで行こうと思っています。
よくよく考えてみれば竹の地下茎はかなりのペースで外側に向かって伸びて行くものなので、
タケノコを栽培するスペース全部に竹が生えている必要は無いわけです。
もっと竹林部分を狭くしてもいいかなとも考えています。

今は竹林と果樹が植えてある場所との間の部分の地下茎を掘り起こしています。
これがもう凄まじく大変な作業です。
これについてはまたいつか書きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 01:40| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
地下茎は、どうやって掘るんですか?
掘らないと、やっぱり、周りに、どんどん竹林が広がってしまうんですか?


Posted by かのよん at 2009年11月23日 07:33
どうもです。

地下茎は鍬で掘り起こして切ってます。
竹はもの凄い勢いで生長しますので、
それだけ土から栄養も奪い取ってしまいます。
果樹が植えてあるスペースを保護するために地下茎を切っています。
Posted by ひ辻 at 2009年11月23日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: