2010年07月18日

紫アスパラと100均野菜タネ3

長かった梅雨がやっと明けたのでしょうか?
今日はとても快晴でもの凄い猛暑でした。

梅雨の中でも野菜達は生長を続けていました。
まずは今日の紫アスパラの様子です。

紫アスパラ2010.7.16.JPG

緑色のわさわさしたのが生えています。
最初は紫アスパラそのものが生えてきてそれがさらに生長するとこんな感じになります。
3株あるのがわかりますでしょうか?
本当は右手前にもうひと株あるのですがどうやら枯れてしまったようです。
左手前の株も一時は駄目かと思っていたのですが復活してきました。
いまだに新芽が出て来ないとなると...
とりあえず来年の春までこのままにしておいて本当に駄目だったら新しいのに植え替えます。

次は極甘コーンです。

コーン全景2010.7.16.JPG

前回と比べるとかなり大きくなってます。
ここまでくるにはいろんな変化があったのですが...
5月の上旬にタネを蒔いてから最初の1ヶ月は生長が遅くて心配でしたが、
暖かくなるにつれて生長のスピードが上がってきました。
特に7月に入ってからは猛烈なベースで生長してました。
全部で9株あるのですが真ん中と左手前の株が生長が遅れています。
発芽が少し遅れたのと発芽せずにタネを蒔き直したのとで致し方ありません。
そして実が出てきました。

コーン房2010.7.16.JPG

それぞれの株に2本ずつ出てきています。
1本にした方が実が大きくなるとかいうのを聞いたことがある様な気がするのですが、
今回は初めてなのでこのまま自然まかせにしておこうと思っています。
どうなるのか楽しみですねぇ。
とうもろこしは90日で収穫だそうなので来月の上旬くらいに収穫ですね。

そして最後に大根です。

大根2010.7.16.JPG

右2列が時なし大根で左2列がかいわれ大根です。
ここではあるロクでもない実験をしています。
題して「竹の地下茎が生えている場所で大根を栽培したらどうなるのか?」
普通大根というのはよく耕した場所で栽培するものですが、
全く耕してなくてしかも地面の中に竹の地下茎がそのまま残っている状態でタネを蒔いたら、
地中へ向けて生長する大根はどうなってしまうか興味がわいたのです。
青首大根だと普通に上に伸びそうなのであえて白首大根にしてみました。
あと「かいわれ大根をそのまま生長させたらいわゆる大根になるのか?」も試してみました。
これはもう見たまんま大根になりつつあります。
竹の地下茎が邪魔して地中へは伸びれないので白首大根でも上に伸びるのか、
はたまた地下茎を避けるようにグニャグニャと曲がった大根になるのか、
まぁいずれは結果が出ます。

他にもいろいろと百均で買ったタネを蒔いてあるのですがどれもうまく行ってません。
レタスに至っては発芽すら確認できないままに全滅でした。
ニラと水菜も一応はわずかに発芽したのですが貧弱過ぎて撮影のしようがありません。
すべてが簡単にうまく行くわけでは無さそうです。
でも経験を積んでデータを蓄えるためにこれからも試行錯誤を続けていきます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ



posted by ひ辻 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | トウモロコシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック