2010年07月29日

極甘コーンを収穫しました

毎日続く凄まじい猛暑の中でも植物は生長を続けています。
水は雨まかせなのでこう毎日晴れてばかりでは水分が足りているのか不安になります。
でも今日やっと短時間ですがひと雨降りました。

今回は黒豆と落花生について書くつもりだったのですが非常事態が発生しました。
なので急遽トウモロコシについて書くことにします。
とりあえずこれが今日の様子です。

コーン全景2010.7.28.JPG

しっかりと実が大きくなってヒゲが枯れてきました。
もう収穫すべきなのかな...と数日前から思っていたのですが、
日数的には来月の初旬なのでもうしばらく待つつもりでした。
そして野菜の様子をそれぞれ見ていた時に何かが落ちていることに気が付きました。

コーンやられた2010.7.28.JPG

せっかく実ったコーンが食い荒らされている...
見るからにぎっしりと実がつまっていていい感じのをやられました。
すぐ下に実っていた小さいのも折れていました。
こちらは未成熟な感じでした。
いったい何者の仕業かと呆然と眺めていると、
うちの向かいにある畑を使っている人が声をかけてきました。
聞くところによるとそちらの畑では猿にトウモロコシをやられて全滅だったんだそうなのです。
うちの場合はひと株だけだったのでカラスの仕業だと言われました。
う〜ん...それにしてはあまりにもきれいに齧ってあるような...
確かに獣的なものだったらもっと見境なく他のものも荒らされてると思うので、
やはりカラスなのでしょうか...?
ただうちの畑の近辺に猿が生息しているなんて聞いたことがありません。
なので人間の仕業ではないかという疑念が今も頭の片隅にあります。

とりあえず気を取り直して収穫してしまうことにしました。
ほとんどの株が2本ずつ実をつけているのですが、
中にはこんなのも...

コーン4本実った2010.7.28.JPG

葉っぱが混みあってて見辛いですが4本も実がなっています。
このまま全部の実が大きく生長してくれるのかどうかわかりませんが、
それぞれの株で一番上になっている大きな実だけを収穫しました。

コーン収穫2010.7.28.JPG

種を蒔き直したりして生長が遅れているものもあるので、
今回の収穫は5本だけでした。
1本皮を剥いてみたらちゃんとぎっしりとコーンがつまっていました。
これは大成功と言っていいのではないでしょうか?
100均の種でもちゃんとここまで来ました。
全く耕さず肥料も与えず水も雨まかせです。
ただ土の中に種を埋めただけです。
その後は雑草を株の周囲に敷いただけです。
自然農法の手ごたえを感じております。

それにしても鳥やら虫やらいろいろと厄介な連中が荒らしてくれます。
鳥や虫に対してこれほど殺意が湧いたのは生まれて初めてです。
でもこれこそが農業ってものなんだろうなと思うのです。
私は趣味でやっているだけですが、
生活がかかっていたら鳥や虫との共生なんてきれいごとを言っている余裕なんて無いでしょうから。
農業ってのは自然との戦いなんですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ 人気ブログランキングへ
posted by ひ辻 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | トウモロコシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック