2012年09月07日

ミニトマトを収穫しました

9月に入りましたがまだまだ夏ですねぇ。
雨上がりは蒸し暑くて曇っていても汗だくになって体が思うように動きません。

そんな中、ミニトマトの実が熟してきました。
それではこれがミニトマトの様子です。

ミニトマト2012.9.6.jpg

前回から少しは大きくなったのですが細くてヒョロヒョロです。
昨年はわさわさに大きく生長したのですが今年は枝の数も少ないですね。
とりあえずいい感じに赤くなりました。

ミニトマト完熟2012.9.6.jpg

今回は裂果していません。
やっとまともな状態で完熟してくれました。

一番小さい株にも実がなりました。

ミニトマト未熟2012.9.6.jpg

ひとつだけで実も青いですが何とかここまできました。
今年は実がなるペースが遅いですね。

ミニトマト花2012.9.6.jpg

花はたくさん咲いているのですがなかなか実がなりません。
この黄色い小さい花のすべてが実になるわけではないようです。

ということで収穫しました。

ミニトマト収穫2012.9.6.jpg

これが今回の全収穫量です。
たったの7個だけです。
9株もあるのに実が赤くなっているのが2株しないのですからどうしようもありません。
持ち帰って早速その日の夕食で食べてみました。
酸味が少なくて濃厚な味でとてもおいしかったです。
店で売っているのよりもおいしいかもしれない。
自分で栽培した贔屓目もありますが味が濃厚なのが際立っていました。

裂果せずに収穫できたのは大いなる進歩ですが、
いかんせん数が少な過ぎますねぇ。
やはり土に栄養が足りないんでしょうねぇ。
でもこれが無肥料の限界とは思いたくありません。
いつか必ず大玉トマトを成功させてみせますとも。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:44| Comment(4) | TrackBack(0) | トマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
トマトは家庭菜園でもポピュラーで非常に簡単に作れそうなイメージのある野菜ですが、自然農となるとなぜこんなに難しいのですかね〜
Posted by kanzu at 2012年09月07日 20:32
こんばんわ。

別の土地でうちの親が使っている畑では、
今年は大玉トマトが大豊作だったんです。
しっかりと耕して肥料もたっぷりと与えると容易に作れるようです。

自家採取のタネで栽培を続けていくことで、
その土地に適応させるしかないのでしょうね。
Posted by ひ辻 at 2012年09月08日 03:26
なにも肥料をやらずにこれだけできれば大したもんです。それにおいしいでしょ?ほんとに味が濃いですよね。
Posted by さきしなてるりん at 2012年09月08日 22:31
昨年は裂果が激しかったものの、
果実自体はたくさんなったので今年は全然です。

貧栄養の中で必死につけた実ですから、
植物の生命力を感じさせる味ですね。
Posted by ひ辻 at 2012年09月09日 02:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック