2013年01月23日

セカンドステージを開始しました 中編

うちの畑の土は粘土質でして、
それはそれは粘り気があって硬いんです。
大根を力任せに引っこ抜こうとすると曲がっていなくても折れてしまいますし、
ニンニクも茎だけ抜けてしまいます。
それでも放置竹林から雑草だらけの状態になって何年も経つので、
浅い部分の土は結構サラサラになってきてはいました。
でも開墾して掘り返したので深い部分にあった硬い粘土と混ざってしまったのです。
そうなると雨が降ればネチョネチョで乾くとカチカチになってしまうのです。
雑草の根っこで砕いてしまいたいのですが深い部分までは達しないようでして...
そこでこれを導入することにしました。

麦種2012.11.20.jpg

エン麦とライ麦です。
どちらもかなり深くまで細かい根っこが広かって行くそうです。
特にライ麦は80cmくらいにまで達するそうです。
当初はライ麦だけにするつもりだったのですが粘土質には弱い傾向もあるとのこと。
なので両方同時に蒔くことにしました。

麦種ミックス2012.11.20.jpg

バケツの中で混ぜちゃいました。
そしてこれをバラ蒔きしました。

麦種蒔き2012.11.20.jpg

どのくらいの密度にすべきなのかわからないので適当です。
蒔いたあとはしっかりと踏んで鎮圧しておきました。
自然農法における種蒔きではこの鎮圧がとても重要なようです。
実はここ1・2年この鎮圧をすっかり忘れていまして、
このところ発芽やその後の生長がうまくいかないケースが多かったのは、
もしかしてそれが原因だったのだろうか...

種蒔きが完了したら上から刈った雑草を敷いておきました。

雑草敷き2012.11.21.jpg

元々敷いてあった枯れた雑草を再び敷き直してもよかったのですが、
青々してる方がいいかなと思って新たに刈りました。
でもこの草刈りに時間がかかってしまってペースが遅くなってしまったので、
野菜栽培用のスペースすべての種蒔きが終わるまで12月上旬くらいまでかかってしまいました。
種蒔きには少し遅くなってしまいました。

今週はうちの親がやっている畑の手伝いをしています。
キウイが植えてありましてその収穫と剪定をしております。
後編に続く...

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 土作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野菜栽培用のスペース全てに、バラマキですか。
それはすごい取り組ですね。

私も、今年は緑肥を多く取り入れようと思っています。場所によっては1年中緑肥を栽培して、土の変化を確認しようと思ってます。
Posted by たつき at 2013年01月24日 06:06
コメントありがとうございます。

まだまだいろんな作業が山積みなので、
野菜栽培を中断して土作りに専念です。

とりあえずはどのくらいの効果があるのか、
緑肥のお手並み拝見ということですね。
Posted by ひ辻 at 2013年01月25日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック