2013年02月19日

竹の更新をしました 後編

次は切った竹の枝を払います。
その時にはこれを使います。

鉄棒2013.2.11.jpg

鉄の棒です。
当初はナタを使っていましたが近隣の農家の人からのアドバイスでこの棒をいただきました。
で、これでどうするかと言いますと...

枝払い2013.2.11.jpg

枝の付け根に押し込むように叩きつけます。
するとこうなります。

払った枝2013.2.11.jpg

ちょうど付け根の部分で枝が外れます。
これをひたすら繰り返します。

枝2013.2.11.jpg

これが竹1本分の枝です。
かつてはこれを近隣の農家の人に焼いてもらっていたのですが、
今はこうしています。

束ねた枝2013.2.11.jpg

適当な数でまとめて紐で縛ります。
この固まりを風除けに使います。

風除け2013.2.11.jpg

竹のさおで固定して北風をブロックしています。
そして最後に残ったさおをどうするかです。

竹棒2013.2.11.jpg

物干し竿にでも使えそうですがうちでは間に合っています。
かつてはこれも1mくらいに切って畑の隅に並べて積んでいました。
今はやはり風除け用に使っています。

垣根2013.2.11.jpg

今回は枝の固まりを固定するために使いました。
畑の北側には枯れた竹を大量に積んで風除けにしています。
竹の伐採はこの一連の作業をひたすら繰り返していきます。
4日がかりで完了しました。

この畑に取り掛かって以降に生えてきた竹を初めて切りました。
冬に古い竹を切って春に生えてきたタケノコの中からいくつかを残して親竹にする、
この竹林のサイクルがついに始まりました。
今後はタケノコの質の向上を目指していきます。

このあとは竹林と果樹スペースの間の地下茎を切る作業に取り掛かります。
凄まじく大変な作業となりますがやらねばなりません。
タケノコ栽培を続ける限り、竹林との闘いは果てしなく続くのであります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック