2013年06月19日

THE麦畑4

いきなり猛暑になりましたね。
こんな急じゃ体が対応できません...
そんなことはお構いなく麦が成熟してきました。
それではこれが麦畑の様子です。

麦畑2013.6.17.jpg

何だか秋のような感じですね。
すっかり色づいてきました。

麦2013.6.17.jpg

黄金色に輝く麦畑...
見事な光景になりました。
周囲の農家の人たちも気になるようでやたらにこれについて聞かれます。
「肥料にするのか?」と聞かれるので「そうです」と答えています。
本当は肥料ではなくて硬い粘土質の土を砕くためなのですが、
そこまで説明するのが面倒くさいので...

まずはライ麦です。

ライ麦2013.6.17.jpg

実るほど頭を垂れる麦穂かな...
しっかりと実がなっている感じですね。

そしてエン麦です。

エン麦2013.6.17.jpg

同じ麦でも全然見てくれが違うんですね。
こっちの方が米に近い感じに見えます。

どんな実というかタネがなっているのが見てみました。
まずはライ麦です。

ライ麦タネ2013.6.17.jpg

茶色い米粒って感じですね。
購入したタネは薬剤処理が施されていたのかピンク色でした。
これがライ麦なんですね。

そしてエン麦です。

エン麦タネ2013.6.17.jpg

何だか雑草のタネみたいですね。
これは購入した時のタネと同じ感じです。
とても食べる気がしないですね...

ということで収穫...ではなくてとりあえず刈りました。

麦刈り2013.6.17.jpg

地際で刈って根っこはそのまま地中に残します。
地中深くまで張り巡らされた根っこが枯れてそこに細かい隙間が空きます。
空気や水の通りが良くなって様々な微生物が行き交うようになります。
そして団粒構造の肥えた土に近づいていきます...
すべてはこれを目指しての作業なのです。

収穫はせずに即タネを蒔きました。

麦種蒔き2013.6.17.jpg

脱穀の道具とかが無いので手で揉みほぐしてばら撒きました。
これがかなり面倒な作業でしてなかなかペースが上がりません。
なるべく均等に蒔きたいので丁寧にやり過ぎてしまうのです。

種蒔き後は藁を地面に敷いておきました。

麦敷き2013.6.17.jpg

たったこれだけ進むのに1時間くらいかかってしまっています。
これではどれだけ時間があっても足らないのでもっと効率を上げねばなりません。
いろいろと試行錯誤はしているんですが今月中に終えれるか微妙な感じになってきました。

最後にたつきさんのご要望にお答えすべく株を掘り出してみました。

麦根っこ2013.6.17.jpg

左がライ麦で右がエン麦です。
もっともっと剛毛な感じを期待していたのですが案外あっさりと抜けてしまいました。
プチプチと根っこが切れている感触はあったので、
微細な根っこがもっと長く深く伸びているのかもしれません。
でもそれにしても...という感じは否めませんね。
土の感触もそれほど劇的に変化しているようには感じませんでした。

まぁ1回栽培しただけで解決してしまうほど甘くは無いであろうことは最初から想定済みであります。
これから何度でも繰り返しながら理想の状態へと近づけていくだけです。
それにしても、忙し過ぎて体がいくつあっても足りません...

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 土作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
要望に応えていただきありがとうございます。
が、私の書き方が悪かったです。
ムギの根は地中、どこまで深く入っているか、というのを知りたかったです。

もう、播種されているのでムリですね(笑)
Posted by たつき at 2013年06月19日 15:31
コメントありがとうございます。

仮に2m近くまで深く伸びているとすると、
そこまで掘らないと確認できません。
人力ではかなり厳しいですし、
せっかく構築しようとしている土中環境を壊してしまうので、
申し訳ないのですがこの程度が限界です。

感触からして麦の高さほどは伸びていないと思われます。
Posted by ひ辻 at 2013年06月20日 04:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366803646

この記事へのトラックバック