2013年09月04日

みかんの様子

うちの地方は今週はずっと雨のようでして、
畑に行けないので作業が進みません。
まぁでも体を休める時と割り切っておきます。

雨が降り出す前に果樹の写真を撮っておきました。
まずはデコポンの様子です。

デコポン2013.8.31.jpg

春にアブラムシが湧いていたのでそれに対応した農薬を散布しました。
それでアブラムシはいなくなったのですが次はアゲハチョウの卵攻撃が始まりました。
毎日大量に産みつけられる卵を手で取り除いていました。
そんな中、ミカンハモグリガが再び発生しました。
このままではまた生長不良になってしまうのでそれに対応した農薬を散布しました。
数日でてきめんに効果がありましてデコポンが生長を始めました。

デコポン葉っぱ2013.8.31.jpg

こんなに大きな葉っぱが青々と広がったのは初めてです。
やっと生長軌道に乗ったのでしょうか?
この調子で秋の間にさらに大きく生長してもらいたいです。

次は晩白柚の様子です。

晩白柚2013.8.31.jpg

こちらは春から少しだけ生長した感じですね。
葉っぱが生き生きとしていて順調な感じだったのですが、
こちらにもミカンハモグリガが...

晩白柚葉っぱ2013.8.31.jpg

葉っぱが結構やられていますが農薬散布によって駆除できていると思います。
生長スピードが遅いのは害虫だけが理由ではなさそうです。

晩白柚果実2013.8.31.jpg

大きな果実がなっています。
野球のボールくらいの果実が十数個はなっていたんですが、
自然落果で最終的に4個残りました。
木の大きさからするとこれでもまだ多いくらいかもしれませんね。
でもそれぞれちゃんと巨大な果実に生長しています。

晩白柚果実大きさ2013.8.31.jpg

私の手は結構大きい方なので大柄な男の手の大きさとの比較と思ってください。
昨年の不完全な感じの果実とは明らかに違います。
ついにまともな果実がなりました。
このまま順調に行けば来年の年明けくらいに収穫できるはずです。

甘夏の写真を撮るのを忘れてしまいました...
こちらも毎年のごとく大量に実がなってしまいました。
大量に自然落果するのでどうしても摘果をためらってしまいます。
なのでまたもの凄い量の実がなってしまうと思います。
でも毎年貰い手が増えてきているのでそれでいいと思います。

農薬の威力をまざまざと見せ付けられてしまいました。
無農薬でどうにかしようと4年も試行錯誤してきてどうにもならなかったのが、
散布して数日で急生長が始まりました。
悔しいですがこれが現実なんですね。
奇跡のリンゴならぬ奇跡のみかんとはなりませんでした...
でも私は諦めません。
いつか必ず無農薬無肥料で収穫までもっていけるだけの土にして見せますとも。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック