2014年03月02日

甘夏の剪定と収穫をしました

落葉樹の剪定を終えてからしばらく竹林の周囲の整備をしていました。
これが思わぬ時間がかかってしまいまして...
なのでもっと早くに取り掛かるはずだった柑橘の剪定が遅れてしまいました。
とりあえずこれが甘夏の様子です。

甘夏2014.2.26.jpg

大きな木に目いっぱい実がなっています。
遠めにもならせ過ぎですよね。
鈴なりですよ...

甘夏果実2014.2.26.jpg

写真では結構大きく見えているかもしれませんが、
夏みかんとしては全然小さいのばかりです。
摘果をしていないので当然ですね...
これまでは果実の収穫をしてから剪定をしていましたが、
今回は実のなり具合を見極めつつ先に剪定をすることにしました。

甘夏剪定2014.2.26.jpg

太いところからバッサリと切ってしまいます。
あまりにも枝が混み過ぎているので思い切ってやってしまうことにしました。

甘夏伐採2014.2.26.jpg

細かい枝がたくさん伸びていてもあまり実がなっていなかったり小さかったり、
たくさんなっていても実の色がくすんでいたりしている枝を元から切りました。
やはり古い枝ほどそういう傾向にあるようです。

太い枝を2本切りましてだいぶサッパリとしました。
そして実をすべて収穫しました。
高い位置にある枝になった実は木を揺すったり切った竹で突いて落としたりしました。

甘夏剪定後2014.3.1.jpg

これで低い位置の枝にも日が当たるようになるので今後の生長が期待できます。
できれば樹高を手の届く高さにしたいのですが、
あまりにも切り過ぎると来年の収穫がなくなってしまうのでこのくらいで自制しました。
甘夏の実は頑丈なので高い位置から落としても全然問題ないのでまぁいいでしょう。

ということで全収穫量です。

甘夏収穫2014.3.1.jpg

全部で186個あります。
自然に落ちてきた実を既にいくつか収穫していますので実質190個を超えているはずです。
左ほど大きいのが右ほど小さいのが並べてあります。
甘夏なりの大きさの実は左の2列だけですね。
全然ダメですねこんなんじゃあ...

大きいのから60〜70個くらいを持ち帰りました。
半分にすら達していませんがうちだけでは食べ切れない量です。
残ったのはまだ地面に置いたままです。
これから親戚・友人・知人に配ることになります。

今年こそは必ず摘蕾・摘果をキチンとやるつもりです。
もう苦手だなんだと逃げてはいられません。
手が届かない位置のはハシゴを使ってでもやり切ってみせます。
頑張ります!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック