2014年06月02日

新たな土作りのスタート!

ここ数日で急激に気温が上がりましたね。
まだ暑さに慣れていない体でこの猛暑は堪えます...

やっと麦刈りが完了しました。
丁寧にきっちりと刈り取って地面に敷きました。
それでは野菜栽培ゾーンの様子です。

野菜栽培ゾーン2014.5.29.jpg

手前の最初に刈り始めたスペースは早くも雑草が生えてきています。
麦刈りの時に雑草もきっちりとすべて刈っているのですがそれでもこの有様です。
雑草の生命力は凄まじいです。

麦で土を砕いた次は土の栄養を増やして地力をつけることにします。
そこで今年からあらたにある植物を栽培することにしました。
それと似たようなのが既に生えていまして...

ムラサキカタバミ2014.5.29.jpg

葉っぱはそっくりですが花が違いますね。
これはいわゆるカタバミですね。
その中のムラサキカタバミのようです。
うちの畑のそこら中に生えています。

ということで伝家の宝刀を抜く時が来ました。

シロクローバ2014.5.29.jpg

自然農法と言えばクローバー。
クローバーと言えば自然農法。
緑肥の象徴的な存在です。
これをいつ使おうかとずっと機会をうかがっていました。
開墾も終わって麦で土を砕いた今でしょ!ってことで満を持しての登場です。

シロクローバと書いてあるのでおそらくシロツメクサのことだと思われます。
マメ科の植物は土中に窒素固定うんぬんは置いときまして、
とにかくまぁ土に栄養をつけるためにはこれしかないだろうと言うことで...
ただクローバーのような匍匐茎で増えるタイプの植物は、
一度根付いてしまうとあとから取り除こうとしてもかなり困難なわけでして、
それが今まで使うのを躊躇していた理由でもあります。

ということでタネを蒔きました。

クローバ種蒔き2014.5.29.jpg

これもどのくらいの密度で蒔けばいいのかわからないので適当です。
この写真では麦わらをどけてから蒔きましたが、
それでは面倒なのでこのあとは麦わらの上から蒔きました。
細かくて丸い粒なので麦わらの隙間から地面へ難なく達していると思います。
麦わらの上を何度も歩いて鎮圧しておきました。

ただ実はこのタネは3・4年前に買ったものでして既に発芽保障期限を過ぎています。
なのでちゃんと発芽してくれるのか心配なのですが、
仮にダメだったらまた買い直して秋に蒔き直します。

こんな適当なことでうまく行くのかわかりませんが、
とにかくやってみてどうなるのか出たとこ勝負なのが私のやり方です。

これでやっと野菜の種蒔きに取り掛かれるのですが、
もう6月なので限られたものしかできませんね...
今は畑の周囲の雑木を切っているところです。
もっとペースを上げて行かなければなりませんね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 土作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白は…根が太くなって、はびこる恐れがあって、部分的にしか使っていません。
撤去の記事まで書いてくださいね〜。

根物を植えて、収穫がてら白クローバー撤去でしょうかね。

Posted by たつき at 2014年06月07日 16:17
コメントありがとうございます。

当分は土作り最優先なので部分的に取り除きながらの栽培になるかと。
最終的に撤去になるのかどうなるのかは...

まぁ何とかなると思ってやっていきます。
Posted by ひ辻 at 2014年06月08日 01:43
うちも白クローバーを蒔くのは、少し勇気が入りました^^;
市民農園を借りてますが、畝と畝の間にちょろっと蒔きました(^o^)
Posted by えつさん at 2014年07月10日 18:28
コメントありがとうございます。

クローバーの生長が制御不能なものだったら...という不安は確かにありましたね。
でもそれ以前に雑草が蔓延り過ぎてどうにもならなくなっているのでどうにでもなれという感じでした。
Posted by ひ辻 at 2014年07月13日 06:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック