2015年02月23日

甘夏の収穫と剪定をしました

まだまだ寒いですが少しずつ冬の終わりが近づいてきているのを感じています。
ここしばらくは果樹の剪定をしていました。
そんな中、甘夏の収穫をすることにしました。

とりあえず果樹栽培ゾーンの様子です。

果樹ゾーン2015.2.18.JPG

とりあえず甘夏以外の剪定は全て終えました。
そしてマシン油乳剤を散布してあります。
何年もやっていますがいまだに剪定は苦手でして、
ちゃんとうまくできているのか確信が持てないまま切っている状態です。
ハシゴを使わなくても全ての作業ができるというのを前提にしているので、
あまり大木にはしたくないんです。
でもそこそこ大きくならないと幹が太くなりません。
土台はしっかりと太らせつつ高さは私の手が届く高さで収めるというのが難しいのです。

ということで甘夏の様子です。

甘夏2015.2.18.JPG

今年も大量に実がなりました。
これでも手の届くところはちゃんと摘果しているんです。
それでもやはり高いところほど日当たりがいいので実もたくさんなります。
昨年は結構思い切って剪定したのですがそれでもこれだけ実がなりました。

ということで剪定しながら収穫しました。

甘夏収穫2015.2.18.JPG

数えてみたら179個ありました。
風で落ちたりしてこれまでも5・6個は収穫しています。
1本の木から200個近くとかならせ過ぎですよね。
摘果の甲斐あってか大きい実が例年より少しは増えたように感じます。
この中から大きい順に64個持ち帰りました。
残り115個はまだ畑に置いたままです。
近隣の農家の人や知り合いなどにもらってもらうか、
土作りのための肥料にすることになると思います。

そして剪定を済ませました。

甘夏剪定2015.2.18.JPG

先ほどの実がなっている状態とほとんど変わってないように見えますよね。
この反対側が日の当たる側でしてそちらを中心に手の届かない高さの枝を切りました。
そうやって低いところから生えている枝を伸ばして手頃な高さにするつもりです。

これが剪定した枝です。

甘夏枝2015.2.18.JPG

半分近くごっそりと切ってしまいました。
それでもまた来年も大量の実がなるはずです。
本当はもっと一気に木を低くしてしまいたいのですが、
そうなると来年の収穫があまりにも減りすぎてしまうので段階的に切っております。

これから腐葉土を施肥する作業を行います。
自然農法からは逸脱してしまいますが、
木が予定している大きさに育つまでは今後も肥料や農薬は使って行きます。
早く他の果樹もたくさん実がなるように頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック