2016年02月13日

桜島大根を収穫しました

今年は例年に無くいろいろとタネを蒔きました。
春蒔きだと虫にやられやすいのでうまく行かないことが多いのですが、
秋蒔きだと無農薬でもどうにかうまく行っています。
暖冬だったのもその要因かもしれません。
そのお陰で想定を超える量になってしまいました。

とりあえず大根の様子です。

大根2016.2.7.JPG

まだほとんど残っているんです。
大きくなり過ぎて1本を食べ切るまで結構かかります。
まだ10数本もあるので春までに食べ切れるのか・・・
左が宮重で右が桜島です。

それでは桜島の様子です。

桜島大根2016.2.7.JPG

これが一番大きい株です。
写真だとちょっと太目の白首大根にしか見えませんが、
そこそこ太っています。

全部で5株あるんですがその中の1株がこんなことに・・・

桜島大根開花2016.2.7.JPG

花が咲いてしまいました・・・
まだ2月に入ったばかりなのにもう塔立ちですよ。
5年前に初めて栽培した時は3月に開花しました。
ここしばらくはかなり寒い日もありましたがやはり暖冬だからでしょうか?
もうこうなってしまうと食べるには適さないそうですね。
てゆうか、あとまだ4株も残っていますのでそれどころではありません。

ということで一番大きい株を収穫しました。

大根収穫2016.2.7.JPG

宮重と手袋を添えてみましたが大きさが伝わっていますでしょうか?
大根にしてはかなり大きくて太いです。
でも桜島本来の大きさには程遠いです。
5年前に栽培した時はこの倍くらいの大きさでした。
でも昨年よりは格段に大きくなりました。
桜島は肥大化するのは地上部がほとんどで地下は細い根っこだけですね。
カブに近い感じです。

早速調理してみたのですがもう既に中にスが入っていました・・・
でも食べるのには問題ない程度でした。
火を通すととても柔らかくなるのですが煮崩れしません。
それが桜島の特徴なんです。
ただ大きいのでこれも食べ切るまでに時間がかかりそうです。
知り合いにあげようにもスが入っているのでは・・・
せっかく栽培したのをむざむざ塔立ちさせてしまうのは良くないですが、
うちの畑ではこういう場合に単に廃棄するということにはなりません。
すべて土作りの材料になるので無問題です。
とは言え、少しでも多く食べようと浅漬けにしたり鍋に入れたりおでんの素で煮込んだり、
毎日のように食べまくっています。

土作りの効果なのかどれも豊作で食べ切れなくなってうれしい悲鳴を上げています。
毎度毎度失敗ばかりだったので株数を多くし過ぎました。
半分くらいうまく生長してくれればいいかなという想定だったんです。
今後はちゃんと食べ切れる量を計算して株数を決めます。
やっとそれができるだけの畑になってきました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック