2017年02月05日

桜島大根を畑で保存しました

つい先日桜島大根を1本だけ収穫しまして残りはまだ畑に置いたままでした。
とにかく大きいのでその1本を食べきるまでにかなり時間がかかりそうです。
そこである処置を施すことにしました。
来週の月曜にするつもりだったのですが急遽やらざるを得なくなりました。
とりあえず桜島大根の様子です。

桜島大根2017.2.4.JPG

パッと見は先日と変わっていないように見えるのですが、
株の中央をしっかりと見てみると・・・

桜島大根トウ2017.2.4.JPG

トウが立ち始めていました。
先週の時点ではこうはなっていなかったと思うのですが・・・
今週もかなり寒かったのでトウ立ちはまだまだ先のつもりでいました。
たまたま今日は寒さがかなり和らいだのでいきなりトウ立ちが始まったのでしょうか?

これはもう一刻の猶予も無いのですぐに取り掛かりました。

桜島大根保存2017.2.4.JPG

葉っぱを全て取り除きました。
葉っぱだけではなくて葉元をすべて切り取りました。
これで大根の生長を止めることができます。
これをせずにそのままにしておくとトウが立ってしまって、
栄養をそっちに取られてしまって大根の中が空洞になって行きます。
これまで何度もそれで失敗しているので、
今回はトウ立ちの前にこれをやるつもりだったのですが、
またもや若干遅れてしまったようです・・・
でもまぁおそらくギリギリセーフではないかと。

こんなの長年畑をやっている人からしたら常識も常識かもしれませんね。
私は10年もやっててもまだまだこの程度をやっと把握し出したばかりです。
今後も地道に学習しながらやって行きます。

ところで桜島大根を食べてみた感想なのですが・・・やはり結構おいしいです。
柔らかいのに煮崩れしないという煮炊き用の大根でして、
クセがあまり無いので出汁の味が馴染みやすいですね。
葉っぱは炒め物にしました。
悪くはないもののおいしくもないかなと・・・
葉っぱの方が栄養があるそうなのですがこれ以上は食べる気になれませんね。
大根の部分はこれから春までぼちぼちと食べて行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
記事を拝見しました。
大きな櫻島大根は食べ応えがありそうですね。
頭の部分を切ったまま畑へ置いておくのですか。
腐ってしまいませんか。
Posted by ヨッシー at 2017年02月05日 06:34
コメントありがとうございます。

1本収穫してから1週間経ちますが、
まだ3分の1も食べていません。
食べ切れるのやら・・・

春になって暖かくなるまでなら大丈夫のようです。
まだまだ外は冷蔵庫並みの寒さですから・・・
Posted by ひ辻 at 2017年02月06日 05:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック