2017年02月12日

デコポンを収穫しました

晩白柚を収穫した1週間後に次はデコポンを収穫しました。
とりあえずデコポンの様子です。

デコポン20172.11.JPG

木の大きさがかなり違いますが2株並んでいるのがわかりますでしょうか?
それぞれの株の右側に設置してあるのは竹の枝でして風除けにしています。
そして白い袋がかかっているのもわかりますでしょうか?
デコポンに関しては袋掛けをした方がいいという話しをネットで目にしまして、
桃に使った袋で代用しようとしたのですが小さいのしか入りませんでした・・・

まずは植えてから7年経ったデコポンです。

デコポン7年2017.2.11.JPG

たくさん実がなりました。
7年もかかってやっと初の結実です。
当初は無農薬無肥料でやっていましたので木が生長すらしませんでした。
数年前から農薬も肥料も使うようになってやっと木の生長が始まりました。
そして昨年にこれでもかとたっぷりと鶏糞を仕込んでやったらついに実がなりました。
この日が来るのがどれだけ待ち遠しかったことか・・・

ということで感無量の収穫となりました。

デコポン7年収穫.JPG

18個あります。
デコポンも大きさがまちまちでした。
それにちゃんとデコっているのもあれば普通のみかんみたいなのもあります。
触った感じでは皮が結構硬いです。
ずいぶん前に店で買ったデコポンを食べた時は皮が柔らかかったような気がするんです。
ひと月追熟させますのでその間に柔らかくなるのでしょうか?

次は植えてから3年経ったデコポンです。

デコポン3年2017.2.11.JPG

まだ木が全然小さいです。
なので全て摘果しようか迷ったのですがならせてしまいました。
どちらの株も全く摘果はしませんでした。
こちらの株は当初は7・8個はなっていたような気がするのですが、
どうやらいくつか自然落果したようです。

ということで収穫しました。

デコポン3年収穫.JPG

4個あります。
どれも全然小さいです。
一番小さいのは柚子よりも小さいくらいです。
今年は木を大きくするためにも全部摘果するか、
せめて1個だけにしておくべきですかね。

いろいろと試行錯誤してきましたが、
結局のところ結実まで行った要因のすべては農薬と肥料のようです。
同じ柑橘でも甘夏なら無農薬無肥料でも毎年大量の実がなりますが、
デコポンはデリケートでいろいろと手間ひまがかかるようです。
だから店頭での値段が高いんでしょうね。
現実はなかなか理想通りには行きません・・・
でももっと大きな木に生長させて土作りも進めて行って、
いつかはすべての果樹を自然農法で栽培できるようになってみせます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 柑橘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446919411

この記事へのトラックバック