2017年02月27日

梨の剪定をしました

まだまだ寒い日が続く中、
寒いからこそ行う作業を今年もしました。
毎年2月に落葉樹の剪定をしています。
かつては柑橘も2月にやっていたのですが、
常緑樹はもっと暖かくなってからの方がいいとう話をネットで小耳に挟みまして、
それからは春になってからにしています。
もう既に柿と桃は済ませました。
ということで梨の様子です。

梨2017.2.21.jpg

左が愛宕で右がラフランスです。
愛宕は既に剪定してあります。
レンズに指が重なってしまっているのを写真を取り込んでから気がつきました。
まだ撮影に慣れていないんです。
実はカメラを古いコンデジからiPhoneに変えました。
デジカメほどは使い勝手はよくないんですが、
モニターが広いですしピント合わせもしやすいです。
画質もブログに使うには十分過ぎるくらいです。
ここしばらくの写真と比べれば見違えるようにきれいに撮れるようになりました。

まずは愛宕です。

愛宕2017.2.21.jpg

上に高く伸びた長果枝には実がならないのですべて切りました。
横に伸びた枝だけ残してあります。
そして横に伸びた枝には短い枝が出てきています。

愛宕枝2017.2.22.jpg

こういうのを短果枝とかもう少し長いのを中果枝と言うそうです。
和梨はこの短果枝か中果枝に実がなります。

次はラフランスです。

ラフランス2017.2.22.jpg

これも既に剪定が終わっています。
2枚目の写真を撮影した直後にカメラの電池が切れてしまいました。
なので撮影が翌日になってしまいました。
こちらは上に伸びている枝をかなり残しました。

ラフランス枝2017.2.22.jpg

この細長く上に伸びた長果枝の先端に新芽が出てきているのがわかりますでしょうか?
どうやらここに花が咲くようなのです。
和梨と逆なんです。
ここ数年はこの細長い枝をすべて切り落としたり短くしていました。
だから毎年花が咲かなかったんです。
今年も混み合っている部分や曲がった枝は切りました。
でもどれが確実に花が咲くのかまだ確信が持てないのでかなり残しました。
これだけ残せはどれかは咲いてくれると思います。

ちなみにこれは11月下旬に花が咲いたその後の状態です。

ラフランス花跡2017.2.22.jpg

先端部に花が咲いて実がなりかけましが結局12月中には萎れてしまいました。
今年こそは春にキチンと花が咲いてくれることを祈っています。
でないとどちらの梨も収穫まで行けないので・・・
梨は他品種の花粉が必要なので片方だけ咲いてもダメなんです・・・

まともな収穫を体験できていないのは梨だけなので今年こそは成功させたいです。
花粉のこともあるのでもう1本梨を植えるのも検討しています。
とは言ってもこれ以上果樹を増やして世話をできるかわかりませんし・・・
本当にもう果樹は難しい・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447390521

この記事へのトラックバック