2017年04月24日

タケノコを収穫しました

今年もタケノコの季節がやってきました。
実は3月下旬に小さいのを少しだけ収穫していまして既に食べております。
その時は刺身にして食べました。
早い時期の掘り立てならエグミがほとんど無いので生で食べれるんです。
生産者の特権ですね。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2017.4.13.jpg

かつては畑全面が竹林でしたが今は奥の方に5メートル四方だけです。
もっと広く生えているように見えるかもしれませんが、
奥の向こう側は隣の土地に生えている竹です。
元はと言えば隣の畑が植えた竹がうちの畑に侵入してきたんです。
迷惑な話なんですがそのお陰でタケノコが採れるわけです。

地面のあちこちから突き出ています。

タケノコ2017.4.13.jpg

竹が生えていない竹林の外側から先にタケノコが発生します。
竹というのは何よりも勢力拡大が最優先なんですね。
地下茎の伸びるペースは恐ろしく速くていつの間にか果樹ゾーンにまで侵入してきました。
栄養を求めて果樹の真下まで地下茎が入り込むので手に負えません。
今もまだ果樹への施肥の作業をしていまして入り込んだ地下茎を取り除きました。
これが凄まじく大変な作業でして・・・
さらにこれから竹林の周囲を掘り起こして地下茎を切らなければなりません。
今年は筋肉痛との闘いになりそうです・・・

プロのタケノコ農家なら地面に藁を敷いてその上から土を盛って、
タケノコが上がってきても日が当たらないようにするのですが、
うちではそこまでできませんのでこうなってしまいます。

タケノコ突き出2017.4.13.jpg

思いっきり地面から突き出てしまっています。
日に当たっていない状態だと穂先が黄色いのですが、
日に当たると緑色になってしまいます。
こうなるとエグミが回り始めます。
これでは本来は商品にはならないはずなのですが、
地元のスーパーにはこんな状態のタケノコでも売っていますね。

ということで片っ端から収穫しました。

タケノコ収穫2017.4.13.jpg

小さいのが多いですね。
収穫始めは毎年こんな感じでして4月20日くらいから大きいのも出始めます。
うちの家族だけでは食べきれないので半分くらいは親戚や知人にあげました。
毎日食べ放題状態です。

これらの写真の収穫をしたのが4月13日でしてさらにそのあとの21日にも収穫しています。
その時は撮影はしませんでしたがもっと大きいのがたくさん取れまして大収穫でした。
でも13日に収穫した分がまだ残っている状態でして迷ったのですが、
タケノコが大好きな親戚がいるのでそこにもらってもらうつもりで収穫しました。
ところがその親戚が旅行中なのが収穫後に電話してから判明しまして・・・
他の親戚や知人にもあたったのですが僅かしかもらってもらえませんでした・・・
タケノコは鮮度が重要なので旅行から帰ってくるまでもちません。
なので泣く泣く竹林の中に置いてくるしかありませんでした・・・
これが販路を持たないド素人の辛いところです。
うちの家族や他の親戚ももっと若ければ食べる量やペースも速くてどうにか消費できるのですが、
今となっては皆年寄りなので若い頃のようには食べれません。
改めてさらに竹林のスペースを縮小することを決意しました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック