2018年03月18日

竹林を縮小しました

うちの畑はかつては放置竹林と化していました。
枯れた竹を運び出したり青竹を伐採したりしまして、
そこから開墾して今の畑になりました。
だいたい畑の面積の4分の1くらいを竹林として残しまして、
そこをタケノコ栽培スペースにしてきました。
当初は親戚にタケノコ好きが多くて毎年うちの畑のタケノコを楽しみにしてくれていたのですが、
親戚もだんだんと高齢になってきて消費量がかなり減ってきました。
さらにうち以外からもタケノコをもらえる相手ができたようで、
連絡してももらうのを断わられる始末でして・・・
うちだけでは到底食べ切れないので思い切って竹林を大幅に縮小することにしました。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2018.1.5.jpg

雑草まみれになっています。
強風で竹が折れてしまっていたり酷い有様です。
これは年明けすぐの様子です。
ここからひと月かけて竹林の伐採をしまして、
2月は果樹の剪定をしつつ雑草を刈っていきました。
そして今はこんな感じです。

竹林2018.3.4.jpg

スッキリしました。
以前よりは竹の本数が減らしてあったので伐採の作業はそれほどきつくはありませんでした。
むしろ雑草がしつこくて刈るのが大変でした。

伐採した竹はこういう風にしております。

竹フェンス2018.3.4.jpg

竹の竿と葉っぱ付きの枝を組み合わせてフェンスにしています。
こうやって風除けにしています。

そして今回どのくらい縮小したのかと言いますと・・・

タケノコ栽培スペース2018.3.4.jpg

竹で線引きしている向こう側が竹林といいますかタケノコ栽培スペースです。
雑草が敷いてある幅2m長さ10mくらいの広さです。
4分の1に縮小しました。
さらに向こうにたくさん竹が生えていますがそれは隣の土地です。
元を辿ればその隣が植えた竹がうちの畑に侵入してきたのですが・・・

空いたスペースをどうしようか検討中です。

新栽培スペース2018.3.4.jpg

幅6mほどの広さです。
当初は果樹をさらに植えようかと思っていたのですが、
今でもかなり世話が大変なのにこれ以上は難しいのではとも思っています。
今年はとりあえずスイカをここで栽培しようかと計画しています。

竹林は大幅に縮小したものの、
竹の地下茎が果樹ゾーンや野菜ゾーンに侵入して来ているようでして・・・
このままでは作物に悪影響を与えかねません。
もう何年も前に終わったはずの戦いをまたやらねばならないようです。
また体を鍛え直して戦闘開始です!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:52| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひ辻さん おはようございます。
竹林の開墾は想像以上に大変な作業ですよね! 根っこを取り除くだけでも、なかなかの重労働ではないかとお察しします。 でも、時期になるとタケノコが取れ過ぎて…とは、何ともタケノコ好きな私にとっては羨ましい限り、着払いで送って欲しいくらいですよ(笑) 空いたスペースにスイカ栽培の予定とか… 地這いのウリとかメロンなんか植え付けても良いですね(^^♪ それでも、放って置けば、竹の地下茎がまた侵入してくることを考えると、何時まで経ってものんびりとはできませんねぇ😥 
Posted by rickpapa at 2018年03月23日 10:06
コメントありがとうございます。

うちのタケノコは地面に突き出てから収穫するので、
そのままでは商品どころかよそ様に差し上げれるようなシロモノではないんです。
エグミを和らげるための面倒な下処理が必要なんです。

開墾の作業は凄まじく大変でした。
当時は今よりも10歳若かったのでどうにかやり切りましたが、
今はちょっとキツイ作業をすると肩がこる有様なのでどうなることやら・・・
Posted by ひ辻 at 2018年03月24日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: