2018年05月07日

穂先タケノコを収穫しました

連休中も毎日畑に行っていました。
本当は他のこともやりたいのですがあまりに作業が遅れているので・・・
そんな中、タケノコがどんどん伸びてしまいました。
とりあえず竹林の様子です。

竹林2018.5.5.jpg

冬の間に草をすべて刈ったのですがもう元通り以上です・・・
高く伸びたタケノコが生えているのですが見辛いですね。
ではこれならどうでしょうか?

タケノコ2018.5.5.jpg

果樹の後ろの崖側から伸びているのがわかりますでしょうか?
崖の下は私が開墾を始めた頃は竹が全て伐採されていたんです。
でもいつの間にか生え始めて崖をつたって地下茎が畑の中まで入ってきてしまいました。
リンゴと洋梨とネクタリンが崖側に植えてあるのですが、
株元にまで地下茎が伸びてきていてそれを掘り出すのに苦労しました。
困ったものです・・・

ということでタケノコの穂先を切り取りました。

穂先2018.5.5.jpg

50cmの長さです。
ここからさらに先端の20cmを切りまして残りの30cmを半分に切ります。

穂先分割2018.5.5.jpg

そして皮を剥きます。

穂先中身2018.5.5.jpg

これが食用部分です。
これがいわゆる穂先タケノコです。
もうこの時点でとても柔らかいです。

ということで1mから3mくらいに伸びたタケノコから次々に収穫して行きました。

穂先タケノコ2018.5.5.jpg

これが今回の全収穫量です。
1本から取れる量は少ししかありません。
でもうちの家族だけで食べる分には十分な量です。
10数本から収穫しましたがタケノコを掘り出すことに比べたらとても楽です。
そして柔らかくてエグミもありません。
なので面倒な下処理無しでいきなり調理できるんです。
楽に収穫調理できるタケノコとして注目されているそうです。

今年のタケノコは2回収穫しただけでした。
通常は4月の下旬が最盛期なのですが今年は放置していました。
そして5月上旬に穂先タケノコとして収穫しました。
タケノコは掘れば掘るほどに次々と上がってくるんですが、
今年はそのままにしていたので例年よりも上がってきませんでした。
おそらく今後もこのスタイルで行くことになると思います。

やっと果樹への施肥が完了しました。
これでやっと野菜の種蒔きの作業に取り掛かれます。
予定よりもかなり遅れているので焦っています。
タネを蒔こうにもいつの間にか雑草がボウボウになってしまっているので、
まずは草刈りから始めねばなりません。
種蒔き時期内に間に合うように頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: