2018年06月11日

ネギを植えました

とうとう梅雨に入りましたね。
毎日雨ばかりで作業がなかなか進まない日々が続くことになります。
雑草の勢いに負けないように頑張らねば・・・

昨年の秋に育苗箱に種蒔きして庭で育ててきたネギを植えることにしました。
とりあえず、ネギの苗の様子です。

ネギ育苗2018.6.2.jpg

混み合っているからか生長具合がイマイチですね・・・
最初に蒔いた時は発芽率がよくなかったので一度蒔き直しているんです。
ネギのタネは寿命が短いので残っていたのを全部蒔いてしまったらこの有様です。

今回のネギは松本一本太という根深ネギにチャレンジすることにしました。
軟白部を作るためには徐々に高く土寄せをしていくのですが、
それだと耕さなければならなくなります。
自然農法ではあくまで不耕起が原則なのでその手は使えません。
そこでこんな道具を使うことにしました。

棒2018.6.2.jpg

これは風呂の湯をかき混ぜる道具ですが少し太めの棒状のものなら何でもいいんです。
先端から35cmのところにマジックで印をつけてあります。
これを地面に突き刺します。

縦穴法2018.6.2.jpg

15cm間隔で穴を掘りました。
これが土が硬くて大変でしてですね・・・
写真くらいに30cm以上の地点まで棒が入る場合もあるのですが、
硬過ぎるところは10cmくらいしか入らない場合もありました。
これはヤバイです・・・

あけた穴にネギを投入しました。

ネギ苗2018.6.2.jpg

最初は根っこをそのままの状態で入れていたのですが、
それでは間で引っかかったりするので途中から根っこを切ってから入れました。
浅い穴だとネギが確認できるのですが深い穴だと入れたが最後もう見えません。

ということで完了しました。

ネギ2018.6.4.jpg

全部で76穴・株あります。
数日後に様子を見てみるといくつか枯れてしまった株が見受けられるような・・・
今は雑草をきれいに刈ってありますがそう遠くないうちにどんどん生えてくるはずです。
本来は黒マルチを敷いてから穴をあけるのですが自然農法ではそんなものは使えません。
かと言って刈った雑草を敷いてしまっては日が当たらなくなるでしょうし・・・
これは前途多難ですね・・・

もう知っている方はお気づきでしょうけれど、
いわゆる縦穴法というのをやってみました。
このやり方だと土寄せをする必要がなくなるわけです。
でもこんな風に穴をあけること自体が不耕起に反するような気も・・・
それとこのやり方はあらかじめしっかりと耕しておかないとダメですね。
うちの畑のような粘土質の土ならなおさらだと思います。
本当に何をやってもうまく行かないなぁ・・・
ネギの苗はまだ大量に残っているのでそれを庭でさらに育てつつ試行錯誤を続けていきます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:55| Comment(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: