2018年07月09日

ジャンボニンニクを収穫しました

今回は微妙な生育具合だったニンニク。
冬に一度雑草を刈って以降はほぼ放置していました。
ニンニクは強健なので大丈夫だろうとたかをくくっていたのですが・・・

とりあえずニンニクの様子です。

ニンニク2018.7.3.jpg

枯れこんだ茎が見えているんですが雑草まみれでわかりませんよね?
こんな状態でもちゃんと生長できた株は全然平気なんです。

あと別の場所にも生えています。

ニンニク通路2018.7.3.jpg

これは栽培スペースの間にある通路です。
今は畑の中央付近にあるニンニク専用のスペースで栽培していますが、
かつては農道に隣接している最初に開墾したスペースで栽培していました。
その時に収穫したニンニクのむかごが通路に落ちて発芽して数年かけてここまで生長したようです。

まずはこれを掘り出してみました。

ジャンボニンニクむかご2018.7.3.jpg

土が硬いのでスコップで掘り出しました。
左の茶色いのがむかごです。
右が本体ですがあまり大きくありませんねぇ・・・

ということですべて収穫しました。

ジャンボニンニク収穫2018.7.3.jpg

18球埋めまして17株収穫できました。
右の球だけのは既に枯れ切っていて地上部が無くなっていました。
埋めた場所は容易にわかるので目星をつけて掘り出しました。
それでも1株だけどうしても見当たりませんでした。
生長不良のは分球していません。
それでも大きい球なら次のタネとして有望ですが、
小梅程度の大きさしかないものもありました。
ジャンボニンニクと言える大きさのは一番左の1株だけですね。
それでも小さい方だと思います。
まぁ要するに失敗ということです・・・

次回のタネを取ったら食べる分が僅かしか残らないかもしれませんね。
大きいのはタネにするとして小さいのを早速食べてみました。
ペペロンチーノで使いました。
ニンニクなりの旨みはあるのですが匂いは控えめです。
それがジャンボニンニクの特徴なわけですが香りも旨みのひとつと言えると思うんです。
仕事に行く前に食べても臭わないという便利さもあるのですが、
味の刺激としてはイマイチ物足りない感じもあります。
なのでニンニク栽培スペースを増やして他の品種のニンニクも栽培する予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:12| Comment(0) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: