2018年11月11日

大浦太ゴボウを収穫しました

粘土質で硬いうちの畑では最も困難だと思われるゴボウの栽培に久しぶりに挑戦しました。
春にタネを蒔いて生長とともに間引いて1本にして順調に来ているように見えていました。
そろそろ収穫期に入った頃なので試し掘りをしてみることにしました。

とりあえず、ゴボウの様子です。

ごぼう2018.11.7.jpg

もの凄いことになっていまして・・・
里芋でも生えているみたいな感じですね。
ワサワサで何がどうなっているのやら・・・

猛暑の中でもグングンと生長を続けまして大きな株になりました。

ごぼう葉っぱ2018.11.7.jpg

こう見るとどんなもの凄いのが埋まっているんだろうという感じがします。
大きな葉っぱが広がっているので雑草が抑えられています。

ごぼう株元2018.11.7.jpg

若い茎は食べれるそうなのですがまぁいいかなと。
ここまで立派な株になるとは予想を超えていました。

ということで2本だけ掘り出してみました。

ごぼう収穫2018.11.7.jpg

しょぼい・・・
地上部があれだけ立派な割りに根っこは普通の太さでして・・・
左のは横に伸びたり2本に分かれていたりでうまく生長できていません
右のは普通のゴボウならいい太さですがこの品種の太さでは無いですね。
そしてどちらも途中で折れてしまいました・・・
土が硬過ぎて引っこ抜けないどころかスコップで掘るのも一苦労でして・・・
土に栄養が足らなくて太らなかったのでしょうか?
それにしては葉っぱは大きいですよね。
それとも本格的な冬までにもっと太くなるのでしょうか?
今はなんとも判断しかねます。
冬の間にぼちぼちと収穫していきます。

収穫したゴボウを早速食べてみました。
普通ですねぇ・・・
普通のゴボウの味と食感でしてこの品種ならではというのは感じませんでした。
まぁそれも今はまだ判断しかねます。
次は12月にでも収穫してみます。
その時には極太のが収穫できるといいのですが・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:55| Comment(0) | ゴボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: