2019年03月04日

大浦太ゴボウをすべて収穫しました

ゴボウを6年振りに栽培しまして、
地上部は立派に育ったのでどのくらいの太さになったのかと掘り出してみたら、
イマイチなのばかりでして・・・
24株ある内8株掘り出して既に食べています。
コトコト煮込むととても柔らかくなっておいしかったです。

とりあえず、ゴボウの様子です。

ゴボウ2019.3.2.jpg

一見何も無いように見えますね。
冬の間に葉っぱがすべて枯れてしまいました。

ゴボウ葉枯れ2019.3.2.jpg

でもちゃんと生きています。
なぜなら・・・

ゴボウ新芽2019.3.2.jpg

新芽が出てきているんです。
でもこのままではトウ立ちしてしまうのでこれ以上は畑に置いておけません。

ということで収穫しようと掘り始めたのですが、
これがしんどいのなんの・・・
土が硬くて重いのでスコップも鍬もなかなか深くまでは入って行けません。
もう仕方が無いので適当なところで鍬で切って掘り出しました。

ゴボウ枝分かれ2019.3.2.jpg

案の定こんなことに・・・
枝分かれしてしまうのは土が硬すぎるからですね。
ここまであからさまではなくてもほとんどが多少は枝分かれしていました。

ということですべて掘り出しました。

ゴボウ収穫2019.3.2.jpg

日が暮れてしまったのでフラッシュをたいています。
いろいろと試行錯誤しながら掘りましたが、
半分以上は20cmくらいで切ってしまいました。
でも太さを見る限りその倍以上は長さがありそうでした。
何とか頑張って深く掘ろうとしても30cmくらいが限界でした。
食べ物を粗末にするのは大嫌いなのですがもうどうしようもないですね・・・

この品種は短径なので5・60cmくらいのゴボウなのですが、
うちの土の硬さではこれだけの本数をその深さで掘るのはかなり厳しいです。
かと言って引っこ抜こうとしても葉っぱが先に千切れてしまいますし、
根っこの上部を持って無理に引っ張ればもっと短い部分で折れてしまいそうです。
この品種を栽培している農家だとパワーショベルを使って掘り起こした土の中から拾い上げるようです。
そんなこと家庭菜園で出来るはずも無く・・・
結論としましてはうちの今の土の状態ではゴボウは無謀だということですね。

春からの来シーズンは徹底的に耕して掘り起こして土を柔らかくしていきます。
そのためならどんな手段でも講じる覚悟です。
いつか必ずどんなゴボウでも普通に引っこ抜ける土にしてみせますとも!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:47| Comment(0) | ゴボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: