2019年04月29日

タケノコを収穫しました

例年ならもう少し早くに初収穫なのですが、
果樹の作業が忙しくてしんどくて手を付けれませんでした。
でもそろそろ食べたいので収穫することにしました。

とりあえず、竹林の様子です。

竹林2019.4.23.jpg

かつては畑全体が放置竹林と化していましたが、
今はもううちの土地の中には僅かしか竹は生えていません。
数年前まではまだこの範囲には生えていましたが、
それもほとんど伐採しました。
でも地下茎は残っているのであちこちからタケノコが出てきます。

4月上旬にはもうちらほら見えていたのですが、
そのままずっと放置していたらこうなってしまいました。

タケノコ伸び過ぎ2019.4.23.jpg

1mくらいの高さまで伸びています。
もうこうなってしまうと通常のタケノコとしては食べれません。
中に節ができ始めているはずです。
でもこのままさらに伸ばして2〜3mくらいの高さになったら、
穂先タケノコとして収穫することができます。

収穫できるレベルのもちゃんとありました。

タケノコ2019.4.23.jpg

このくらい突き出ている程度なら問題はありません。
穂先が出てしまって青くなっているのは商品にはなりませんが、
普通に食べる分には特にエグミは感じません。

ということで収穫しました。

タケノコ収穫2019.4.23.jpg

かつての頃に比べると半分以下どころか5分の1程度の量しか取れていません。
実はもっとたくさん掘り出しているのですが小さいのはほとんどその場に埋めておきました。
今の時期だとまだそれほど大きいのは出てきません。
それにあまり大量に持って帰っても食べ切れませんので・・・
正直なところこの量でも多過ぎるくらいなんです。
CLMさんの記事を見て蒸してみようかとも思ったのですが、
母が全部これまで通りに普通に茹でて出し汁で炊いてしまいました。
また機会があれば試してみますね。

昔は親戚から催促の電話がかかってくるくらい需要があったのですが、
今はこちらから電話をかけてもなかなかもらってくれなくなりました。
高齢化もありますがうち以外にももらえるあてがあるようなのです。
うちで食べるだけなら少ししか必要ありませんし、
もらい手の無いものをしんどい思いをして収穫するのが馬鹿らしくなりまして、
それで竹林を大幅に縮小したんです。
それでも十分過ぎるくらいに取れるんですがね。
今回の収穫分でもう既に食べ飽きてきているので、
しばらくタケノコは放置しておいて次は穂先タケノコを収穫するつもりです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:54| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらは需要が多すぎて
掘るのが大変です。
ここ3年くらいどこも不作だとかウラだとか言いますが本当でしょうか?
うちは今年もいっぱい出ています。

掘れば掘るほど出てくるような気がします。

キレイに整理されたタケノコエリアですね。
四角く草が抜けているのは何をされているのですか?
Posted by CLM(cozulylematuma) at 2019年04月29日 10:20
コメントありがとうございます。

不作だとか聞いたことがあるような気もしますが、
ここ数年で需要が激減してしまったので、
収穫量が減ってもあまり気になりませんでした。

草が刈ってある場所から奥へ5mくらいの範囲で昨年はスイカを栽培しました。
今年はメロンのタネを蒔いてあるのですがまだ発芽してくれません・・・
竹林だった場所を瓜科栽培ゾーンにしています。
Posted by ひ辻 at 2019年04月30日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: