2019年05月12日

ニンニクの芽を収穫しました

急ピッチで草刈りをしているつもりなのですが、
まぁ捗らないこと捗らないこと・・・
丁寧にし過ぎてしまうのがペースが遅くなる原因だとは自覚しているのですが、
病的に几帳面な性格なのでこればかりはどうしようもないんです。
困ったものだ・・・

そんな中、ニンニクがトウ立ちしてきていました。
とりあえずジャンボの様子です。

ジャンボ2019.5.10.jpg

数日前まで雑草に覆われていましたがすべて刈って敷いてあります。
その時はまだトウ立ちしていませんでしたが、
それに促されたように蕾が出てきました。
ただまぁ冬の間は順調に育っていたのですが、
春になってからの低気温の影響かこの時期にしてはイマイチ小さいですね。
しばらく雑草に覆われていたことの影響もあるかもしれません。

次は平戸です。

平戸2019.5.10.jpg

こちらは初めての栽培なのでどのくらいの大きさが適正なのかわかりませんが、
こちらも細くてイマイチな感じに見えます。
そして葉っぱがかなり枯れこんできています。
5月から6月が収穫期なのでもうそろそろ掘り出しますかね?

次は赤丸です。

赤丸2019.5.10.jpg

やたらに何本も芽が出てきてもうダメかもと思っていたのですが、
これまでで最も株に勢いがある感じがしています。
この状態がどうなのかは掘り出してみるまではわかりませんが、
少し期待してみたい気になってきました。
ただ雑草と一緒に1株切ってしまいました・・・ナンテコッタイ...

最後はスペイン産のアホモラードです。

スペイン2019.5.10.jpg

これも細いですが何とかトウ立ちも始まりかけています。
スペインニンニクがうちの畑でどのくらいに育つのか興味津々です。

ということで収穫しました。

ニンニクの芽2019.5.10.jpg

全部だと量が多過ぎるので収穫期の早い平戸だけにしました。
他のも蕾にあまり栄養をとられる前になるべく早く収穫します。
さっそく炒めて食べてみました。
しっかりとニンニクの風味がしていておいしのですが、
私の料理の腕ではたいしたことも無いかなと。
食材を活かせるだけの技量が欲しいです・・・

最後におまけです。

テントウムシ2019.5.10.jpg

雑草を刈っていたらテントウムシがうじゃうじゃ出てきました。
そこら中にかなりの数でした。
隣のスペースで空豆を栽培しているのですが今年は全くアブラムシを見かけなかったんです。
なぜだろう?と思っていたのですが彼らのお陰でしょうか?
空豆を覆っていた雑草を刈ったらやはり同じようにたくさんいました。
これぞ自然農法の真骨頂ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(2) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
https://cozulyle.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
うちにもいっぱい来てくれました。

野菜を食べる虫を益虫たちやカエルが食べてくれるのは嬉しいですね。
ナナホシテントウ幼虫は気持ち悪いので、最初は害虫と見分けがついていませんでした(^^;

Posted by CLM(cozulylematuma) at 2019年05月14日 03:54
コメントありがとうございます。

アブラムシに関しては今年はテントウムシの活躍によって無被害でしたが、
うちの畑は様々な害虫がひしめいています。
葉ものは青虫、大豆はカメムシ、瓜科はウリハムシ、
そして最も厄介なのがナメクジです。

天敵のいない害虫は自然任せというわけにも行かないんです。
Posted by ひ辻 at 2019年05月14日 06:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: