2019年07月14日

ジャンボニンニクを収穫しました

ここしばらくはたまに晴れた日でも前日は雨が降っているのでいつも土が湿っています。
そうなると根野菜とかはとても収穫がし辛くなります。
特にうちの畑は粘土質なのでドロドロになってしまうんです。
ジャンボニンニクは6月下旬から7月上旬が収穫時なんですが、
ずっと収穫に踏み切れずに困っていました。
でもこれ以上は置いておけないので強行しました。

とりあえずジャンボニンニクの様子です。

ニンニク2019.7.8.jpg

5月にきっちりと草を刈ってあるんですがもう雑草で覆われています。
これだけびっしりと雑草が生えていれば、
その根っこで土が砕かれて柔らかくなってくれてもいいはずなのに、
うちの超強力な粘土質の土はビクともしません。
でもまぁこの場所でずっとニンニクばかり栽培してきているので、
他の場所と比べると柔らかい方ですかね。
それにニンニクは粘土質の硬い土の方が身が締まって質が良くなるという話もあります。

トウ立ちしなかった株はすでに地上部が枯れて無くなってしまっていますが、
ちゃんとトウ立ちしたのはまだ生えています。

ジャンボニンニク2019.7.8.jpg

今年はトウ立ちしたのが少なかったです。
昨年の秋から冬にかけてはかなり順調だったのですが、
春以降は寒い日が多くて生長が鈍ってしまいました。

ということで収穫しました。

ジャンボニンニク収穫2019.7.8.jpg

・ ・ ・ しょぼい...
とりあえずジャンボの範疇に入っている大きさのは右端の1株だけですかね。
右側がトウ立ちした株で左側がしなかった株です。
半々でした。
ここまで酷いのは初めてかもしれない・・・
トウ立ちしなかったのは1球が大きいのでタネとしては有望なんですがね。

毎回収穫の時にむかごも取れるんですが、
これまではそれを埋めても全然発芽しませんでした。
それが今回は3つも発芽したんです。
そしてそれを収穫しました。

むかごから収穫2019.7.8.jpg

・ ・ ・ 小さい...
元の大きさからすればこれでも健闘した方ですかねぇ。
でもむかごの時と大差ないのもひとつありますし。
何年もかければ巨大な株になるかもしれませんが、
大きな球から育てるのと比べると面倒ですね。

今回は大収穫大成功のつもりだったんですがねぇ・・・
また例年のごとくしょぼい結果となってしまいました。
天候の影響もあるでしょうがやはり土の状態がまだまだということでしょう。
何が何でも土作りあるのみです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:01| Comment(2) | ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャンボニンニクと一片ニンニクって同じ種なんですね!
一片ニンニクを去年作ったら分かれてしまいました。
なかなか思い通りに行かないです。
ジャンボニンニクも美味しいですね♬
Posted by CLM(cozulylematuma) at 2019年07月16日 03:29
コメントありがとうございます。

一片種にはいろいろとあるようでジャンボと同じ系統のもあるようですね。

写真の分球していないのは生長不良によるものでして、
本来はいくつかに分かれます。
トウ立ちしたのは2〜5個くらいに分かれていました。

ジャンボは味や匂いがマイルドなのでタイミングを気にせずに食べれますが、
風味や香りも旨みのひとつと捉えるともうひとつかなという感じです。
Posted by ひ辻 at 2019年07月16日 04:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: