2020年12月31日

キャベツの様子

このところ毎日寝坊してばかりでたまにしか畑に行けていません・・・
冬で日が短いのに夏時間からの切り替えがうまく行っていないんです。
なので土作りがストップしてしまっています。
何とかしなきゃなぁ・・・

そんな中、キャベツの生長がイマイチです・・・
とりあえずキャベツの様子です。

IMG_1497.JPG

もう見るからにダメですよねぇ・・・
10月初旬に種蒔きしましたがいまだにこんな状態です。
秋の間は生長が遅いながらもまだどうにかなりそうな感じだったのですが、
12月に入ったら急に青虫が大発生して葉っぱを食われまくってしまいました。
それもあって生長にブレーキがかかってしまった感じです。
ここ数年はずっと赤キャベツを栽培していましたが、
自家採種したタネが発芽しなかったので急遽ダイソーのタネを買ってきました。
富士早生という品種です。

一番マシなのでこんな感じです。

IMG_1498.JPG

少し穴は空いていますがなぜかこれだけは被害が少なかったです。
中央が巻き始めていますが急速に寒くなってきたので冬の間の生長は厳しいかもしれません。
春までにせめてこれだけでも収穫できればいいのですが・・・

同じくらいの大きさでも酷いのはこんな感じです。

IMG_1499.JPG

もうボロボロでこんな葉っぱでちゃんと光合成ができているのやら・・・
でも中央は巻きかけているのでどうにか生長してもらいたいです。
畑に行ったらまずはキャベツの様子を見に行って青虫を潰していたのですが、
それでもいつの間にやらまた復活してくるんです。
今の極寒状態になったら出て来なくなりましたが、
それでは植物の生長も止まってしまいますしね・・・

他の株は小さ過ぎて話になりませんね。
トウが立つまでには収穫サイズにはならないと思われます。
土はだいぶ柔らかくしてあるはずなのですが熟成がまだまだなのかもしれません。
これが今のうちの畑の地力ということです。
厳しい現実を受け止めつつ作業を進めて行きます。

ということで今年の記事はこれで最後です。
まだまだ土作りの効果が出てくるまでには時間が掛かりそうなので、
来年以降もひたすら土を柔らかくするための作業を優先しながら焦らずに栽培をして行きます。
もう腹を括りましたので一喜一憂はしません。
前進あるのみです。
それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:30| Comment(0) | キャベツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: