2019年01月28日

オークリーフレタスを収穫しました

うちの畑の鬼門である葉もの栽培。
キャベツも白菜もうまくできませんでしたがレタスはどうでしょうか?
とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.1.22.jpg

雑草の中にいくつか赤いのがありますよね。
それがレタスです。
全部で10株あります。
昨年の夏の終わりにもっと広い範囲に種蒔きしたのですが、
発芽はするもののそこからまともに生長してくれません。
僅かに生き残った株を植え直したりしてここまで栽培してきました。

大きいのはこんな感じです。

オークリーフ2019.1.22.jpg

そこそこ立派な株にはなっています。
赤いレタスでしてオークリーフという巻かない品種です。

でも小さいのはこんな感じです。

レタス生長不良2019.1.22.jpg

葉っぱも僅かで食べるほどの量がありません。
半分くらいこんな大きさなんですから話になりません・・・

ということで収穫しました。

レタス収穫2019.1.22.jpg

一応フルサイズにまで育ったのはこの2株だけでした。
食べてみましたが若干硬めな感じでした。
でもまぁ問題なく食べれるレベルでした。

昨シーズンと比べれば2株だけとは言えまともなのを収穫できただけ大進歩と言えなくも無いです。
でもまぁあまりにもレベルが低いですね・・・
それに何とかそこそこの大きさになったのは暖冬だったのも大きいと思います。
これでは成功には程遠いので大いなる改善が必要ですね。
これから土質の改造に取り組みます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:03| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

レタスの様子

レタスもセルトレイに種蒔きしまして庭で育苗しました。
これも白菜・キャベツ同様に困難を極めまして・・・

とりあえずレタスの様子です。

レタス2017.11.17.jpg

このスペースの左半分にレタスを植えました。

1m四方に4株ずつ植えてあります。

紫レタス2017.11.17.jpg

雑草の中に色が違うのがあるのがわかりますでしょうか?

今のところ一番大きいのがこんな感じです。

オークリーフ2017.11.17.jpg

普通はこれくらいで植えるのですが、
植えてからひと月以上経っているのにまだこのくらいなんです。
オークリーフという品種の紫タイプです。
これは結球しないタイプのレタスです。

一番小さいのはこんな感じです。

オークリーフ小さい2017.11.17.jpg

まだ発芽して数日レベルですね。
こんなのが大半なんです。
ダメだこりゃという感じですね・・・

うちの畑では葉ものはずっと鬼門だったのですが、
そんなこれまでの中でも一番酷い状態かもしれません。
これまでとの違いは直蒔きかセルトレイ蒔きかでしょうね。
自然農法ということで直蒔きにこだわってきましたから、
虫にやられようとも強行してきました。
このところあまりにも虫の被害が多いので今年はほとんどをセルポットに蒔きました。
どうやらそれが裏目に出てしまったような気がします。
それとこれまでは庭だと虫の被害は少なかったのですが、
今年はやられまくりだったのも想定外でした。

本格栽培と銘打ってファイナルステージを始めたというのに何という体たらく・・・
先が思いやられます。
やはり原点に戻って直蒔きで押し通す覚悟が必要ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:53| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

サニーレタスを収穫しました

先週に大根を収穫した時にレタスも収穫していました。
とりあえずサニーレタスの様子です。

サニーレタス2015.1.25.JPG

何かもう荒地にしか見えませんよね...
真冬なんですが雑草が勢いは弱いながらもしつこく生えてきます。
そんな中にレタスも生えているんですがわかりますでしょうか?
手前の左右の端にある赤茶色のがそれです。

サニーレタス小2015.1.25.JPG

アップにすると大きく見えるんですが手のひらサイズです。
でも葉っぱはとてもきれいでいい感じです。
これはまだそこそこ生長した株でして、
中にはこんなのも...

サニーレタス極小2015.1.25.JPG

まだ全然幼苗という感じでして...
秋からほとんど生長しないままでした。
でもまぁ枯れなかっただけまだマシな株とも言えます。

ということで収穫しました。

サニーレタス収穫2015.1.25.JPG

最初の写真の範囲からたったこれだけです。
手のひらサイズが2株に幼苗サイズが6株でした。
40株分種蒔きして発芽したのは10株分ほど。
そこから間引いた株を植え替えたりして20株くらいを育ててきて残ったのがこの8株でした。

もう既にこの収穫したレタスは食べ終わっています。
生のままドレッシングをかけて食べました。
シャキシャキとしていてとてもおいしかったです。
風味を強く感じました。
もしかしてそれが自然農法ならではの味なんでしょうか?

それにしても、うちの畑では葉ものがなかなかうまく育ちませんねぇ...
キャベツとか白菜とかレタスとかの結球野菜は肥料食いと言われていますから、
無肥料栽培ではよほど土が栄養豊富で無いと生長してくれないようです。
土作りがどのくらい進んでいるかのバロメーターに最適ですね。
うちの畑の土はまだまだだとレタスに示されてしまいました。
土作りとはゴールの無いマラソンのようなものです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

サニーレタスの様子

ここしばらく野菜栽培ゾーンのすべての栽培スペースを使って麦栽培をしていたので、
その間はほとんど野菜栽培ができませんでした。
今年の春から再開したのですが残り物のタネばかりだったからか、
まともに発芽してくれたのは黒豆だけでした。
秋蒔きは新たにタネを買いましたのでちゃんと発芽してくれました。
久しぶりに野菜ゾーン全域を使っての栽培を開始しました。

ということで今回まずはサニーレタスからです。

第5スペース2014.12.5.JPG

どこにあるのかわかりませんよね...
この手前から奥までのスペースすべてを使って40株を栽培するつもりだったのですが、
発芽するのが遅い上に発芽率も低くて...
発芽してからの生長も遅くてどうしようもありませんでした。
わずかに発芽した株を植え替えたりしながら何とか7・8株は今も生きています。

そんな中で一番マシなのがこれです。

サニーレタス2014.12.5.JPG

アップにしているので大きく見えますが手のひらサイズです。
発芽してからひと月くらいが収穫の目安なんですが、
もう既にふた月過ぎているのですがいまだにこんな大きさなんです。

小さいのはまだこんなのです。

サニーレタス小2014.12.5.JPG

全然ダメですね...
ひと口サイズもありませんよ。

草刈りに手間取ってしまって種蒔きが遅れてしまったのもあるでしょうけれど、
それよりも結局はまだまだ土ができていないということかと思います。
2年近く栽培スペースを休ませてきたはずなのにこれでは...
ちょっと愕然としてしまいますねぇ...

普通レタスは直播きはせずにポットとかで発芽・育苗してから植えるのが本来のやり方ですよね。
うちは直播きにこだわっているので今回も直播きしましたがそれがダメなんでしょうか?
まぁ無農薬・無肥料・不耕起でさえあればポットを使って育苗するのもアリかなと思い始めております。

とりあえず年内はこのまま様子を見て来年になってから収穫してみます。
いやはや、前途多難ですわ...

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

レタスを収穫しました

毎日雑草を刈っています。
毎年のことですがツユクサが大発生してしまって往生しています。
刈って敷いておくだけでは枯れないので処理が大変なんです。

そんな中、レタスが大きくなってきました。
それではこれがレタスの様子です。

レタス2012.8.3.jpg

はい、ひと株だけです。
草が敷いてあるこの範囲全部をレタス用にするつもりだったのですが、
これも発芽率が低過ぎてどうにもなりませんでした。
ちょうどレタスがある位置に数十粒くらいはタネを蒔きました。
そこから最終的には10株を植え替えて栽培するつもりだったのですが、
2・3個しか発芽してくれないんです。
昨年は蒔いた分だけほとんど発芽したんですけどねぇ...
せっかく発芽したのも虫にやられる前に乾燥で干からびてしまいました。
自然農法ではご法度の水遣りも仕方なくしていたんですが駄目でした。
もうあきらめて放置していたら1つだけ遅れて発芽したようで、
どうせ駄目だろうと思っていたらいつの間にか大きくなっていました。

どのくらいが収穫の目安なのがイマイチよくわからないんですが、
まぁこのくらいの大きさなら店でも見かけるしということで収穫することにしました。

レタス収穫2012.8.3.jpg

毎度のことながら結球具合がイマイチに見えますね。
でも昨年収穫したのよりはひとまわりくらいは大きくなりました。

外側の葉っぱを取り除いてみました。

レタス結球2012.8.3.jpg

内側はちゃんと結球してしているようですね。
少し硬そうな感じがするのでやはり収穫のタイミングが遅いのでしょうか?

その日の夕食で早速食べてみました。
少し歯応えがありますがほぼ問題ないレベルでした。
このひと株に限っては成功だと思います。

キャベツやレタスは肥料食いで土に栄養が少ないと結球できないそうですが、
いまのところ生長軌道にさえのせることができれば無肥料でも結球できています。
でもそこまでもっていくのが年々困難になってきていまして...
春の天候不順もあるでしょうけれどもやっぱり土なんでしょうね...

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:08| Comment(2) | TrackBack(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする