2019年12月02日

レタスが・・・

今年はと言いますか今年もと言いますか、
葉ものがうまく生長してくれませんでした。
レタスもそうでして生長不良のまま秋になってトウ立ちして花が咲きました。
葉っぱは小さいのにトウはやたらに立派なのが立ちまして、
花もたくさん咲き乱れました。
そして枯れてきてタネができてくるわけです。
レタスのタネはまん丸ではなくて三日月形の雑草みたいなタネなんです。
それをむしって種蒔きしてみました。

とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.11.30.jpg

わかり辛いですよね。
実は9月に残っていたダイソーのタネを蒔いているのですが全く発芽しませんでした。
レタスのタネは結構デリケートらしく夏の常温保存ではダメになってしまうようです。
なので10月にトウ立ちしたレタスから種蒔きしてみました。

それが今こんな感じです。

サニーレタス2019.11.30.jpg

同じように蒔いているはずなのにこのようにたくさん発芽するところもあれば、
僅かしか発芽しなかったり全く発芽しなかったりといろいろなんです。
それぞれがある程度は食べれるくらいの大きさになったら間引こうかと思っています。

せっかくの自家産のタネなので採種しようかとも思ったのですが、
生長不良の株のタネなのでやめておきました。
なので放置しておいたらこんなことになってしまいました。

レタス自生2019.11.30.jpg

トウが倒れて花が咲いていた部分からタネが落ちて無数のレタスが発芽してしまいました。
うじゃうじゃ生えていてもはや雑草と大差ありませんね。
もう収拾がつかなくなっています。

他にもこんなことに・・・

 自生レタス2019.11.30.jpg

トウは左に倒れているのですがそれまでに右にタネが落ちまくったのだと思われます。
もうどうすりゃいいのやら・・・
でもこうやって自然に落ちたタネから勝手に育った野菜を、
雑草だらけの中から見つけて収穫と言うよりも採取するのが本来の自然農法ですよね。
場所はいつくも空いているので良さそうなのをいくつか移植して栽培しつつ、
ほとんどはこのままどうなっていくのか様子を見たいと思っています。
この中からどれかが競争を勝ち抜いて大きな株になっていくのか、
それともひしめき合って小さい株のままなのか、
しかと見届ける所存です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:10| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

サニーレタスを収穫しました

うちの畑の鬼門である葉もの。
毎回何をどうやってもうまく行かないのですが、
今年は柔らかく肥えた土にするための作業を施してあります。
その効果やいかに?

とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.8.19.jpg

いくつかそれっぽいのが見えるかと思いますが数が少ないですよね。
大量に発芽した場所と全く発芽しなかった場所とに分かれてしまいまして、
発芽しなかった場所に間引いた株を移植したのですがすべて枯れてしまいました。
なので株数は前回記事の時と全く変わっていません。

生き残った株はそこそこ大きくなりました。

サニーレタス2019.8.19.jpg

一応パッと見にもレタスとわかるレベルにはなりました。
大きさはマチマチです。
トウ立ちしているみたいな感じに上に伸びてしまっている株もありました。

ということで収穫しました。

レタス収穫2019.8.19.jpg

一番大きいのを2株だけにしました。
そこそこ立派なレタスには見えますかね。
サラダにして食べてみました。
まぁ普通にレタスだなという感じでしたが少し硬いかなとも思いました。
土の状態がまだまだなんだと思います。

発芽率の低さや発芽後の生長の遅さが足を引っ張っている感じですね。
スタートダッシュがうまくできないのは他の野菜も同様でして、
特に春蒔き夏蒔きが難しいところなんです。
庭で育苗というのも試しましたがうちの環境ではあまり芳しくありませんでしたし、
何よりも自然農法の作法に反します。
まだまだ私の腕が未熟なんでしょうね・・・

最後におまけです。

きゅうり発芽2019.8.19.jpg

これ何だかわかりますでしょうか?
レタスの株の周りに大きくなり過ぎたきゅうりを置いていました。
それが腐敗して中のタネが土に付着して発芽したんです。
これだけではなくてあちこちでたくさん発芽しまくっているんです。
ちゃんと埋めて種蒔きしても全く発芽しないことが結構あるのに、
地面に落ちただけのタネがことごとく発芽するとか、
やはり自然の力は偉大なんですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:09| Comment(2) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

レタスの様子

うちの畑の鬼門である葉もの。
レタスもこれまであまりうまく行っていません。
でも何度でも挑戦あるのみです。

とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.8.10.jpg

何かところどころにしかありませんよね。
全部で20株用意するつもりだったのですが、
結局8株しか生き残りませんでした・・・
なのでスペースが空きまくっています。
今は暑過ぎるのでもう少し猛暑が和らいだらタネを蒔き直すつもりです。

今のところこんな状態です。

レタス株2019.8.10.jpg

大きさはマチマチです。
発芽しなかったり発芽しても枯れてしまった場所には間引いた株を植え替えてみたりもしたのですが、
やはり根っこが少しでも痛むとダメなのかすぐに枯れてしまいました。
でもこれまでレタスを栽培した時は植え替えが結構成功していたので、
やはり猛暑の中ではすぐに干からびてしまうのかもしれません。

一番大きい株はこんな感じです。

サニーレタス2019.8.10.jpg

もう収穫できそうな感じですがさらにもっと大きくなりそうにも見えます。
とりあえずもうしばらく様子を見ます。
先ほどから目に付いていると思いますが株元にきゅうりを置いています。
大収穫過ぎて食べ切れないので余ったのをこうしてみました。
徐々に朽ちていく中で水分を補給してくれることを期待してです。
自然農法は基本的には水遣りはしませんので猛暑の時はいつも気がかりなんですよ。
ギリギリの脱法行為ということでご了承を。

今回の品種はサニーレタスです。
ダイソーの2袋100円のタネでして5年振りです。
本当はもっと変わった色や形のをやりたいのですが、
そういうのはうちの家族が嫌がりますので・・・
とにかく葉ものを安定して栽培できるようになるのが当面の目標ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:36| Comment(2) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

オークリーフレタスを収穫しました

うちの畑の鬼門である葉もの栽培。
キャベツも白菜もうまくできませんでしたがレタスはどうでしょうか?
とりあえず、レタスの様子です。

レタス2019.1.22.jpg

雑草の中にいくつか赤いのがありますよね。
それがレタスです。
全部で10株あります。
昨年の夏の終わりにもっと広い範囲に種蒔きしたのですが、
発芽はするもののそこからまともに生長してくれません。
僅かに生き残った株を植え直したりしてここまで栽培してきました。

大きいのはこんな感じです。

オークリーフ2019.1.22.jpg

そこそこ立派な株にはなっています。
赤いレタスでしてオークリーフという巻かない品種です。

でも小さいのはこんな感じです。

レタス生長不良2019.1.22.jpg

葉っぱも僅かで食べるほどの量がありません。
半分くらいこんな大きさなんですから話になりません・・・

ということで収穫しました。

レタス収穫2019.1.22.jpg

一応フルサイズにまで育ったのはこの2株だけでした。
食べてみましたが若干硬めな感じでした。
でもまぁ問題なく食べれるレベルでした。

昨シーズンと比べれば2株だけとは言えまともなのを収穫できただけ大進歩と言えなくも無いです。
でもまぁあまりにもレベルが低いですね・・・
それに何とかそこそこの大きさになったのは暖冬だったのも大きいと思います。
これでは成功には程遠いので大いなる改善が必要ですね。
これから土質の改造に取り組みます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:03| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

レタスの様子

レタスもセルトレイに種蒔きしまして庭で育苗しました。
これも白菜・キャベツ同様に困難を極めまして・・・

とりあえずレタスの様子です。

レタス2017.11.17.jpg

このスペースの左半分にレタスを植えました。

1m四方に4株ずつ植えてあります。

紫レタス2017.11.17.jpg

雑草の中に色が違うのがあるのがわかりますでしょうか?

今のところ一番大きいのがこんな感じです。

オークリーフ2017.11.17.jpg

普通はこれくらいで植えるのですが、
植えてからひと月以上経っているのにまだこのくらいなんです。
オークリーフという品種の紫タイプです。
これは結球しないタイプのレタスです。

一番小さいのはこんな感じです。

オークリーフ小さい2017.11.17.jpg

まだ発芽して数日レベルですね。
こんなのが大半なんです。
ダメだこりゃという感じですね・・・

うちの畑では葉ものはずっと鬼門だったのですが、
そんなこれまでの中でも一番酷い状態かもしれません。
これまでとの違いは直蒔きかセルトレイ蒔きかでしょうね。
自然農法ということで直蒔きにこだわってきましたから、
虫にやられようとも強行してきました。
このところあまりにも虫の被害が多いので今年はほとんどをセルポットに蒔きました。
どうやらそれが裏目に出てしまったような気がします。
それとこれまでは庭だと虫の被害は少なかったのですが、
今年はやられまくりだったのも想定外でした。

本格栽培と銘打ってファイナルステージを始めたというのに何という体たらく・・・
先が思いやられます。
やはり原点に戻って直蒔きで押し通す覚悟が必要ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:53| Comment(0) | レタス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする