2019年09月29日

カボチャを再収穫しました

スイカが今になってまた実がなり始めたのと同じようにといいますか、
それ以前からカボチャが伸び続けていましていつの間にやら実がなっていました。

とりあえず、カボチャの様子です。

カボチャ2019.9.27.jpg

向こう側は雑草で見えませんが手前の蔓はわかりますでしょうか?
もう株元に近い蔓には葉っぱが全くありません。
なのでこのまま枯れていくのだろうと思っていたのですが、
先端部はその後もずっと伸び続けていました。

どこまで行くのだろうと思いつつ放置していたらこうなりました・

カボチャ蔓2019.9.27.jpg

うちの土地と隣の土地との境目のバリケードを蔓が登っているんです。
結構高い位置まで到達しています。
もしかするとこの向こう側まで行っている可能性もあります。

赤いのが見えていましてそれが実です。

カボチャ実2019.9.27.jpg

実がうまく収納されてしまっています。
カボチャは通常はネットや棚に蔓を這わせて栽培するものなので、
こういう感じの方が虫とかにはやられにくいでしょうね。

ということで収穫しました。

カボチャ収穫2019.9.27.jpg

3個ありました。
8月に収穫した時のよりはだいぶ小さいです。
この実がいつなったのかイマイチはっきりしないので収穫タイミングもはっきりしません。
しっかりと色づいていますしとっとと作業を終えてしまいたいので全部収穫してしまいました。
しばらく追熟してから食べます。

この品種は打木赤皮甘栗南瓜といいましてかなり甘くなるはずなのですが、
8月に何度か収穫したのは追熟してもそれほどは甘くなりませんでした。
今回のもおそらく同様ではないかと思われます。
無肥料ですからどうしても店で売っているのと同じようには行かないかもしれませんが、
もう少し味にメリハリのあるカボチャにできないものかが今後のテーマですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:39| Comment(0) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

打木赤皮甘栗南瓜を収穫しました

猛暑の中も毎日畑に行っております。
私は若い頃はどちらかというと暑がりの方でして、
夏は暑くて動く気になれないタイプだったのですが、
今は逆に寒がりになってしまって冬に寒さで外出するのが嫌になってしまいます。
なのでこの凄まじいばかりの暑さはむしろ大歓迎でして体調も絶好調です!

そんな中、カボチャの収穫時がやってきました。
とりあえず、カボチャの様子です。

カボチャ2019.7.30.jpg

梅雨が長引いて夏なのに寒い間もグングンと伸び続けていまして、
とうとう一番奥まで到達してしまいました。
でも株元付近は葉っぱがほとんど無くなってしまっています。
もう枯れ込んできているのでしょうか?

実は4個なっています。

カボチャ実2019.7.30.jpg

最初の写真からお気づきかと思いますがこのカボチャは皮が赤いのです。
こんなにワサワサになって蔓も長く伸びている割には数が少ないですね。
人工授粉とかを全くしていないからだと思われます。
でもまぁうちで食べるだけですからこれでも十分過ぎるくらいです。

ということで一番大きいのを1個だけ収穫しました。

カボチャ収穫2019.7.30.jpg

丸々と太っていてこれぞカボチャという感じですね。
早速煮物にして食べてみました。
さっぱりとした甘さで私にはちょうどいい感じだったのですが、
うちの家族には物足らない甘さだったようです。
それを聞いていてハッと気がつきました。
カボチャはキュアリングという追熟と乾燥を行わないと甘くならないんです。
これを毎回忘れてしまってすぐに食べてしまうんですよね。
また今回もやらかしてしまいました・・・

でもまぁ収穫としては今回は成功と言えると思います。
一昨年はバターナッツで昨年は宿儺を栽培して今年はこの品種でした。
それぞれタネを自家採種してあります。
どれか本命を決めたいところなんですがまだまだいろんな品種を試したい気持ちの方が強いです。
でもそんなんじゃいつまで経っても自家採種のタネを使えませんよね。
どうすりゃいいんだろう・・・
困った・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:16| Comment(2) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

カボチャの様子

一昨年はバターナッツで昨年はスクナを栽培してきたカボチャ。
今年はどうしたものかと冬の間に考えました。
うちの家族は栗カボチャが好きなようなのでそれにすることにしたのですが、
ありきたりのでは面白くありません。
いろんな品種を検討しまして今年も栽培を開始しました。

とりあえずカボチャの様子です。

カボチャ2019.6.20.jpg

3月下旬に種蒔きをしまして発芽も生長も遅かったのですが、
5月に入ってから徐々にペースが上がってきました。
2株だけなのですが蔓が次々に伸びてきてワサワサになっています。

もう既に花が咲いています。

カボチャ花2019.6.20.jpg

いかにもカボチャな花です。

そして早くも・・・

カボチャ実2019.6.20.jpg

実がなり始めていますね。
栗カボチャなので真ん丸です。
ここからだいたいひと月半くらいで収穫になります。

今年は赤皮甘栗南瓜という品種にしました。
まぁ要するに皮が赤いというだけなんですがね・・・
本当はこれという品種に決めて累代栽培をしていくことで、
うちの土地に馴染んでいくんですが、
いろんな品種を試してみたくなるのが趣味人の性でもあるわけです。
変わったのがあるとどうしても飛びついてしまうんですよね・・・
こんなんじゃあいつまで経っても本来の自然農法は程遠いですね・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:06| Comment(0) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

スクナカボチャを収穫しました

台風が過ぎ去ってやっと秋晴れの日々になったと思ったらまた毎日雨ばかり・・・
種蒔きそしてその前の草刈りが進まなくて焦っています・・・

そんな中、カボチャが大きくなってきていました。
とりあえずカボチャの様子です。

カボチャ2018.9.18.jpg

株元周辺の葉っぱがだいぶ枯れてしまっています。
全体的にわさわさの状態だったのですが、
台風の強風にあおられて株元周辺の蔓がめくれ上がってしまいました。
どうやらそのダメージのようです。
でも奥の方はまだまだ青々としています。

なかなか実がならなかったのですが8月になっているのを発見しました
そしてグングン大きくなっていきました。

スクナ2018.9.18.jpg

近い位置で2個ほぼ同時期になって生長していきました。
これがまぁ見事に巨大なんですよ。
ただ5mくらいも親蔓が伸びて子蔓や孫蔓も伸びまくって地面が見えないくらいにわさわさなのに、
雌花がなかなか咲かなくてなかなか実がならなくて、
場所を取る割には収穫まで行ける実の数が少ないですね・・・


まだ小さいのもあります。

カボチャ小2018.9.18.jpg

これでも普通のカボチャくらいの大きさですね。
来月くらいには収穫サイズになると思います。

ということで収穫しました。

スクナ収穫2018.9.18.jpg

ハサミと比較するとその大きさがおわかりいただけると思います。
カボチャというよりもヘチマみたいな形ですね。
これこそがスクナという品種なんです。
岐阜県の飛騨高山の特産品だそうです。
高級ブランドで1個千数百円もするんだとか。

ということで早速食べてみました。
普通のカボチャと同じように煮てみました。
あまり砂糖を入れ過ぎないようにしましたが、
それにしても甘さ控えめですねぇ。
私は甘いのが苦手なのでそれでもいいんですが、
うちの家族は甘いもの好きなので物足りない甘さだったようです。
このカボチャは栗カボチャとかと比べて自然な甘さが特徴らしいです。

そしてタネもしっかりと採種しました。
購入したタネは1袋5個しか入っていませんでした。
そんなに貴重なタネなのかと思っていたのですが、
1個の実から出てくるわ出てくるわ・・・
全部は残しませんでしたが50粒くらいはありました。
そんなならもっと入れてくれればいいのに・・・
来年もスクナを栽培するのか次はまたバターナッツにするのか・・・
他の品種も含めて検討します。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:31| Comment(0) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

カボチャの様子

今年に春蒔きした野菜でまだ記事にしていなかったのがもうひとつありました。
とりあえず、カボチャの様子です。

カボチャ2018.7.16.jpg

2ヶ所に3粒ずつ種蒔きしました。
すべて発芽したんですが片方だけが小さいままでして・・・
あまりに貧弱なのでもう片方の株から移植しました。
そしてあまった1株を中央に移植しました。
なので3ヶ所3株の体制になりました。
でもやはり移植したのはそのダメージからか生長が遅れています。

今のところこのくらいには伸びてきました。

スクナ2018.7.16.jpg

3mくらいでしょうか。
長さとしてはいい感じになってきているのですがまだ実はなっていません。

でも花は咲いています。

スクナ花2018.7.16.jpg

何か全部雄花っぽいですよねぇ。
一体どういうことなのやら・・・
とにかく雌花が咲いて結実してくれるのを待つしかありません。

昨年はバターナッツというカボチャを栽培して豊作でした。
自家採種もしましたし今年もそれでもよかったのですが、
やはりもっと特殊なのを栽培してみたいわけで。
今回はスクナカボチャという品種にしました。
漢字だと宿儺南瓜となります。
飛騨高山の特産品で病気に弱いために難易度が高いのだそうです。
そしてヘチマのような大きさと形なんだそうです。
難しくて巨大となると私のチャレンジ精神が黙っちゃいられないのであります。
かなり糖度が高いらしいので私の好みではないのですが、
うちの家族は喜ぶと思います。
とにかく大収穫を目指して頑張ります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:40| Comment(0) | カボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする