2019年07月16日

ネギの様子

ここ数年、種蒔きは庭でセルポットで行ってしばらく育苗して、
それを畑に植え替えるというのを試してきました。
それでうまく行く場合もあれば行かない場合もありました。
どちらかと言えば行かないことの方が多いような感じでした。
培養土で発芽して育苗したのをうちの強烈な粘土質に植えると、
そこから土に馴染んでグングン生長を始めるまでかなりかかってしまうんです。
やはり原点に返って今年は直蒔きにこだわることにしました。
しかし・・・

とりあえず、ネギの様子です。

ネギ2019.7.9.jpg

右に立派なのが生えていますがこれのことではありません。
これはずいぶん前にこの場所に植えてほとんど放置してある岩槻という葉ネギです。
中央の雑草が生えている場所にネギのタネを直蒔きしました。
昨年の秋に蒔きましてほとんど発芽はしたのですがそこからの生長の遅いこと遅いこと・・・
春の時点でまだ爪楊枝レベルでした。
そして他の作業が忙しくて手がつけれない間に雑草に埋もれてしまいました・・・

手前の方にある株はこんな感じです。

下仁田2019.7.9.jpg

細くてひょろっとしています。
雑草に埋もれていたわけですから生長不良で当然ですね。
奥の方も見てみましたがあまり生き残っている感じがしません。
本来は4月に仮植えで7月に本植えでして、
ここまでの間を放置していたわけですから自業自得です・・・

ということで雑草と一緒に土ごと引っこ抜きながら選別しました。

ネギ鍛える2019.7.9.jpg

発芽時点では50株くらいあったはずなのに15株しかありません・・・
しかも半分以上がいまだに爪楊枝レベル・・・
もう大失敗も大失敗ですね。
そしてこの時点の見た目だけだと普通の葉ネギか白ネギに見えますよね。
実はこのネギの品種は下仁田ネギなんです。
僅かでも生き残ってくれた以上、栽培は続行しますがどうなることやら・・・

畑で栽培している果樹や野菜の数が私ひとりが扱えるキャパを超えているのでしょうか?
無理くり種蒔きだけ何とか強行してもその後何もできないことが多いんです。
本来は何もしなくても勝手に生長していくのが自然農法なんですが、
それがそのまま通用するだけの土の状態では無いんでしょうね。
自然農法への道はまだまだ果てしなく険しい・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:57| Comment(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

松本一本太ネギを収穫しました

すき焼きの材料としてネギを収穫することにしました。
とりあえず、ネギの様子です。

ネギ2018.12.19.jpg

6月にこのスペースにぎっしりと植えたのですがほとんど枯れてしまいました・・・
一時は全滅かと思っていたのですが僅かに生き残りまして、
猛暑も耐え抜いて生長を続けていきました。
全部で5株あります。

数は少ないですが結構いい感じに育っています。

白ネギ2018.12.19.jpg

地上部が青々としていていかにも良さげなんですが、
このネギは白ネギなので土の中の部分が重要です。
さて、どんな具合なのか?

ということで収穫しました。

松本一本太2018.12.19.jpg

収穫サイズとしてはこの4株だけでした。
ちょっと短いですがまずまずというところでしょうか?
太さは申し分ないと思います。
土が硬くてあまり深くまで穴をあけられなかったので致し方ないです。

初めての白ネギ栽培でしたが生き残った株に関しては成功と言えるのではないかと。
ただ植えた数と比べて生き残った数が少な過ぎます。
栽培そのものは失敗ということですね・・・

今回栽培したこの品種は本来は縦穴法で栽培するような品種ではありません。
ある程度生長してきたところで横に寝かせる形で植え替えるのだそうです。
どちらのやり方でするにしても植え替える段階で苗がもっと大きくなっていないと、
そのあとほとんど生き残れないと思われます。
初期育成をどうやってうまく進めるのかが今後の大きな課題ですね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:34| Comment(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

ネギを植えました

とうとう梅雨に入りましたね。
毎日雨ばかりで作業がなかなか進まない日々が続くことになります。
雑草の勢いに負けないように頑張らねば・・・

昨年の秋に育苗箱に種蒔きして庭で育ててきたネギを植えることにしました。
とりあえず、ネギの苗の様子です。

ネギ育苗2018.6.2.jpg

混み合っているからか生長具合がイマイチですね・・・
最初に蒔いた時は発芽率がよくなかったので一度蒔き直しているんです。
ネギのタネは寿命が短いので残っていたのを全部蒔いてしまったらこの有様です。

今回のネギは松本一本太という根深ネギにチャレンジすることにしました。
軟白部を作るためには徐々に高く土寄せをしていくのですが、
それだと耕さなければならなくなります。
自然農法ではあくまで不耕起が原則なのでその手は使えません。
そこでこんな道具を使うことにしました。

棒2018.6.2.jpg

これは風呂の湯をかき混ぜる道具ですが少し太めの棒状のものなら何でもいいんです。
先端から35cmのところにマジックで印をつけてあります。
これを地面に突き刺します。

縦穴法2018.6.2.jpg

15cm間隔で穴を掘りました。
これが土が硬くて大変でしてですね・・・
写真くらいに30cm以上の地点まで棒が入る場合もあるのですが、
硬過ぎるところは10cmくらいしか入らない場合もありました。
これはヤバイです・・・

あけた穴にネギを投入しました。

ネギ苗2018.6.2.jpg

最初は根っこをそのままの状態で入れていたのですが、
それでは間で引っかかったりするので途中から根っこを切ってから入れました。
浅い穴だとネギが確認できるのですが深い穴だと入れたが最後もう見えません。

ということで完了しました。

ネギ2018.6.4.jpg

全部で76穴・株あります。
数日後に様子を見てみるといくつか枯れてしまった株が見受けられるような・・・
今は雑草をきれいに刈ってありますがそう遠くないうちにどんどん生えてくるはずです。
本来は黒マルチを敷いてから穴をあけるのですが自然農法ではそんなものは使えません。
かと言って刈った雑草を敷いてしまっては日が当たらなくなるでしょうし・・・
これは前途多難ですね・・・

もう知っている方はお気づきでしょうけれど、
いわゆる縦穴法というのをやってみました。
このやり方だと土寄せをする必要がなくなるわけです。
でもこんな風に穴をあけること自体が不耕起に反するような気も・・・
それとこのやり方はあらかじめしっかりと耕しておかないとダメですね。
うちの畑のような粘土質の土ならなおさらだと思います。
本当に何をやってもうまく行かないなぁ・・・
ネギの苗はまだ大量に残っているのでそれを庭でさらに育てつつ試行錯誤を続けていきます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:55| Comment(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

ネギを収穫しました

お久しぶりです。
9月中もいろいろとあったのですが作業が忙しくて写真を撮っている余裕がありませんでした。
やっと野菜栽培ゾーンの草刈りが終わったのですが、
その間に竹林や果樹の周囲の草が元通りに生えまくってしまいまして・・・
自然農法はエンドレスです・・・

とりあえずネギの様子です。

ネギ2015.10.6.JPG

爪楊枝くらいから箸くらいの大きさのネギをどこに植えようかと悩みまして、
第1栽培スペースの左端と通路との境目に植え込みました。
そしてほぼ放置すること4ヶ月。
結構立派になりましたね。
やっぱりネギは強健です。

大きい株はこんな感じです。

ネギ大2015.10.6.JPG

このネギは岩槻という品種でして軟白部がほとんど無いいわゆる葉ネギなんです。
主に薬味に使うタイプなのですがこんなに太くなってしまいました。
実はもっと細いうちに収穫するつもりだったのですが、
最初に言いましたとおり写真を撮る余裕が無かったので放置せざるを得ませんでした。

小さい株はこんな感じです。

ネギ小2015.10.6.JPG

これくらいで収穫すべきなんでしょうね。
中にはまだ全然細くて串みたいなのもありました。
でもこれだけデタラメな栽培でここまでできたら上出来ということにしておきます。

ということで収穫しました。

ネギ切り株2015.10.6.JPG

うちではネギは多年草として扱うことにしています。
なので引き抜かずに刈りました。
ここから再生してくるはずです。
山菜ゾーンの整備が完了したらそちらに植え替える予定です。

そしてこれが全収穫量です。

ネギ収穫2015.10.6.JPG

植わっている状態の見た目よりも結構量がありますねぇ。
とてもみずみずしくていい状態に見えました。
この中から細いのをより分けまして素麺の薬味にしてみました。
まぁ...普通のネギですね。
普通においしかったです。

秋野菜や冬野菜の栽培に向けての作業が山積みでして、
今年は草刈り最優先なのになかなか作業が捗りません。
とは言え何か栽培しながらじゃないとモチベーションが保てませんしね。
でも例年に比べたら順調に進んでいるとは思います。
秋晴れが続いている間に急ピッチで進めて行きます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

ネギの様子

夏が近づいてきていますね。
畑ではまだまだ過ごしやすいですが車の中は既に猛暑です。
そんな中、ネギを引っこ抜くことにしました。
とりあえずネギの様子です。

ネギ2015.5.25.JPG

どこにネギが?って感じですよね。
懸念していた通りに雑草に埋もれてしまいました・・・
でもこれで枯れてしまうほどネギはやわではありません。
ちゃんと生きています。

岩槻2015.5.25.JPG

ぎっしりとネギが生えているのがわかりますでしょうか?
3月下旬の時点で記事にした時よりは少し育っている感じですが、
あれから2ヶ月経っているのにまだ全然小さいですねぇ・・・
でもこのままでは雑草を刈って敷いての土作りができないので引っこ抜くことにしました。
とは言っても雑草だらけなわけでしてどうしようもありません。
そこでこうしてみました。

ネギ掘り出し2015.5.25.JPG

スコップで土ごと掘り出しまして雑草と選別することにしました。
ネギは見た目がとてもわかりやすいので見分け自体は簡単です。
球根が決定的な目印です。
とは言っても、もの凄い数が発芽していましてキリが無い状態でして・・・
2時間くらいかけてやっと終わりました。

ネギ天日干し2015.5.25.JPG

針くらいの大きさから箸くらいの大きさまでまちまちです。
これをこのまましばらく天日干ししておきます。
こういうのをネギを鍛えるって言うらしいですね。
植え直したあとの育ちが良くなるんだそうです。
でもこれを植える場所の土作りがまだできていませんので、
それまでどこに植えておくか悩んでおります。

毎度毎度行き当たりばったりなことばかりやっております。
土がしっかりと出来上がってくればそんなでも何とかなってしまうのですが、
スコップで土を掘ってみてまだまだ全然硬いのを実感しました。
でも深い部分は案外スッと軽くスコップが入っていく感じもしました。
表面上はカチカチでも地中は麦の根っこで砕かれているのかもしれません。
これはもうとにかく草を刈りまくって敷きまくるしかありませんね。
いつの日かふと気づいた時に劇的に土が変化していることを期待しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 長ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする