2023年07月30日

奥武蔵地這胡瓜を収穫しました

今年はきゅうりの栽培は新たな畑でするので自然農法の畑ではしないつもりだったのですが、
こぼれタネから発芽したのでなし崩し的に栽培が始まってしまいました。
どうなることやらと思っていたのですが何とか収穫にこぎ着けました。
とりあえず、きゅうりの様子です。

IMG_5892.JPG

栽培初期はウリハムシにやられてボロボロになって枯れかけていたのですが、
何とかそこから復活してきて生長軌道に乗ったらあっという間に伸びて行きました。
これぞ自然農法野菜の生命力でしょうか?

たくさん花が咲いています。

IMG_5893.JPG

小指の先ほどの小さいのが雨が降ると一気に肥大化するのが凄いですよね。
なので数日畑に行かなかっただけでいつの間にか巨大化していたりするわけで・・・

IMG_5894.JPG

この写真ではもうひとつ伝わらないと思いますが結構大きいです。
お化けきゅうりというほどではありませんが収穫タイミングとしては若干遅めですね。
これくらいになってしまうと中のタネも大きくなっているんです。

と言うことで収穫しました。

IMG_5896.JPG

今回は先ほどの1本だけです。
奥に写っているのは新たな畑で収穫したトマトときゅうりです。
そちらも地這いきゅうりなのですが色が濃いですね。
味は大差無いと思いました。

この撮影をしたのは7月の中旬でしてもう何度も収穫して食べています。
両方の畑で2株ずつ栽培しているので油断していると大量になってしまいます。
食べ切れないのであまり大きくならないうちに収穫するようにしています。
それでも見落としてしまったのが巨大化してたりするのですが・・・
とにかくまぁきゅうりを食べまくりの毎日です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月04日

いきなりキュウリ

梅雨入りしてしまいました。
これからしばらく雨が続いて作業が捗らなくなります。
でも何とか果樹ゾーンの草刈りと施肥は終わらせたので多少の余裕はあります。

そんな中、草刈りの最中にこんなものを発見しました。
とりあえず、デコポンの株下の様子です。

IMG_5646.JPG

この場所の草刈りに着手してすぐの状態です。
左手前に雑草とは違う何かがあるのがわかりますでしょうか?

それがこれです。

IMG_5647.JPG

きゅうりが生えていました。
当然こんな場所に意図して種蒔きはしていません。
でもすぐになぜこうなったのかはわかりました。
昨年にこのすぐ横のスペースできゅうりを栽培しました。
その時に収穫が遅れて巨大化して黄色っぽくなってしまったオバケきゅうりをデコポンの株の周囲に置いたのです。
それが腐敗してタネが落ちて昨年の秋にもかなり発芽していました。
その時には発芽せずに越冬したタネが春になって発芽したようです。

と言うことでこうしました。

IMG_5648.JPG

今年はこちらの畑ではきゅうりの栽培はしないつもりだったのですが、
こんないかにも自然農法らしいことになってしまっては栽培しないわけにもいかんでしょう!
急遽このスペースの草刈りをして植え替えました。
昨年とほぼ同じ位置なので連作になってしまいます。
きゅうりは連作を嫌う作物ですがそれでも可能のなのが自然農法なので強行します。

この後、デコポンの周囲の草を刈って行ったらまたさらに2株きゅうりを見つけました。
それに関しては植え替えた株のスペアとしてそのままにしてあります。
植え替えて数日で案の定ウリハムシが襲撃してきました。
そして右側の株が枯れかけていてヤバい状態です。
早くもスペアと入れ替えることになるかもしれません。
とにかくまぁいきなりきゅうりの栽培がスタートしました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月16日

奥武蔵地這胡瓜を収穫しました

雨が降ったり晴れたりを繰り返す変な天気が続いていますね。
こうなると畑に行けない間に雑草が爆発的に増殖して手に負えなくなるんですよ。
なので自然農法のルールを無視して除草剤を撒いたというのに、
その2・3時間後の豪雨でパーになっちゃいました・・・

そんな中、いつの間にやらキュウリに実がなっていました。
とりあえずキュウリの様子です。

IMG_4028.JPG

前回のキュウリ記事の写真から約1週間後です。
さらにワサワサになってきています。
スペースからはみ出ようとしている蔓は先端を切って止めています。

実はこんな感じです。

IMG_4029.JPG

株元のすぐ近くになりました。
蔓が伸びて行ったところにもたくさん雌花が咲いています。

ということで収穫しました。

IMG_4030.JPG

今季初収穫はこの2本だけです。
1本はひん曲がっていますし、
もう1本は大きくなり過ぎました。
実はこの前日に実がなっているのを発見したのですが、
その日はスマホを持って行っていなかったので撮影できないので収穫を見送ったんです。
そうしたらたったの1日で大きくなり過ぎました。
毎年同じ失敗をやらかしていますね・・・

この写真は7月7日のものでして、
あれからもう既に何度も収穫して食べています。
4株もあるので次から次へと実がなっていまして、
大収穫に近い感じになっています。
土作りの効果が出てきていると思いたいところですね。
とにかくまぁ食べ切れないような数になりつつありまして、
うれしい悲鳴になりつつあります。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月05日

きゅうりの様子

また梅雨に戻りましたね。
しばらく畑に行けないのを見越していくつか撮影しておいたので、
雨で畑に行けない時間を使ってブログを更新します。

昨年はあまり野菜栽培ができませんでしたので、
今年こそはと意気込んで5月に種蒔きを開始したのですが、
タネが古いのもあってか全く発芽すらしないものもあったり、
せっかく発芽したのにまだ幼株の段階で虫にやられてしまったのかいくつも枯れてしまいました・・・
そんな中、何とか生長軌道に乗ったうちのひとつがこれです。

とりあえず、きゅうりの様子です。

IMG_3989.JPG

これを撮影した数日前くらいに蔓が伸びていく方向の雑草を抜いて敷いておきました。
2ヶ所に5粒ずつ種蒔きしまして全て発芽しました。
そこから3株ずつ間引いて2株残しました。
そして1株だけにするつもりだったのですが、
それぞれどちらもほとんど同じ大きさでして選べないまま今に至ります・・・

気温の上昇と共に蔓が伸び始めました。

IMG_3990.JPG

本来は親蔓を摘芯したりするのでしょうけれど、
いつも結局そのまま放任で親蔓も小蔓もごちゃごちゃになってしまいます・・・
まぁそんなでも普通に収穫まで行けますので。
ただまぁあまりごちゃごちゃしているとなっている実を見逃してしまう危険性はあります。

もう既に花が咲いています。

IMG_3991.JPG

左が雄花で右が雌花です。
まだそんなに雌花の数は多くありませんがこれからどんどん増えてきます。

一見順調そうなのですがこんな兆しも出始めています。

IMG_3992.JPG

葉っぱを齧られ始めています。
これはウリ科の植物を栽培することの宿命みたいな奴の仕業です。

それはコイツだ!!!

IMG_3993.JPG

ウリハムシです。
コイツがもう毎年しつこくてですね・・・
どれだけ駆除してもどこからか飛んできて湧いてしまいます。
スイカとかだと相応の対策は必要なのですが、
カボチャやきゅうりは強いので放置しておいても案外大丈夫なことが多いのも確かです。
それでもうっとおしいですね。

3年振りのきゅうり栽培でして余っていたタネを使ったので発芽するか懸念していましたが、
全然普通に発芽して生長しています。
タネは冷蔵庫で保管しているのでそれが効いているのだと思われます。
それにウリ科のタネは他のよりは長命らしいです。
とにかくまぁ今年の野菜栽培スタートです!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 





posted by ひ辻 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

奥武蔵地這胡瓜を収穫しました

梅雨がいつまで経っても明けないので飛び飛びにしか畑に行けません。
そうなると行けた日に可能な限り作業を進めておかなければなりません。
次にいつ行けるかわからないので。
たまにしか行けず、行けたら目もくれずに作業をしていると、
それぞれの野菜の様子をキチンと見ることすらままならなくなります。

という言い訳を先にしておきまして、
とりあえず、きゅうりの様子です。

きゅうり2019.7.10.jpg


僅か数日でも結構さらに広がっています。
外見には中がサッパリ見えません。

他の作業もあってそちらをすぐに始めたいのですが、
とりあえず中をのぞいてみました。

きゅうり巨大化2019.7.10.jpg

・ ・ ・ 、あちゃ〜・・・
案の定、巨大化しています。
色も黄色っぽくなってしまっています。

急遽収穫することにしました。

きゅうり収穫2019.7.10.jpg

生で食べれるのは左の4本だけですね。
残りは火を通せば食べれるでしょうけれど・・・
あまりに黄色っぽい4本は家族が嫌がるはずなので畑に置いておきました。
大きくても青い3本は持って帰りました。

このままではまた同じ失敗を繰り返してしまうので剪定することにしました。

きゅり剪定2019.7.10.jpg

雌花の咲いていない蔓を減らしました。
あんまり変わっていないように見えるかもしれませんが、
だいぶ見やすくはなりました。
ついでにこのスペースの雑草をすべて刈っておきました。
これでしばらくは大丈夫でしょう。

そしてきゅうりのシーズンはまだまだこれからです。

きゅうり鈴なり2019.7.10.jpg

あちこちにたくさんぶら下がっていました。
これから畑に行くたびに収穫することになります。
食べきれるだろうか・・・
2株もあるのでちょっと多過ぎますね。
うちの家族だけだったら1株あれば十分でした。
でもちゃんと育ってくれるかわからないのでどうしても保険が欲しくなるんです。

やっぱり案の定、今年もやらかしてしまいました・・・
家族から毎日畑に行ってるくせに気づかないのか?と罵倒されるわで散々でした。
でも雨で4・5日畑に行けなかったらまた同じことの繰り返しになってしまいますね。
全くもう、ヘチマやないねんから・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:07| Comment(2) | きゅうり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする