2012年10月09日

ゴボウを収穫しました

今年は野菜の栽培スペースを一気に広げたので、
初めて栽培した野菜が多い年でした。
その中でまだ記事にしていなかった最後の野菜です。

それではこれがゴボウの様子です。

ゴボウ2012.10.6.jpg

5月から6月にかけて種蒔きしまして、
やはりこれもなかなか発芽してくれなくて発芽してもすぐに枯れてしまったりで何度も蒔き直しました。
生長も遅くてこれと言ってほとんど変化していかないので写真を撮る気になれませんでした。
夏の間に徐々に大きくなっていって9月くらいで今の大きさで止まった感じです。
かなり大きさに差が出ました。

ゴボウ大2012.10.6.jpg

これが一番大きい株です。
大根は結構虫にやられたんですが、
ゴボウは多少は葉っぱに穴が開いてたりするものの被害は軽微でした。
あまりおいしくないんでしょうか?
小さいのはこんな感じです。

ゴボウ小2012.10.6.jpg

ほとんど生長しないまま秋になってしまいました。
この大きさでは何となく土の中大きさも想像がつきますね。
中ぐらいの大きさの株の周囲を掘ってみました。

ゴボウ根っこ2012.10.6.jpg

土が硬くてスコップが深くまで入って行きません。
でも場所によっては柔らかい手応えを感じる部分もありました。
表層部分は雑草の根っこでだいぶ砕かれてきているのですが深い部分がまだまだですね。
こんな状態でゴボウ栽培なんて無謀もいいところですが、
あえてどうなるのか試さずにいられないのが私なのです。

ということですべて掘り出しました。

ゴボウ収穫2012.10.6.jpg

左2本が大きい株、真ん中2本が中くらいの株、右3本が小さい株です。
小さい株の中には二股に分かれていたのもありました。
葉っぱの大きさがそのまま根っこの大きさに直結していました。
まぁ当然ですね。
大きい株はもっと長いはずだと思うのですが掘り出す時に折れてしまいました。

土が硬いままでもちゃんと生長していく株もありました。
でも全体的にはイマイチでした。
無肥料でも大きくできるという手応えをつかみつつも、
まだまだ根菜類を栽培できるだけの土にはできていないという現実も突きつけられました。

10月ですがまだまだ昼は暑いですね。
そのお陰か白ナスやピーマンに次々に実がなりましてもう何度も収穫しております。
ミニトマトも少しずつですがまだ実がなっています。
あきらめていただだちゃ豆が葉っぱが枯れ込んできている中、
少しずつさやが膨らみ始めました。
野菜栽培の一時休止まであと僅か。
今を精一杯楽しまねば。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする