2018年04月09日

今年最初のタケノコを収穫しました

今年の冬は厳寒だったのでタケノコの時期がズレて遅くなるだろうと思っていたのですが、
例年くらいで出始めました。
春になってから急に暖かくなったからだと思われます。
とりあえず、竹林の様子です。

竹林2018.4.4.jpg

うちの土地の中で竹が残っているのはもう僅かですが、
地下茎はまだ広範囲に張り巡らされていますので今年はまだかなり出てくるはずです。
この日は先週の水曜日でしたがタケノコがあちこちから上がってきていました。

一番大きいのはこんな感じです。

タケノコ2018.4.4.jpg

先っぽが緑色になっていますよね。
タケノコというのはまだ土の中にある状態で穂先が黄色いのを収穫するものなんです。
プロのタケノコ農家だと地面に大量に藁を敷いてその上からさらに土を被せるんです。
うちではそこまでできませんので雑草を何重にも敷いているのですが、
その上から土は被せていませんので結局突き出てしまいます。
もうこうなるとエグミが回ってしまうのです。

ということで片っ端から掘り出しました。

タケノコ収穫2018.4.4.jpg

4月初旬にしてみれば結構大きくて収穫量も多い方だと思います。
これが穂先が黄色くて朝取りだったらいい値段で売れるのでしょうけれど、
夕方くらいに収穫した地面から突き出たタケノコなんて商品にはなりえません。

早速家で調理しました。
米ぬかと一緒に炊くことで旨味がプラスされてエグミを感じなくなるのですが、
うちにはありません。
米の研ぎ汁でもいいのですがこの日は重曹を使いました。
その下処理をしてから出し汁で煮込みます。
食べてみると柔らかくてとてもおいしかったです。
タケノコは時期が早いほどに柔らかいのです。

金土と雨が降ったので触発されてまたタケノコが上がってきているはずです。
そうやってシーズン中はずっと出続けます。
最盛期は4月下旬から5月初旬くらいまでです。
でももうこのくらいには食べ飽きてきている上に、
食べ切れないくらいの数のタケノコが上がってきます。
なので昨年くらいからは穂先タケノコとして収穫しています。
これだとエグミがほとんど無いので刺身でも食べれるんです。
今年もタケノコシーズンスタートです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

竹林を縮小しました

うちの畑はかつては放置竹林と化していました。
枯れた竹を運び出したり青竹を伐採したりしまして、
そこから開墾して今の畑になりました。
だいたい畑の面積の4分の1くらいを竹林として残しまして、
そこをタケノコ栽培スペースにしてきました。
当初は親戚にタケノコ好きが多くて毎年うちの畑のタケノコを楽しみにしてくれていたのですが、
親戚もだんだんと高齢になってきて消費量がかなり減ってきました。
さらにうち以外からもタケノコをもらえる相手ができたようで、
連絡してももらうのを断わられる始末でして・・・
うちだけでは到底食べ切れないので思い切って竹林を大幅に縮小することにしました。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2018.1.5.jpg

雑草まみれになっています。
強風で竹が折れてしまっていたり酷い有様です。
これは年明けすぐの様子です。
ここからひと月かけて竹林の伐採をしまして、
2月は果樹の剪定をしつつ雑草を刈っていきました。
そして今はこんな感じです。

竹林2018.3.4.jpg

スッキリしました。
以前よりは竹の本数が減らしてあったので伐採の作業はそれほどきつくはありませんでした。
むしろ雑草がしつこくて刈るのが大変でした。

伐採した竹はこういう風にしております。

竹フェンス2018.3.4.jpg

竹の竿と葉っぱ付きの枝を組み合わせてフェンスにしています。
こうやって風除けにしています。

そして今回どのくらい縮小したのかと言いますと・・・

タケノコ栽培スペース2018.3.4.jpg

竹で線引きしている向こう側が竹林といいますかタケノコ栽培スペースです。
雑草が敷いてある幅2m長さ10mくらいの広さです。
4分の1に縮小しました。
さらに向こうにたくさん竹が生えていますがそれは隣の土地です。
元を辿ればその隣が植えた竹がうちの畑に侵入してきたのですが・・・

空いたスペースをどうしようか検討中です。

新栽培スペース2018.3.4.jpg

幅6mほどの広さです。
当初は果樹をさらに植えようかと思っていたのですが、
今でもかなり世話が大変なのにこれ以上は難しいのではとも思っています。
今年はとりあえずスイカをここで栽培しようかと計画しています。

竹林は大幅に縮小したものの、
竹の地下茎が果樹ゾーンや野菜ゾーンに侵入して来ているようでして・・・
このままでは作物に悪影響を与えかねません。
もう何年も前に終わったはずの戦いをまたやらねばならないようです。
また体を鍛え直して戦闘開始です!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:52| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

穂先タケノコを収穫しました

もう既にタケノコのシーズンは終わっているのですが、
穂先タケノコというのを収穫しました。

とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.5.11.jpg

だいぶ草がボウボウになってきています。
果樹ゾーンの草刈りはだいたい終わっているのですが、
他はまだ全然でしてまた今年も手がつけれなくなりそうな悪寒がしています・・・

そんな中、またしてもやられました・・・

泥棒2017.5.11.jpg

竹の切り株に見えると思いますが、
これはまだ2〜3メートルに伸びたタケノコが切られた状態なんです。
太くて良さそうなタケノコを掘り出さずに残しておいて親竹にするつもりでした。
これまでタケノコ泥棒の被害はあったのですが穂先タケノコ泥棒は初めてですね。
それとも何が違った理由でしょうか?
とにもかくにも親竹用に残しておいたのを根こそぎやられました・・・

でもまだいくつかは残っていました。

タケノコ2017.5.11.jpg

あとから生えてきたあまり太くないタケノコです。
最初からこれを収穫するつもりでした。
この時期は伸びるスピードが速くて数日であっという間に高くなります。

ということで切りました。

タケノコ切った2017.5.11.jpg

必要なのは先端部だけなんですが切りやすい位置で切りました。

そして先端部だけ残しました。

タケノコ先端2017.5.11.jpg

先端から50cmのところで切りましてさらに先端から20cmのところで切った残り30cmの部分です。

これを縦に半分に切ります。

タケノコ中身2017.5.11.jpg

この中身がいわゆる穂先タケノコです。
皮を取り除きます。

I穂先タケノコ2017.5.11.jpg

これで1本の収穫完了です。
このあと7・8本くらい収穫しました。

翌日早速食べてみました。
穂先タケノコは柔らかくてアクが無いので下処理が不要なんです。
なのでいきなりそのまま料理に使えます。
鰹出汁で炊いてみました。
柔らかいとは言ってもそのままだとやはり少し硬いですね。
味も悪くないのですが米ぬかで下処理したタケノコよりは旨味が弱いような・・・
何かいい調理法があるといいのですが・・・

それにしても、また泥棒というか不法侵入者ですよ・・・
何年か前は柿をごっそりやられたこともあります。
監視カメラでも仕掛けてネットで公開してやろうかしら?
ハッキリと顔が映っていたら警察も動いてくれるでしょうか?
竹林を大幅に縮小する決意をしたのでどうせ伐採したかもしれませんが、
心血を注いでいる神聖な畑に他人に勝手に入られるのが我慢なりません。
本音では現場を押さえてその場で駆除してやりたいくらいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

タケノコを収穫しました

今年もタケノコの季節がやってきました。
実は3月下旬に小さいのを少しだけ収穫していまして既に食べております。
その時は刺身にして食べました。
早い時期の掘り立てならエグミがほとんど無いので生で食べれるんです。
生産者の特権ですね。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2017.4.13.jpg

かつては畑全面が竹林でしたが今は奥の方に5メートル四方だけです。
もっと広く生えているように見えるかもしれませんが、
奥の向こう側は隣の土地に生えている竹です。
元はと言えば隣の畑が植えた竹がうちの畑に侵入してきたんです。
迷惑な話なんですがそのお陰でタケノコが採れるわけです。

地面のあちこちから突き出ています。

タケノコ2017.4.13.jpg

竹が生えていない竹林の外側から先にタケノコが発生します。
竹というのは何よりも勢力拡大が最優先なんですね。
地下茎の伸びるペースは恐ろしく速くていつの間にか果樹ゾーンにまで侵入してきました。
栄養を求めて果樹の真下まで地下茎が入り込むので手に負えません。
今もまだ果樹への施肥の作業をしていまして入り込んだ地下茎を取り除きました。
これが凄まじく大変な作業でして・・・
さらにこれから竹林の周囲を掘り起こして地下茎を切らなければなりません。
今年は筋肉痛との闘いになりそうです・・・

プロのタケノコ農家なら地面に藁を敷いてその上から土を盛って、
タケノコが上がってきても日が当たらないようにするのですが、
うちではそこまでできませんのでこうなってしまいます。

タケノコ突き出2017.4.13.jpg

思いっきり地面から突き出てしまっています。
日に当たっていない状態だと穂先が黄色いのですが、
日に当たると緑色になってしまいます。
こうなるとエグミが回り始めます。
これでは本来は商品にはならないはずなのですが、
地元のスーパーにはこんな状態のタケノコでも売っていますね。

ということで片っ端から収穫しました。

タケノコ収穫2017.4.13.jpg

小さいのが多いですね。
収穫始めは毎年こんな感じでして4月20日くらいから大きいのも出始めます。
うちの家族だけでは食べきれないので半分くらいは親戚や知人にあげました。
毎日食べ放題状態です。

これらの写真の収穫をしたのが4月13日でしてさらにそのあとの21日にも収穫しています。
その時は撮影はしませんでしたがもっと大きいのがたくさん取れまして大収穫でした。
でも13日に収穫した分がまだ残っている状態でして迷ったのですが、
タケノコが大好きな親戚がいるのでそこにもらってもらうつもりで収穫しました。
ところがその親戚が旅行中なのが収穫後に電話してから判明しまして・・・
他の親戚や知人にもあたったのですが僅かしかもらってもらえませんでした・・・
タケノコは鮮度が重要なので旅行から帰ってくるまでもちません。
なので泣く泣く竹林の中に置いてくるしかありませんでした・・・
これが販路を持たないド素人の辛いところです。
うちの家族や他の親戚ももっと若ければ食べる量やペースも速くてどうにか消費できるのですが、
今となっては皆年寄りなので若い頃のようには食べれません。
改めてさらに竹林のスペースを縮小することを決意しました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

竹を伐採しました

あけましておめでとうございます。
ここまでずっと暖冬だったのが一気に最強寒波が襲来しましたね。
柑橘が大丈夫なのかとても気がかりです・・・

毎年恒例の古い竹の間引き作業を始めました。
とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.1.10.JPG

かつては畑全面が放置竹林でしたが今は奥のこの僅かなスペースだけです。
今のところは7・8m四方の広さですがさらに5m四方に縮小していく予定です。
それでもうちの家族で食べる分の量のタケノコは十分に取れます。

竹は5年更新なので本来なら2011年の竹を切るのですが、
その年は超大不作でしてタケノコどころか親竹もまともに生えさせられませんでした。
1・2本は生えていたはずなのですが数年で枯れたり台風で倒れたりしたようです。
なのでこれを切ることにしました。

竹2012年産2017.1.10.JPG

薄くて見辛いですが「2012」「K」と書いてあります。
2012年産のを切ることにしました。
今年は切らなくてもいいかなとも思ったのですが、
寒波に備えてあることをしたかったので切ることにしました。

ということで早速切りました。

竹伐採2017.1.10.JPG

とりあえず地面から1mの高さで切ります。
そして次に枝を払います。
そして竹を適当な長さに切ります。
切った竹は土止めに使ったり栽培スペースをわかりやすくするための目印にしたりします。
先っぽの細い部分は支柱にしたりもします。

そして枝はこう使います。

竹風除け2017.1.10.JPG

竹林の北側にバリケードを作っていましてそこにはめ込みます。
そうやって風除けにしています。
ちょうどこの反対側に柑橘が植えてあるのでそれ用も兼ねています。
北風が竹林の地面を直撃するとカラカラに乾いてしまってタケノコの収穫量が減ってしまうんです。
さらにこの枝を柑橘のそれぞれの株のすぐ近くの北側に差しましてさらなる風除けにも使いました。
これで万全のつもりだったのですがまさか雪まで降るとは・・・

新年最初の記事なので次のステージの開始を宣言したかったのですが、
まだ畑の整備作業が終わっていないのでもう少し待ってください。
春までには何が何でも終わらせて本格栽培を開始します。
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする