2017年05月15日

穂先タケノコを収穫しました

もう既にタケノコのシーズンは終わっているのですが、
穂先タケノコというのを収穫しました。

とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.5.11.jpg

だいぶ草がボウボウになってきています。
果樹ゾーンの草刈りはだいたい終わっているのですが、
他はまだ全然でしてまた今年も手がつけれなくなりそうな悪寒がしています・・・

そんな中、またしてもやられました・・・

泥棒2017.5.11.jpg

竹の切り株に見えると思いますが、
これはまだ2〜3メートルに伸びたタケノコが切られた状態なんです。
太くて良さそうなタケノコを掘り出さずに残しておいて親竹にするつもりでした。
これまでタケノコ泥棒の被害はあったのですが穂先タケノコ泥棒は初めてですね。
それとも何が違った理由でしょうか?
とにもかくにも親竹用に残しておいたのを根こそぎやられました・・・

でもまだいくつかは残っていました。

タケノコ2017.5.11.jpg

あとから生えてきたあまり太くないタケノコです。
最初からこれを収穫するつもりでした。
この時期は伸びるスピードが速くて数日であっという間に高くなります。

ということで切りました。

タケノコ切った2017.5.11.jpg

必要なのは先端部だけなんですが切りやすい位置で切りました。

そして先端部だけ残しました。

タケノコ先端2017.5.11.jpg

先端から50cmのところで切りましてさらに先端から20cmのところで切った残り30cmの部分です。

これを縦に半分に切ります。

タケノコ中身2017.5.11.jpg

この中身がいわゆる穂先タケノコです。
皮を取り除きます。

I穂先タケノコ2017.5.11.jpg

これで1本の収穫完了です。
このあと7・8本くらい収穫しました。

翌日早速食べてみました。
穂先タケノコは柔らかくてアクが無いので下処理が不要なんです。
なのでいきなりそのまま料理に使えます。
鰹出汁で炊いてみました。
柔らかいとは言ってもそのままだとやはり少し硬いですね。
味も悪くないのですが米ぬかで下処理したタケノコよりは旨味が弱いような・・・
何かいい調理法があるといいのですが・・・

それにしても、また泥棒というか不法侵入者ですよ・・・
何年か前は柿をごっそりやられたこともあります。
監視カメラでも仕掛けてネットで公開してやろうかしら?
ハッキリと顔が映っていたら警察も動いてくれるでしょうか?
竹林を大幅に縮小する決意をしたのでどうせ伐採したかもしれませんが、
心血を注いでいる神聖な畑に他人に勝手に入られるのが我慢なりません。
本音では現場を押さえてその場で駆除してやりたいくらいです。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

タケノコを収穫しました

今年もタケノコの季節がやってきました。
実は3月下旬に小さいのを少しだけ収穫していまして既に食べております。
その時は刺身にして食べました。
早い時期の掘り立てならエグミがほとんど無いので生で食べれるんです。
生産者の特権ですね。

ということでとりあえず竹林の様子です。

竹林2017.4.13.jpg

かつては畑全面が竹林でしたが今は奥の方に5メートル四方だけです。
もっと広く生えているように見えるかもしれませんが、
奥の向こう側は隣の土地に生えている竹です。
元はと言えば隣の畑が植えた竹がうちの畑に侵入してきたんです。
迷惑な話なんですがそのお陰でタケノコが採れるわけです。

地面のあちこちから突き出ています。

タケノコ2017.4.13.jpg

竹が生えていない竹林の外側から先にタケノコが発生します。
竹というのは何よりも勢力拡大が最優先なんですね。
地下茎の伸びるペースは恐ろしく速くていつの間にか果樹ゾーンにまで侵入してきました。
栄養を求めて果樹の真下まで地下茎が入り込むので手に負えません。
今もまだ果樹への施肥の作業をしていまして入り込んだ地下茎を取り除きました。
これが凄まじく大変な作業でして・・・
さらにこれから竹林の周囲を掘り起こして地下茎を切らなければなりません。
今年は筋肉痛との闘いになりそうです・・・

プロのタケノコ農家なら地面に藁を敷いてその上から土を盛って、
タケノコが上がってきても日が当たらないようにするのですが、
うちではそこまでできませんのでこうなってしまいます。

タケノコ突き出2017.4.13.jpg

思いっきり地面から突き出てしまっています。
日に当たっていない状態だと穂先が黄色いのですが、
日に当たると緑色になってしまいます。
こうなるとエグミが回り始めます。
これでは本来は商品にはならないはずなのですが、
地元のスーパーにはこんな状態のタケノコでも売っていますね。

ということで片っ端から収穫しました。

タケノコ収穫2017.4.13.jpg

小さいのが多いですね。
収穫始めは毎年こんな感じでして4月20日くらいから大きいのも出始めます。
うちの家族だけでは食べきれないので半分くらいは親戚や知人にあげました。
毎日食べ放題状態です。

これらの写真の収穫をしたのが4月13日でしてさらにそのあとの21日にも収穫しています。
その時は撮影はしませんでしたがもっと大きいのがたくさん取れまして大収穫でした。
でも13日に収穫した分がまだ残っている状態でして迷ったのですが、
タケノコが大好きな親戚がいるのでそこにもらってもらうつもりで収穫しました。
ところがその親戚が旅行中なのが収穫後に電話してから判明しまして・・・
他の親戚や知人にもあたったのですが僅かしかもらってもらえませんでした・・・
タケノコは鮮度が重要なので旅行から帰ってくるまでもちません。
なので泣く泣く竹林の中に置いてくるしかありませんでした・・・
これが販路を持たないド素人の辛いところです。
うちの家族や他の親戚ももっと若ければ食べる量やペースも速くてどうにか消費できるのですが、
今となっては皆年寄りなので若い頃のようには食べれません。
改めてさらに竹林のスペースを縮小することを決意しました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

竹を伐採しました

あけましておめでとうございます。
ここまでずっと暖冬だったのが一気に最強寒波が襲来しましたね。
柑橘が大丈夫なのかとても気がかりです・・・

毎年恒例の古い竹の間引き作業を始めました。
とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.1.10.JPG

かつては畑全面が放置竹林でしたが今は奥のこの僅かなスペースだけです。
今のところは7・8m四方の広さですがさらに5m四方に縮小していく予定です。
それでもうちの家族で食べる分の量のタケノコは十分に取れます。

竹は5年更新なので本来なら2011年の竹を切るのですが、
その年は超大不作でしてタケノコどころか親竹もまともに生えさせられませんでした。
1・2本は生えていたはずなのですが数年で枯れたり台風で倒れたりしたようです。
なのでこれを切ることにしました。

竹2012年産2017.1.10.JPG

薄くて見辛いですが「2012」「K」と書いてあります。
2012年産のを切ることにしました。
今年は切らなくてもいいかなとも思ったのですが、
寒波に備えてあることをしたかったので切ることにしました。

ということで早速切りました。

竹伐採2017.1.10.JPG

とりあえず地面から1mの高さで切ります。
そして次に枝を払います。
そして竹を適当な長さに切ります。
切った竹は土止めに使ったり栽培スペースをわかりやすくするための目印にしたりします。
先っぽの細い部分は支柱にしたりもします。

そして枝はこう使います。

竹風除け2017.1.10.JPG

竹林の北側にバリケードを作っていましてそこにはめ込みます。
そうやって風除けにしています。
ちょうどこの反対側に柑橘が植えてあるのでそれ用も兼ねています。
北風が竹林の地面を直撃するとカラカラに乾いてしまってタケノコの収穫量が減ってしまうんです。
さらにこの枝を柑橘のそれぞれの株のすぐ近くの北側に差しましてさらなる風除けにも使いました。
これで万全のつもりだったのですがまさか雪まで降るとは・・・

新年最初の記事なので次のステージの開始を宣言したかったのですが、
まだ畑の整備作業が終わっていないのでもう少し待ってください。
春までには何が何でも終わらせて本格栽培を開始します。
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

タケノコ大収穫ならず・・・

4月12日に今年最初の収穫を行ったタケノコですが、
その翌週の月曜にはまた次々に出てきました。
雨後のタケノコとはよく言ったもので雨が降るとそれに反応するように出てきます。
でもまだ収穫したばかりなのでしばらくそのままにしておくしかありませんでした。
2週間近くかけてやっと食べ切ったので再び収穫することにしました。

ということで4月22日の竹林の様子です。

竹林2016.4.22.JPG

奥の方には親竹候補として残しておいたタケノコが1mくらいの高さになっています。
手前の方にタケノコが突き出ているのがわかりますでしょうか?
あちこちに出まくっていました。

ところがやはりと言いますかこんなことに・・・

タケノコ2016.4.22.JPG

出始めてから1週間近く経ってしまいましたので大きくなり過ぎています。
いつもならこういうのは折ってしまって持ち帰らないのですが・・・

とりあえず片っ端から収穫して行きました。
出まくっていて数は多いのですがイマイチなのが多くて・・・
これまで大きくて太い親竹を候補を確保できなかった年もありますので、
その影響もあるのかもしれません。

ということで今回の全収穫量です。

タケノコ収穫2016.4.22.JPG

上半分を持ち帰りまして下半分は竹林に置いておきました。
持ち帰らなかった中に長いのがありますがこれはもう竹化してきていました。
持ち帰った中にも本来なら置いて行くのも混ざっていますが、
まともな大きさのが少なかったので致し方ありません。

竹林の中をくまなく歩き回って足の裏でも探しました。
そしてこんなのを見つけました。

タケノコ完品2016.4.22.JPG

これがどういうタケノコかわかりますでしょうか?
これは手のひらサイズですがもっと大きかったら売り物になるレベルです。
これは土と雑草の下にある状態で発見しました。
なのでまだ日光に当たっていません。
この穂先の黄色いのが本物のタケノコなんです。
日光に当たっていないのでまだエグミが回っていません。
なので生のままでも食べれます。
ということで刺身にして食べてみました。
これといって旨味もありませんのでおいしいものではありませんね。
でもタケノコ独特の風味は感じますのでまさしく春の味なんでしょう。

野菜栽培ゾーンの雑草がかなりの状態になってきていますし、
今年は畑の整備作業最優先なのでこれ以上タケノコに構っていられません。
まだ5月の連休まではタケノコシーズンなのですが、
今回でいわゆるタケノコの収穫は終了するつもりです。
でも今年は5月中旬から6月上旬にかけて穂先タケノコを収穫してみる予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

タケノコを収穫しました

例年なら3月下旬くらいから収穫を始めるんですが、
今年は果樹の手入れに時間がかかり過ぎまして手がつけられませんでした。
でも私がこの畑を手がけるようになる前は4月20日からが収穫時期でしたし、
今でも最盛期はやはり4月下旬からなのでまぁいいでしょう。

それではとりあえず竹林の様子です。

竹林2016.4.12.JPG

草ボウボウで竹が1本倒れていたりと完全放置状態です。
雑草の中にタケノコも見えているんですがわかりますでしょうか?

タケノコ2016.4.12.JPG

こんなに突き出てしまう前に掘り出すべきなんですがね・・・
もうこうなるとエグミがまわってしまっているんです。
これでは商品にはなりえません。
でも米ぬかで茹でることで旨味が追加されてエグミを紛らすことができます。
なのでうちで食べる分にはこれでも問題ありません。

竹林の周囲に主に生えていました。
若い地下茎ほど早くタケノコが出てきます。
次々に掘り出して行きました。

タケノコ掘り2016.4.12.JPG

地面の黒い部分が生えているタケノコです。
真ん中のは掘り出したタケノコです。
そこらじゅうに生えていました。
収穫が遅れたのでどれも結構大きいです。

ということでこれが今回の全収穫量です。

タケノコ収穫2016.4.12.JPG

左の2列を持ち帰って右の2列は竹林の中に撒いておきました。
それでも家族だけでは食べきれない量です。
なので竹林の中からはほとんど収穫しませんでした。

翌日に食べてみました。
やはり少しエグミがありました。
でもそれが私的にはタケノコの風味なんですよね。
柔らかくてとてもおいしかったです。

収穫したのが火曜日でして水木と雨が降りました。
そして金曜日に畑に行って竹林の中を確認してみたら、
火曜日に収穫した以上にタケノコが生えていまして・・・
これ以上どうにもならないので親竹候補を5・6本残してあとはすべて折っておきました。
まだシーズンは中盤なのでいくら潰してもまだまだいくらでも生えてきます。

そして日曜日にスーパーに買い物に出かけたら店頭にタケノコが出ていました。
小さくて竹林に置いて行ったような大きさのが400円くらいで売っていました。
持ち帰った大きさのは800円くらいもしていました。
この一週間で一体いくら分くらいのタケノコを潰したんだろう・・・
いや、うちのタケノコは穂先が緑なので無価値ですね。
とにかくまぁタケノコシーズンのスタートです!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする