2017年01月16日

竹を伐採しました

あけましておめでとうございます。
ここまでずっと暖冬だったのが一気に最強寒波が襲来しましたね。
柑橘が大丈夫なのかとても気がかりです・・・

毎年恒例の古い竹の間引き作業を始めました。
とりあえず竹林の様子です。

竹林2017.1.10.JPG

かつては畑全面が放置竹林でしたが今は奥のこの僅かなスペースだけです。
今のところは7・8m四方の広さですがさらに5m四方に縮小していく予定です。
それでもうちの家族で食べる分の量のタケノコは十分に取れます。

竹は5年更新なので本来なら2011年の竹を切るのですが、
その年は超大不作でしてタケノコどころか親竹もまともに生えさせられませんでした。
1・2本は生えていたはずなのですが数年で枯れたり台風で倒れたりしたようです。
なのでこれを切ることにしました。

竹2012年産2017.1.10.JPG

薄くて見辛いですが「2012」「K」と書いてあります。
2012年産のを切ることにしました。
今年は切らなくてもいいかなとも思ったのですが、
寒波に備えてあることをしたかったので切ることにしました。

ということで早速切りました。

竹伐採2017.1.10.JPG

とりあえず地面から1mの高さで切ります。
そして次に枝を払います。
そして竹を適当な長さに切ります。
切った竹は土止めに使ったり栽培スペースをわかりやすくするための目印にしたりします。
先っぽの細い部分は支柱にしたりもします。

そして枝はこう使います。

竹風除け2017.1.10.JPG

竹林の北側にバリケードを作っていましてそこにはめ込みます。
そうやって風除けにしています。
ちょうどこの反対側に柑橘が植えてあるのでそれ用も兼ねています。
北風が竹林の地面を直撃するとカラカラに乾いてしまってタケノコの収穫量が減ってしまうんです。
さらにこの枝を柑橘のそれぞれの株のすぐ近くの北側に差しましてさらなる風除けにも使いました。
これで万全のつもりだったのですがまさか雪まで降るとは・・・

新年最初の記事なので次のステージの開始を宣言したかったのですが、
まだ畑の整備作業が終わっていないのでもう少し待ってください。
春までには何が何でも終わらせて本格栽培を開始します。
それでは今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

タケノコ大収穫ならず・・・

4月12日に今年最初の収穫を行ったタケノコですが、
その翌週の月曜にはまた次々に出てきました。
雨後のタケノコとはよく言ったもので雨が降るとそれに反応するように出てきます。
でもまだ収穫したばかりなのでしばらくそのままにしておくしかありませんでした。
2週間近くかけてやっと食べ切ったので再び収穫することにしました。

ということで4月22日の竹林の様子です。

竹林2016.4.22.JPG

奥の方には親竹候補として残しておいたタケノコが1mくらいの高さになっています。
手前の方にタケノコが突き出ているのがわかりますでしょうか?
あちこちに出まくっていました。

ところがやはりと言いますかこんなことに・・・

タケノコ2016.4.22.JPG

出始めてから1週間近く経ってしまいましたので大きくなり過ぎています。
いつもならこういうのは折ってしまって持ち帰らないのですが・・・

とりあえず片っ端から収穫して行きました。
出まくっていて数は多いのですがイマイチなのが多くて・・・
これまで大きくて太い親竹を候補を確保できなかった年もありますので、
その影響もあるのかもしれません。

ということで今回の全収穫量です。

タケノコ収穫2016.4.22.JPG

上半分を持ち帰りまして下半分は竹林に置いておきました。
持ち帰らなかった中に長いのがありますがこれはもう竹化してきていました。
持ち帰った中にも本来なら置いて行くのも混ざっていますが、
まともな大きさのが少なかったので致し方ありません。

竹林の中をくまなく歩き回って足の裏でも探しました。
そしてこんなのを見つけました。

タケノコ完品2016.4.22.JPG

これがどういうタケノコかわかりますでしょうか?
これは手のひらサイズですがもっと大きかったら売り物になるレベルです。
これは土と雑草の下にある状態で発見しました。
なのでまだ日光に当たっていません。
この穂先の黄色いのが本物のタケノコなんです。
日光に当たっていないのでまだエグミが回っていません。
なので生のままでも食べれます。
ということで刺身にして食べてみました。
これといって旨味もありませんのでおいしいものではありませんね。
でもタケノコ独特の風味は感じますのでまさしく春の味なんでしょう。

野菜栽培ゾーンの雑草がかなりの状態になってきていますし、
今年は畑の整備作業最優先なのでこれ以上タケノコに構っていられません。
まだ5月の連休まではタケノコシーズンなのですが、
今回でいわゆるタケノコの収穫は終了するつもりです。
でも今年は5月中旬から6月上旬にかけて穂先タケノコを収穫してみる予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

タケノコを収穫しました

例年なら3月下旬くらいから収穫を始めるんですが、
今年は果樹の手入れに時間がかかり過ぎまして手がつけられませんでした。
でも私がこの畑を手がけるようになる前は4月20日からが収穫時期でしたし、
今でも最盛期はやはり4月下旬からなのでまぁいいでしょう。

それではとりあえず竹林の様子です。

竹林2016.4.12.JPG

草ボウボウで竹が1本倒れていたりと完全放置状態です。
雑草の中にタケノコも見えているんですがわかりますでしょうか?

タケノコ2016.4.12.JPG

こんなに突き出てしまう前に掘り出すべきなんですがね・・・
もうこうなるとエグミがまわってしまっているんです。
これでは商品にはなりえません。
でも米ぬかで茹でることで旨味が追加されてエグミを紛らすことができます。
なのでうちで食べる分にはこれでも問題ありません。

竹林の周囲に主に生えていました。
若い地下茎ほど早くタケノコが出てきます。
次々に掘り出して行きました。

タケノコ掘り2016.4.12.JPG

地面の黒い部分が生えているタケノコです。
真ん中のは掘り出したタケノコです。
そこらじゅうに生えていました。
収穫が遅れたのでどれも結構大きいです。

ということでこれが今回の全収穫量です。

タケノコ収穫2016.4.12.JPG

左の2列を持ち帰って右の2列は竹林の中に撒いておきました。
それでも家族だけでは食べきれない量です。
なので竹林の中からはほとんど収穫しませんでした。

翌日に食べてみました。
やはり少しエグミがありました。
でもそれが私的にはタケノコの風味なんですよね。
柔らかくてとてもおいしかったです。

収穫したのが火曜日でして水木と雨が降りました。
そして金曜日に畑に行って竹林の中を確認してみたら、
火曜日に収穫した以上にタケノコが生えていまして・・・
これ以上どうにもならないので親竹候補を5・6本残してあとはすべて折っておきました。
まだシーズンは中盤なのでいくら潰してもまだまだいくらでも生えてきます。

そして日曜日にスーパーに買い物に出かけたら店頭にタケノコが出ていました。
小さくて竹林に置いて行ったような大きさのが400円くらいで売っていました。
持ち帰った大きさのは800円くらいもしていました。
この一週間で一体いくら分くらいのタケノコを潰したんだろう・・・
いや、うちのタケノコは穂先が緑なので無価値ですね。
とにかくまぁタケノコシーズンのスタートです!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

竹の間伐を開始しました

今月に入ってからというもの何だかんだで僅かしか畑に行けずに作業が全然進まなくなってしまいました。
雨が続いたというのもあるんですが、
果樹ゾーンの草刈りが完了したら気が抜けてしまったようです・・・

ということで竹林の様子です。

竹林2015.12.26.JPG

切った竹を置いて囲ってある部分が竹ゾーンです。
でも竹がほとんど生えていませんよね。
ここ数年でどんどん竹を減らしていまして、
竹を生やしておくスペースも減らしてきているんです。
私の叔父が異常なくらいのタケノコ好きでして、
かつてはシーズンになると大量に欲しがったんです。
でもだんだんと高齢になってきてこの頃は大量には食べなくなったようで、
シーズンになっても催促の電話がかかってこなくなりました。
うちの家族と知り合いにあげる程度ならそんなにたくさんいりませんし、
スペースが広いほどに管理が大変なので狭くすることにしました。

タケノコ栽培スペース2015.12.26.JPG

今後は囲ってあるこのスペースの中だけに竹を生やしておくつもりです。
これでも家族だけではとても食べきれないくらい取れますので十分過ぎるくらいです。
このスペースの中には雑草が大量に敷いてあります。

ということで間伐を開始しました。
毎年、年明けにやっているんですが今回は年内に済ませてしまうことにしました。
竹は5年更新なので今回切るのはこれです。

2010年竹2015.12.26.JPG

2010年産の竹です。
マジックで書いてあるので薄れてきています。
この年は肥料をほとんど撒かなかったからか一気にタケノコが小さくなりました。
量はそこそこ取れたのですが親竹として残すに値する太さのが少なくて、
結局2・3本くらいしか残さなかったと記憶しています。
今回ざっと見てみましたが2本しか残っていませんでした。
お陰で作業は楽ですが・・・

ちなみに今年産の竹はこうしてあります。

2015年竹2015.12.26.JPG

マジックだと薄れてわかり辛いのでノコギリで表面に傷をつけることで書いてみました。
これなら5年後もわかりやすいと思います。
ちなみに今年は7・8本残しました。
今後は毎年5本くらいを目安に残すつもりです。

そんなことを考えつつ撮影していたら日が暮れてしまいました・・・
でもせっかく来たのに何もせずに帰りたくないので1本切ってみました。

竹甘夏直撃2015.12.26.JPG

暗くてわかり辛いと思いますが倒れた竹が甘夏の木を直撃しました。
するとボタボタボタという音が・・・
とりあえず枝を払って適当な長さに竹を切って処理をしました。
暗いのでやり辛かったです。
たった1本だけですがもう既に全体の半分終わりました。

ということで今回の収穫です。

甘夏収穫2015.12.26.JPG

甘夏の果実が10個も落ちてしまいました・・・
今年の果実は大きいのが多いです。
しっかりと剪定して摘果もしたからでしょうか?
夏みかんは翌年の5月が収穫時ですが甘夏は12月下旬からです。
もう少しそのままにしておきたかったのですが、
まぁ問題なく食べれるでしょう。

竹林を狭くしたことで空いたスペースでさらに果樹の栽培を検討しています。
ただ、今植えている果樹だけでも世話が大変なのに、
これ以上植えて大丈夫なのかという不安もあります。
なのでまだ気持ちは固まっていません。
どうしたものか・・・

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

【阿鼻叫喚】タケノコ大収穫!【空前絶後】

やっと春らしい暖かさになってきたなと思っていたら、
昼間は真夏のような暑さになってしまいました。
畑で作業をしていると汗だくになってしまいます。

そんな中、タケノコがもう・・・
とりあえず竹林の様子です。

竹林2015.4.21.JPG

親竹用に残しておいたタケノコがもうこんなに大きく高く生長しています。
もの凄いスピードで伸びていきます。

しばらく雨が続いていて畑に行けない間にも次々に新たなタケノコが出てきてしまうのです。

タケノコ2015.4.21.JPG

太くてでっかいです。
ここまで伸びてしまっていると下の方の部分は硬くて食べるのに適さないのですが、
上の方は柔らかいので食べれます。

竹林の奥はこんな感じです。

親竹候補2015.4.21.JPG

最初の写真に写っているタケノコよりも先に生えてきたのですが、
イマイチ伸びるペースが遅いですね。
場所といい太さといいぜひとも親竹として残したいのですが、
もしかすると土の中で虫にやられている可能性も否定できません。
途中で生長が止まって枯れてしまうタケノコが毎年いくつか出てきます。
なので最終的には5・6本残すつもりなのですが今のところ11本残してあります。

そして収穫をしていきました。
これがもう歩けば歩くほどに足にタケノコの感触を感じる有様でして・・・
やはり例年よりも大きいのの割合が多いです。
ということで全収穫量です。

タケノコ収穫2015.4.21.JPG

またしてもバケツ満杯になってしまいました。
毎日タケノコを食べまくっていますが、
それでも半分以上親戚知人にあげてしまいます。
穂先が黄色いまま収穫できれば売り物になるんでしょうけれど、
それには大量に藁を敷いたりその上から土を大量に被せたりと、
素人には到底無理難題をクリアせねばなりません。

うちではタケノコを店で買うことはありませんが、
スーパーとかで見かけるともの凄く高いですよね。
うちなら掘り出したその場で土に埋めてしまうような小さいのが1つ500円くらいもしています。
あんな小さいのじゃ食べれる部分なんて少ししかないのですが・・・
管理は大変ですけれど毎年タケノコ食べ放題なのはありがたいことです。

竹林に生えていた雑草をすべて刈って敷いておきました。
来年のさらなる大収穫への土作りは既に始まっています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 


posted by ひ辻 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする