2015年04月16日

タケノコ超絶大収穫!!!

このところ雨が続いていましてなかなか畑に行けていません。
それでもタケノコは容赦なく出てきては伸びていきます。
今日は午前中は雨が降っていたのですが午後から晴れたので畑へ行ってみました。

いつもなら畑や竹林やタケノコの写真をアップするところなんですが、
もうそれどころじゃない有様でして...
凄まじいほどにタケノコが出まくっていました。
親竹として残すのをどれにするのかを吟味しまして10株ほど残しました。
最終的に残すのは5・6株ですが予備もあった方がいいので。
そしてそれ以外を片っ端から掘り出しました。
小さいのも少し混ざっていますが明らかに例年よりも大きいのの割合が多いです。
かなり大きいバケツを持って行っているのですがすぐに満杯になってしまいました。
まだ結構残っているのですがそれ以上は入りませんし重くて持てないので帰りました。
うちだけでは到底食べきれないので半分以上は親戚や知り合いにあげることになります。
結構苦労して栽培して収穫しているのでこれを売ることができたらいいのですがねぇ...

肥料を与えなくなってからどんどん収穫量が減っていったタケノコでしたが、
土作りを地道にやってきたことで再び収穫量が増えてきました。
無肥料でもここまでできるんです。
今後もさらなる高みを目指して土作りを続けていきます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

タケノコを収穫しました

やっと暖かくなってきたと思ったらまた冬の寒さに逆戻り...
でもお陰で雑草の勢いも弱まっているので、
作業が遅れている身の上としてはまぁいいかというところです。

そんな中、今年もタケノコの季節がやってまいりました。
とりあえず竹林の様子です。

竹林2015.4.2.JPG

奥の雑草が生えている部分が竹林で手前の生えていない部分が地下茎切断スペースです。
このスペースの地下茎を切ることで果樹ゾーンへ地下茎が侵入することを防いでいます。
この作業が毎年大変でして最もしんどい作業となっています。
実はこの写真を撮影している時はまだその作業は終わっていませんでした。
竹の地下茎は竹林の外側へと勢力を広げるためにどんどん伸びようとします。
なのでこのスペースには一番若い地下茎が伸びてきています。
そしてタケノコは若い地下茎ほど早い時期に出てきます。
地下茎を切る作業をしていたらタケノコがたくさん出てきていました。

タケノコ2015.4.2.JPG

これが今年の第1号のタケノコです。
上からの見た目からして小さいですし掘ってみても小さかったです。
今年もダメなのかなと思い始めたのですが...

タケノコ地下茎2015.4.2.JPG

これは第2号です。
地下茎ごと掘り出しました。
タケノコってこんな感じに地下茎と繋がっているんです。
実際の地下茎はもっと細根が大量についているのですが、
そのままでは見辛いので取り除いてから撮影しています。

タケノコ双子2015.4.2.JPG

次はダブルで掘り出しました。
ここまでどれも小さいのばかりです。
でもさらに掘っていったら...

タケノコ双子ダブル2015.4.2.JPG

また双子です。
今度は結構大きかったです。
まあまあのサイズでした。
そして挙句の果てには...

タケノコ三つ子2015.4.2.JPG

ついに三つ子登場です。
毎年タケノコ掘りをしていますがこんなの初めてですね。
何だかんだで結構取れましたね。

タケノコ収穫2015.4.2.JPG

これが地下茎切断スペースでの全収穫量です。
タケノコ掘りに慣れない頃は途中で折ってしまったり切ってしまったり失敗ばかりでしが、
私も結構うまくなってきたのできれいに掘り出せるようになってきました。

そして竹林の中に行ってみました。

竹林奥2015.4.2.JPG

一番奥の場所です。
ここは毎年タケノコが出てくるのが遅いですし数も少ないんです。
おそらく若い地下茎が少ないんでしょうね。
なのであることを仕掛けました。
撮影前にどかしてしまったのですが、
左端に置いてある切った竹を地面に並べておきました。
これで水持ちが良くなって地下茎を誘引できるんだそうです。
どんな具合か見てみると...

タケノコ奥2015.4.2.JPG

ちゃんとタケノコが出てきていました。
写真ではわかり辛いですがこれもまあまあの大きさです。
そこそこいい大きさのがあちこちに出てきていました。
この早い時期にこんなにも出てくるのは初めてです。
そして何よりも着目したのは土です。
写真でもその黒さがわかってもらえると思いますがフカフカで見事に肥えた土なんです。
柔らかいので手で掘っても地下茎まで到達するくらいです。
冷静な言葉遣いで書いておりますが絶叫したいくらいうれしいんです。
ということでこれが竹林の中の全収穫量です。

タケノコ収穫奥2015.4.2.JPG

もっとたくさん生えているのですが日が暮れてしまったのでこれだけしか掘れませんでした。
まあまあの大きさなんですが親竹にするほどの大きさではなかったのが少し残念でした。
それは来年への課題ということにしておきます。

いやはや...ついに土が完成しました。
まだ竹林だけですがこれまでやってきた土作りが間違っていなかったことが実証されました。
昨年とは雲泥の差くらいに劇的に柔らかくなっていました。
成せば成る成さねば成らぬ何事も。
今年中に何が何でも畑全体の土作りを完成させてみせますよ!

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

タケノコ不作のピンチ

昼はすっかり春の陽気ですねぇ。
でも夜はまだコタツに入っています。
ここしばらく雨が多かったからか今年は全国的にタケノコが大豊作のようですね。
うちもそのつもりでいたのですが...

とりあえず竹林の様子です。

竹林2014.4.23.jpg

雑草の中にタケノコの頭が出ているのがわかりますでしょうか?
この日は先週の水曜日だったのですが、
日月火と雨が降っていて畑に行けなかった間に一気に地面から突き出てしまいました。
中にはこんなのも...

タコノコ伸びすぎ2014.4.23.jpg

もうこうなってしまうと硬くて食べれません。
親竹として残すにもイマイチ場所がよくなかったので折ることにしました。

食えないタケノコ2014.4.23.jpg

他にもいくつも折りました。
もったいないですね...

今年も太いのがなかなか出てこないので親竹候補に困っています。
そんな中でもいくつかは残しています。

親竹候補その22014.4.23.jpg

あまり太くないんですが面構えが気に入ったので残しました。
あとはこんなのも。

親竹候補その12014..23.jpg

これは今年の初収穫の時に残しておいた親竹候補です。
これも太さはもうひとつですね。

前回の初収穫の1週間後に記事にはしませんでしたが1回収穫しています。
初収穫の倍くらい収穫できました。
そして今回さらなる大収穫を期待していたのですが...

タケノコ収穫2014.4.23.jpg

細くて小さいのばかりでして...
写真では大きく見えるんですが実物はしょぼいです...
でもまぁうちの家族で食べるにはちょうどいいくらいの量です。

タケノコの当たり年にうちだけ大不作のピンチに陥ってしまいました。
ここ数年肥料を与えていなかったからでしょうか?
一昨年の大豊作から昨年今年とだんだんと減ってきました。
でも竹林の整備はまだ完了していませんし、
今後も無肥料での栽培の試行錯誤を続けていきます。
今年の収穫はあと1・2回だと思います。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

タケノコを収穫しました

お久しぶりです。
3月中は竹林の周囲の整備をしていました。
果樹が植えてある場所まで竹の地下茎が侵入しないように掘り出して切りました。
これがもの凄く大変でしんどい作業なんです。
本当は2月中には終わらせたかったのですが、
何だかんだでタケノコの時期までかかってしまいました。

ということでまずは竹林の様子です。

竹林2014.4.5.jpg

もう十数本しか生えていないのでスッカスカです。
でもこれで日当たりが良くなってタケノコの生育にはいいんです。
うちの竹は孟宗竹なので3月下旬からが時期なのですが、
つい最近までずっと寒いままだったので遅れているようです。
でも雨が頻繁に降っていたのでコンディションはいいと思います。

で、早速探してみると...

タケノコ2014.4.5.jpg

はい、すぐに発見しました。
でもこうやって頭が突き出てしまう前の状態で見つけるのがベストなんです。
土が少しだけ盛り上がっているのを目ざとく見つける必要があるのですが、
これがなかなか難しいのです。
なのでほとんどは足の裏の感触で見つけています。
まだ土から出ていない状態で見つけられるのは稀でして、
まだまだ修行が足らないようです...

タケノコシーズンの早い時期は親竹にする候補を見つける時期でもあります。
なのでいきなり掘り出そうとはせずにまずは大きさを確認します。

タケノコちょい堀り2014.4.5.jpg

周囲の土を慎重にどけました。
あまり太くありませんね。
親竹にするには貧弱なのでこれは収穫しちゃいます。

ここからは大胆に周囲を鍬で掘り返しまして、
地下茎とタケノコが繋がっている部分に鍬を入れて掘り出します。

タケノコ掘り出し2014.4.5.jpg

少し失敗気味ですがまぁギリギリOKとしておきます。
まだまだですが年々うまくできるようになってきていると思います。

さぁどんどん掘っていきますよ!
またすぐに発見しましたよ!

タケノコダブル2014.4.5.jpg

今度はダブルです。
これも小さくて細かったので収穫しました。

タケノコダブル掘り出し2014.4.5.jpg

タケノコを壊さないように慎重に掘らなければならないので結構面倒なんです。
適当に掘りまくるってわけにはいかないんです。
それとまだ竹の切り株や古い地下茎が大量に残っていて掘り辛いの何の...
この辺の整備はまた来年の年明けからの課題ですね..

ということで急いで次々に掘り出していきました。
本来タケノコ掘りは早朝にすべきものなんですけれど、
私が畑に行くのは昼過ぎや夕方なので日没まであまり時間がありません。
暗くなって見えなくなるギリギリくらいまで何とか粘って収穫をしました。

タケノコ収穫2014.4.5.jpg

まあまあの大きさのから全然小さいのまでいろいろですね。
うちの家族で食べる分にはちょうどいいくらいの量です。

今回は親竹候補が見つかりませんでしたが、
もっと暖かくなってくればもっと大きいのが出てくると思います。
これから5月上旬くらいまでタケノコシーズンです。
春の味覚をたっぷりと味わいます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 02:51| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

古い竹を伐採しました

毎年1月に行っている古い竹の伐採を行いました。
とりあえずこれが竹林の様子です。

竹林2014.1.15.jpg

切った竹で囲ってある部分がタケノコ栽培ゾーンです。
スカスカで大して生えていませんね。
竹林というのは傘を差して歩けるくらいが適正な密度なんだそうです。
この方が日当たりが良くなってタケノコの量も増えるそうです。
そしてタケノコ用の親竹というのは5年更新なんだそうです。
なので今回は2008年産の竹を切ることにしました。

2008年産竹.jpg

実はこの年の竹が最も多く残っていまして十数本は生えています。
まだこの頃は知識が乏しくて適当にやっていましたので、
太いのを何となくたくさん生やしてしまいました。
あとで面倒なことになるとも気づかずに...

早速切り始めたのですがこれがキツイのなんの...
かつては竹の伐採が主だった作業の頃もありましたが、
今は基本的に毎年1月だけの作業なので体が急には対応しきれないようです。
腕は痛いし肘は痛いし肩は痛いしで...
もう歳なんでしょうか...
1mくらいの高さのところで切るのなら楽なのですが、
邪魔にならないようにいつも地面スレスレの位置で切るので凄まじく大変なのです。
まぁそれでも2週間ほどかけて伐採しました。

ということでこれが伐採後の様子です。

竹林2014.1.29.jpg

一見しただけではあまり大差ないように見えますかね?
これでも半分近く減っているんです。
2009年度産は5・6本くらいなので来年はだいぶ楽になります。
それ以降は毎年1・2本くらいずつしか残していません。
竹林も徐々に完成へと近づいてきています。

そして今回も枝が大量に残りました。

竹枝2014.1.29.jpg

これは適当な量でまとめて紐で縛って竹フェンスの部品にしています。
この部品を積み重ねて竹フェンスをパワーアップしました。

竹フェンス2014.1.29.jpg

2m以上の高さにまでなりました。
しっかりと北風をブロックしています。

できればこれまでに伐採してきた竹の切り株も取り除きたかったのですが、
竹の本数が多くてそこまでは到底無理でした。
また来年以降にぼちぼちやって行こうと思っています。
来月からは果樹の剪定作業に取り掛かる予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ 人気ブログランキングへ 



posted by ひ辻 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする